宮本賢治

宮本 賢治(みやもと けんじ、1959年9月9日 - )は、兵庫県神崎郡市川町出身の元プロ野球選手投手)・コーチ監督

宮本 賢治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神崎郡市川町
生年月日 (1959-09-09) 1959年9月9日(58歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
初出場 1982年4月4日
最終出場 1996年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ
    東京ヤクルトスワローズ (1999 - 2000, 2016)

目次

来歴・人物編集

東洋大姫路時代、2年生の春に投手転向。主戦・松本正志の控えとして出番は巡って来なかったが、1977年の第59回全国高等学校野球選手権大会で優勝を経験する。この大会では3回戦の浜田高校戦で、松本の後を受けてリリーフ登板するものの、直後に打球を右手に受け降板している。

その後、東洋大学のライバル校である亜細亜大学へ進学。大学時代は1980年秋季、1981年春季に2季連続で最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを獲得した。東都大学野球リーグ通算80試合登板し、35勝18敗、防御率2.17、197奪三振の成績を残す。35勝はリーグ歴代4位タイ、亜細亜大歴代1位である。

1981年、ドラフト1位でヤクルトに入団。ストレートの球速こそ速くはなかったもののキレの良い変化球を武器に先発・中継ぎ両方をこなすアンダースロー投手として活躍。1年目の1982年にさっそく勝利投手を記録した。これはヤクルトのドラフト1位の新人としては杉山重雄以来10年ぶりの出来事だった[1]。特に横浜大洋ホエールズに滅法強く、「大洋キラー」と呼ばれた。1992年、チームはリーグ優勝したが、故障の為この年1軍での登板は無かった。1993年、シーズン終盤に復帰。チームの台所事情が苦しい中、そのまま4勝を挙げ2連覇に貢献。その年の日本シリーズにも先発登板した。翌年以降も谷間の先発・リリーフを務めたが、1996年現役引退。

その後、1997年から1998年まで、サンケイスポーツの記者、スポーツライターを経て、1999年から2000年まで、ヤクルト1軍投手コーチ補佐を務めた。2001年オフからは同球団の関東・近畿・中国地区担当スカウト主事補佐に転進。2010年からは、編成部に新設される育成担当に就任、選手の育成に力を注ぐ[2]2016年はヤクルト2軍監督を務めたが1年で高津臣吾にその座を譲り、2017年からは松井優典の後任としてファームディレクターに転身した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1982 ヤクルト 36 16 1 0 0 4 6 1 -- .400 487 116.0 117 14 29 3 5 36 1 0 57 49 3.80 1.26
1983 30 21 4 0 1 7 8 2 -- .467 588 134.2 141 27 41 1 10 51 0 0 69 67 4.48 1.35
1984 30 12 1 0 0 4 10 0 -- .286 407 88.1 110 22 44 5 4 37 1 0 68 64 6.52 1.74
1985 32 11 1 0 0 2 10 0 -- .167 391 87.2 112 18 26 0 1 46 1 1 64 61 6.26 1.57
1986 33 10 1 1 0 2 7 0 -- .222 340 79.0 93 15 24 0 3 23 3 0 52 47 5.35 1.48
1987 38 11 0 0 0 5 6 2 -- .455 416 97.2 105 12 28 7 1 43 0 0 50 49 4.52 1.36
1988 40 13 0 0 0 5 5 0 -- .500 421 99.2 101 18 30 5 2 33 0 0 52 50 4.52 1.31
1989 33 2 0 0 0 1 4 0 -- .200 235 56.0 54 13 16 3 4 29 1 0 32 27 4.34 1.25
1990 22 20 8 0 1 11 7 0 -- .611 674 159.1 165 16 43 4 10 76 1 0 59 56 3.16 1.31
1991 12 7 1 0 1 4 4 0 -- .500 208 48.0 59 7 9 0 0 22 0 0 28 26 4.88 1.42
1993 13 6 1 1 0 4 1 0 -- .800 213 52.2 44 3 12 1 2 41 0 0 15 14 2.39 1.06
1994 17 6 1 1 0 2 3 0 -- .400 177 42.0 33 3 17 1 5 35 1 0 19 15 3.21 1.19
1995 30 1 0 0 0 2 0 2 -- 1.000 179 44.2 34 7 12 0 3 36 0 0 17 17 3.43 1.03
1996 12 3 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 102 26.0 21 3 6 0 1 13 1 0 10 9 3.12 1.04
通算:14年 378 139 19 3 3 55 71 7 -- .437 4838 1131.2 1189 178 337 30 51 521 10 1 592 551 4.38 1.35

記録編集

背番号編集

  • 14 (1982年 - 1996年)
  • 74 (1999年 - 2000年)
  • 72 (2016年)

主な担当入団選手編集

2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
  • 高市俊(大学生社会人対象・希望枠)
2007年

脚注編集

  1. ^ 【5月6日】1982年(昭57) 宮本賢治プロ1勝 ヤクルトドラ1 10年ぶりの1年目白星”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 2011年10月7日閲覧。
  2. ^ ヤクルト、宮本スカウトを配置転換「育成担当」に”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS (2009年12月22日). 2011年10月7日閲覧。

関連項目編集