近衛熙子

天英院から転送)
本来の表記は「近衛熈子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

近衛 熙子(このえ ひろこ、寛文6年3月26日1666年4月30日[1] - 寛保元年2月28日1741年4月13日))は、江戸幕府6代将軍徳川家宣の正室。父は近衛基熙、母は後水尾天皇の娘・(品宮)常子内親王[2]。夫の死後落飾して天英院(てんえいいん)と名乗る。

目次

生涯編集

延宝元年(1673年)、徳川綱豊(後の家宣)に嫁ぐ。父・基熙にとってこの結婚は「先祖の御遺戒である武家との結婚の禁忌に背く」と日記(基熙公記)に記しているように不本意なものであり、「飢餓に及んだとしても」承諾できないとしていた。結婚前に水戸家徳川光圀の養子綱條との縁談があったが、基熙はこれを断っている。ただし、基熙の伯母泰姫は光圀に嫁いでおり、実際に先祖の遺誡があったかどうかは不明である[3]。しかし幕府からの正式な要請は断ることが出来ず、「無念々々」としながらも縁談を承諾した。このため結婚前に、熙子は近衛家門葉である権中納言平松時量の養女となって嫁した。この養女縁組は幕府側から見ると、幕府を侮辱する行為以外の何物でもなかったために、近衛親子と時量以外には秘密であった。このため、熙子の扱いは近衛家の娘のままであった。

綱豊との仲は良好だったらしく、2人の子供(長女・豊姫、長男・夢月院)を儲けたが、いずれも夭折する。そのことで彼女は嘆き悲しみ、そのためかいずれの子供も徳川家とは別に日蓮正宗常泉寺にて戒名を授かる。30年後に夫・綱豊は6代将軍に就任、熙子は御台所として江戸城大奥に入った。これにより、当時朝廷において閑職にあった父・基熙は将軍の岳父となり、宝永6年(1709年)には江戸時代最初の太政大臣に就任するなど権勢を振るった。このため、霊元法皇は基熙を呪詛する願文を上御霊神社に納め、皇室の影響力を高めるために皇女八十宮吉子内親王を家継の御台所にしようと奔走するようになる[4]

大奥に入ると夫婦生活は甲府時代とは一変し、憂鬱な生活を送ったといわれている。お喜世の方(のちの月光院)が側室に迎えられたことによって、さらに疎遠になった。正徳2年(1712年)に夫・家宣は病により没し、熙子も落飾して院号を天英院と号する。お喜世の方が産んだ家継将軍宣下を受けたのに伴って従一位を賜り、一位様と呼ばれた。月光院とは不仲であったといわれ、御年寄にして月光院の腹心であった絵島が大奥の門限に遅れた江島生島事件では、老中や譜代門閥層と結託して、月光院と側用人間部詮房新井白石らの権威失墜を謀ったという説がある[5]。 しかしその後は仲も良好になったらしく、家継が病気で危篤状態になり、嘆き悲しんでいた月光院を励ましたと言われている。家継への八十宮降嫁にあたっては、月光院とともに主導的な役割を果たしている[4]

家継の早世後、紀州藩主の徳川吉宗を8代将軍に迎えるのに尽力したと言われ、また吉宗に正室が不在だったこともあり、将軍家女性の筆頭としてその後も大奥に権勢を振るい、幕府における発言力も絶大であったといわれる。日蓮正宗総本山大石寺山門三門)を寄進した。また、浄土宗明顕山祐天寺鐘楼を寄進した。

寛保元年(1741年)、76歳で没した。戒名は天英院殿従一位光誉和貞崇仁尊儀。

容姿と遺品編集

熙子は夫と同じく増上寺に葬られ、戦後墓地が売却されたことにより、その墓は1959年(昭和34年)4月に発掘調査された。墓の上には石製八角塔が建てられていた。ちなみにそれまで将軍正室の墓の形式はバラバラで、天英院の葬儀以後に正室の墓所の形式が定まったと考えられている。歯が1本も発見されなかったことと、顎の骨の形状から、晩年すべて歯は抜け落ちていて、髪の毛は残存していたが、生前は総白髪になっていたものと推察される。遺体以外の遺品の残存状況は良くなかったが、注目されるのは香木で作った小さな十一面観音像があったことである。この像の裏には「奉刻 辛卯 男子 祈祷 梅窓院住 唯然」と彫られていた[6]。四肢骨から推定した身長は143.2センチメートル、血液型はB型であった。このほか、大石寺の五重塔脇に熙子の五輪塔が建てられている。

8代将軍の指名編集

8代将軍に徳川吉宗を指名したのは天英院だとする説がある。理由として、家宣と吉宗の考え方が一番近かったからだと言われている。天英院は当時の江戸城内の最高権力者であったが、彼女が吉宗を指名したことに幕閣や譜代門閥は驚嘆した。大奥の女性が将軍を指名したことはそれまで例がなく、また女性が政治に口出しをすることすら考えられなかったからである。そのため、最初は誰しも難色を示したが、天英院は御台所としての立場を最大限に生かし、「これは先代将軍家宣公の御本心なのです」と次期将軍に吉宗を強く希望したとされる[7]。これにより、幕府は将軍不在という異例の危機を逃れることが出来たとされる。

これに対して、吉宗を推薦したのはライバルの月光院であり、熙子は尾張家徳川継友や家宣の実弟・松平清武を次期将軍として推していたとする説がある[8]。ちなみに、尾張家近衛家はこの当時縁戚関係を結びつつあった[9]ことは留意される。吉宗時代に入ると、天英院煕子と月光院は仲がよく、むしろ吉宗を推したのは大奥全体であり、尾張の継友を推したのは幕閣であったとも言える。

登場作品編集

テレビドラマ
映画
テレビ番組

脚注編集

  1. ^ 『幕府祚胤伝』の記述(享年80)では寛文2年(1662年)生まれになるが、ここでは母親・常子内親王の日記『無上法院殿御日記』に記された生年月日で記述している。
  2. ^ 生母は家女房の西洞院氏とする説もあるが『無上法院殿御日記』において品宮本人が寛文六年三月廿六日四時分に熙子を出産したと記録している
  3. ^ 山本博文『徳川将軍家の結婚』ISBN 4166604805、72-77p
  4. ^ a b 山本博文『徳川将軍家の結婚』、80p-85
  5. ^ ただし、事件における月光院の影響力や、大奥勢力の相関関係などが不明であり、反対勢力による謀議を裏付ける史料もない為、憶測の域を出ない。( 竹内誠『徳川「大奥」事典』(東京堂出出版)P103「事件と危機管理」)
  6. ^ 増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体ISBN 4130660519
  7. ^ NHKその時歴史が動いた2006年放送。「徳川実記」有徳院殿御実記付録巻二。
  8. ^ 卜部典子『人物事典 江戸城大奥の女たち』 ISBN 4-404-01577-1
  9. ^ 継友と婚約していたのは。熙子の弟・近衛家熙の娘安己君である。
  10. ^ “NMB48メンバーで“大奥”の一大スキャンダルを再現 『歴史秘話ヒストリア』”. ORICON STYLE. (2016年4月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2070783/full/ 2016年4月26日閲覧。 

関連項目編集