定岡徹久

定岡 徹久(さだおか てつひさ、1960年7月23日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手俳優

定岡 徹久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1960-07-23) 1960年7月23日(57歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 ドラフト3位
初出場 1983年4月20日
最終出場 1989年7月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

定岡三兄弟の末弟で、長兄は元南海定岡智秋、次兄は元巨人定岡正二。元楽天定岡卓摩は甥。妻は元女優斉藤浩子

目次

来歴・人物編集

鹿児島実業高等学校では2年生エース鹿島忠を擁し、1978年夏の甲子園に出場するが、1回戦で静岡高に3-4で惜敗。高校の一年下には鹿島の他、二塁手の栄村忠広がいた。卒業後は専修大学へ進学。東都大学リーグでは1年生の春に最下位となり、二部リーグ落ちも経験するが、一部リーグで2回優勝。1981年明治神宮野球大会では、1年上の山沖之彦の好投もあり決勝に進出するが、法大に敗退した。リーグ通算69試合出場、259打数62安打、打率.239、6本塁打、34打点。

1982年のドラフト3位で広島東洋カープに入団。クリーンアップを期待されながらレギュラー定着は出来ず、1988年6月に日本ハムファイターズへ金銭トレードで移籍。1990年限りで現役引退。引退時にはスカウトの話もあったようである[1]

現役引退後、1990年代はかつて妻の所属事務所でもあった研音に所属し、テツ定岡という芸名でタレントとして活躍。「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」では兄・正二とともに石橋貴明から「バカ兄弟」よばわりされた。

その後、東京・代官山で輸入メガネの店『アバーロ』の店長を務め[2]、2011年6月、自由が丘にメガネショップ『Arcana(アルカナ)』をオープンする[3]

2013年には江戸川区野球場で開催された「2013 アジアろう野球シリーズ」にて日本代表監督を務めた。同年末、『Arcana』は閉店した。その後、兄の智秋がコーチを歴任した九州総合スポーツカレッジ野球部監督となる。

人物・エピソード編集

  • のちに妻となる斉藤との出会いは兄・正二のデートにカモフラージュで同伴させられ、正二の相手の女性が連れてきたカモフラージュの女性だったのが斉藤だったことからである。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1983 広島 10 9 8 2 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1984 18 18 16 2 2 1 0 0 3 0 2 1 1 0 1 0 0 4 0 .125 .176 .188 .364
1986 8 2 2 0 1 0 0 0 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
1988 日本ハム 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1989 5 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 44 31 28 4 3 1 0 0 4 2 4 1 2 0 1 0 0 7 0 .107 .138 .143 .281

記録編集

※実兄・正二と兄弟対決:1983年4月21日、対読売ジャイアンツ2回戦(平和台球場)、結果は2打数0安打

背番号編集

  • 5 (1983年 - 1987年)
  • 25 (1988年 - 1988年途中)
  • 59 (1988年途中 - 1990年)

出演編集

ドラマ編集

バラエティ編集

脚注編集

  1. ^ 週刊ベースボール2011年11月14日号 セカンドキャリアの「球人力」P61
  2. ^ 【もう一度プレーボール】(2)元広島外野手・定岡徹久さん 俳優から眼鏡の世界へ”. MSN産経ニュース (2011年1月13日). 2011年1月14日閲覧。
  3. ^ 週刊ベースボール2011年11月14日号 セカンドキャリアの「球人力」P60

関連項目編集

外部リンク編集