孫 輔(そん ほ、生没年不詳)は、中国後漢末期の武将・政治家。国儀。父は孫羌。兄は孫賁。従弟は孫策孫権。子は孫興・孫昭・孫偉・孫昕・駱統妻。孫は孫奇[1]。『三国志志「宗室伝」に記述がある。

生涯編集

幼少の頃に両親に先立たれ、兄に養育された。

孫策が挙兵するとそれに従って揚武校尉となり、江東三郡の平定で功績を挙げた。孫策が丹陽郡の七県を平定したときは、袁術の干渉を阻止するため歴陽に軍営を置き、同時に逃走した民衆を呼び寄せる任務を担った。孫策が祖郎[2]を攻撃したときも、それに従軍した。

孫策が劉勲を攻撃したときも従軍し、孫輔は自ら軍の先頭に立って戦い功績を挙げた[3]。その後、孫策により新設された廬陵太守を任され統治にあたった。平南将軍まで昇進し、交州刺史に任じられると共に仮節を与えられた。

孫権が後を継ぐと、曹操へ内密に使者を送っていたことが発覚し、幽閉された[4]

それから数年後に死去した。子は皆それなりの地位に就いたという。

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 太平御覧』の注に引く周昭の『新論』。
  2. ^ 江表伝』によると、丹陽郡奪回を狙う袁術の扇動があったという。
  3. ^ 『三国志』呉志「破虜討逆伝」が引く『江表伝』では、孫賁と共に別働隊を率いている。
  4. ^ 典略』によると、孫輔は、孫権には江東を保てないと考え、孫権の留守中に曹操へ使者を送った。それを知った孫権は帰還し、張昭を伴って孫輔に面会した。最初、孫輔は知らぬふりをしていたが、曹操への書簡を突き付けられると、孫輔は何も言えなくなった。結局、孫輔の側近は皆処刑され、兵は没収された。孫輔自身は東方へ流罪となった。