メインメニューを開く

奥田亜希子

日本の小説家

奥田 亜希子(おくだ あきこ、1983年10月13日[1] - )は、日本の小説家愛知県出身、千葉県在住[1]

奥田 亜希子
(おくだ あきこ)
誕生 (1983-10-13) 1983年10月13日(36歳)
日本の旗 愛知県
職業 小説家
最終学歴 愛知大学文学部哲学科卒業
活動期間 2013年 -
ジャンル 小説
主な受賞歴 すばる文学賞(2013年)
デビュー作 「左目に映る星」(2013年)
テンプレートを表示

経歴・人物編集

愛知大学文学部哲学科卒業[2]。会社勤務を経て[3]2013年平成25年)『左目に映る星』(「アナザープラネット」を改題)で第37回すばる文学賞を受賞[4]遠藤周作沈黙』を読んだときに、強い衝撃を受けたという[3]

著作編集

雑誌掲載編集

  • 川べり運転免許センター(『すばる』2014年3月号)
  • 空に根ざして(『小説新潮』2015年1月号)
  • 午前四時の肌(『すばる』2015年6月号)
  • 五つ星をつけてよ(『小説新潮』2016年4月号)
  • はじまりの名前(『すばる』2016年8月号)
  • 理想のいれもの(『小説推理』2017年5月号)
  • 真夜中のソーラーパネル(『小説推理』2018年3月号)
  • 花入りのアンバー(『小説推理』2018年5月号)
  • クレイジー・フォー・ラビット(『小説トリッパー』2018年夏季号(6月号))
  • 君の線、僕の点(『小説推理』2018年9月号)
  • ラストシューズ(『ミステリーズ!』VOL.92、2018年12月)
  • 彼方のアイドル(『小説推理』2019年1月号)
  • キャッチボール・アット・リバーサイド(『小説推理』2019年3月号)
  • 砂に足跡(『ミステリーズ!』VOL.95、2019年6月)

脚注編集