メインメニューを開く

奈良女子高等師範学校(ならじょしこうとうしはんがっこう)は、1908年(明治41年)、奈良市に設立された官立の女子高等師範学校である。略称は「奈良女高師」(ならじょこうし)。

奈良女子高等師範学校
(奈良女高師)
NWU-maingate.jpg
創立 1908年
所在地 奈良市
初代校長 野尻精一
廃止 1952年
後身校 奈良女子大学
同窓会 (社)佐保会

目次

概要編集

1908年明治41年)、東京女子高等師範学校に次ぐ日本で第2の女子高等師範学校として設立され、女子中等学校の教員養成にあたった。廃止時点では東京および広島と並ぶ官立3女高師の一つであった。学科は文科・理科・家事科が設置され、修業年限は本科が3年8ヵ月であった(1940年昭和15年)時点)。戦後の学制改革により発足した新制奈良女子大学の構成母体である。同窓会「佐保会」は奈良女子大学と共通の同窓会となっている。

沿革編集

 
1930年頃の奈良女子高等師範学校

創立編集

明治中期までの高等女学校女子師範学校等の女子中等教育学校の教員養成は、東京高等師範学校から1890年(明治23年)に独立した東京女子高等師範学校があたっていたが、中等教育拡充にともなう女子中等教育学校教員の需要が増大したことを背景に、1898年(明治31年)には近畿に第二女子高等師範学校設立構想が固まった[1]1890年代より東京美術学校分校の誘致計画を進めていた奈良市は、1900年頃にその計画が頓挫すると第二女子高等師範学校の誘致に目を向けた[1]1908年(明治41年)3月、二番目の女子高等師範学校として奈良女子高等師範学校が設立された[1]

発展編集

設立当初の奈良女高師は東京女高師と同一の組織をとらず、予科・本科生をとり本科を国語漢文部・地理歴史部・数物化学部・博物家事部の4部構成としたが、1914年(大正3年)の規程改正で東京女高師と同様に予科を廃止し文科・理科・家事科の3学科制に再編された。1912年(明治45年)、附属小学校・附属高等女学校(現在の奈良女子大学附属小学校同附属中等教育学校の前身)、ついで附属幼稚園(現在の奈良女子大学附属幼稚園の前身)を附設し後者において幼児保育を開始した。設立以降東京女高師とともに、多数の女子中等教員を全国に供給し続けるとともに、官立学校中、女子学生にとっての最高学府と位置づけられており戦前期の女子教育にも大きく貢献した。

廃止編集

戦後の1946年(昭和21年)、奈良女高師は「奈良女子帝国大学」として単独での大学昇格をめざしたが、学制改革における新制大学移行に際して占領軍から「国立大学は一県に一大学」の方針を示され、同じ官立学校で「奈良学芸大学」(現・奈良教育大学)に移行する奈良師範学校などとの統合を迫られた。しかし教員養成課程および附属学校園をほぼ完備していた奈良女高師側には師範学校と統合して新制大学に移行するメリットはなく、結局のところ奈良女子大学として単独での新制国立大学への移行を達成した。1952年(昭和27年)最後の卒業式とともに廃止。

年表編集

本校編集

附属学校園編集

  • 1911年(明治44年)
  • 1912年(明治45年)7月8日 - 附属幼稚園を設置。(奈良女子大学附属幼稚園の前身)
  • 1916年(大正5年)4月17日 - 附属実科高等女学校を設置。
  • 1937年(昭和12年)4月15日 - 附属実科高等女学校を廃止。附属高等女学校を改組し従来の高女を第1部、実科高女を第2部とする。
  • 1941年(昭和16年)5月1日 - 国民学校令に伴い、附属小学校を附属国民学校に改組。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 附属高等女学校第1・2部を合併。
  • 1945年(昭和20年)4月1日 - 附属高等女学校に修業年限1年の専攻科を設置。
  • 1947年(昭和22年)6月2日 - 学制改革に伴い、附属中学校(新制)が発足。(奈良女子大学附属中等教育学校の前身)
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革に伴い、附属高等学校(新制)が発足。(奈良女子大学附属中等教育学校の前身)

臨時教員養成所編集

  • 1922年(大正11年) - 第3臨時教員養成所の設置。
  • 1932年(昭和7年) - 臨時教員養成所の廃止。
  • 1939年(昭和14年)9月11日 - 奈良特設幼稚園保姆(保母)養成所を開設。
  • 1942年(昭和17年)4月1日 - 奈良女子臨時教員養成所を開設。
  • 1944年(昭和19年)4月11日 - 奈良特設中等教員養成所を開設。

歴代校長編集

事務取扱 - 清水与三郎(同校教授)(1932年(昭和7年)3月31日〜3ヶ月間)
  • 第3代 - 稲葉彦六1932年(昭和7年)6月13日〜6年間)- 前職:文部省督学官
  • 第4代 - 日田権一1938年(昭和13年)4月27日〜7年間)- 前職:文部事務官
  • 第5代 - 坂井喚三(1945年(昭和20年)4月1日〜1945年(昭和20年)11月24日[2]7ヵ月間))- 前職:愛知第一師範学校長
  • 第6代 - 内藤卯三郎(1945年(昭和20年)11月24日[2]〜4年間)- 前職:文部省教学官[2]
  • 第7代 - 落合太郎(1949年(昭和24年)6月9日〜2ヶ月間)- 奈良女子大学学長(初代)と兼任。
  • 第8代 - 木枝増一(1949年(昭和24年)7月31日〜5ヶ月間)- 奈良女子大学文学部長と兼任。在任中に死去。
  • 第9代(最終)- 落合太郎(1949年(昭和24年)12月7日〜廃止までの3年間)

校地の変遷と継承編集

 
旧・奈良女高師本館
(現・奈良女子大学記念館)
 
守衛室

1908年(明治41年)の設立時、校地は奈良市北魚屋西町に置かれ新制大学への移行まで維持された。女高師の校地は奈良女子大学の校地として引き継がれ現在に至っている。かつての奈良女高師本館は奈良女子大の本部棟・講堂として使用されたが、1980年代、新しい本部棟と講堂が建築されたため「奈良女子大学記念館」となり、1994年平成6年)から国指定の重要文化財となった。またこの時、旧女高師以来の守衛室正門(記事冒頭の画像参照)も国指定重要文化財となり、現在に至っている。

文化財の指定にはいたっていないが、正門脇に、かつて奉安殿として使用されていた建物が現存している。

著名な出身者・教員編集

脚注編集

  1. ^ a b c “全国に2校 国立女子大、奈良に(謎解きクルーズ)10年越しの誘致 京都に粘り勝ち わずか1票差 教育熱実る”. 日本経済新聞 (東京: 日本経済新聞社). (2014年11月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASIH05H0C_V01C14A1AA1P00/ 2014年11月25日閲覧。 
  2. ^ a b c 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。

参考文献編集

事典項目
  • 倉石庸「奈良女子高等師範学校」『日本近代教育史事典』 平凡社1971年
  • 尾崎ムゲン(編)「文部省管轄高等教育機関一覧」(巻末付録50) 『日本近現代史辞典』 東洋経済新報社1979年
  • 船寄俊雄「高等師範学校・女子高等師範学校」 『現代教育史事典』 東京書籍2001年
単行書

関連項目編集

外部リンク編集