メインメニューを開く

宗統王(そうとうおう、? - 紀元前220年)は、箕子朝鮮の第40代の王。王在位期間は、紀元前232年紀元前220年は宗統王。。王位は準王(準)が継承。

そうとうおう
宗統王
死没 紀元前220年
職業 箕子朝鮮の第40代王
宗統王
各種表記
ハングル 종통왕
漢字 宗統王
2000年式
MR式

King Bu
テンプレートを表示

箕子朝鮮の王のうち、実在が証明されている存在である[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 礪波護武田幸男「隋唐帝国と古代朝鮮」『世界の歴史6』中央公論社1997年ISBN 978-4124034066 p263₋p264 「中国が東方によせた関心ごとのひとつに貿易があり、貿易の利益をねらった進出はその後もつづいて、朝鮮やその周辺では貿易商人の姿がみかけられた。そしてその朝鮮では、王位は箕否から最後の箕準へとうけ継がれた。この朝鮮がいわゆる箕子朝鮮であった。」

参考文献編集