メインメニューを開く

宮内 婦貴子(みやうち ふきこ、1933年2月27日 - 2010年2月16日、本名:杉本婦貴子[1])は、日本の女性脚本家[2]

目次

来歴編集

1933年(昭和8年)2月27日静岡県三島市に生まれる[1]神奈川県立横浜立野高等学校(入学時は神奈川県立横浜第二高等女学校)を卒業後、シナリオ研究所、東宝シナリオ研究生を経て日活と契約[3]

1963年(昭和38年)、映画『どん底だって平っちゃらさ』で脚本家デビュー。その後フリーランスに転向し、数々のドラマ脚本を手がけた。2010年(平成22年)2月16日肺気腫のため死去、76歳没[1]

主な作品編集

テレビドラマ編集


テレビアニメ編集

映画編集

著書編集

  • 『おさびし山のさくらの木』(1987年、あすなろ書房、絵:奥田瑛二いせひでこ絵 BL出版 2015
  • 『命ささえて』読売新聞社 1995
  • 『ピュア・ラブ』全3巻 毎日新聞社 2004-05
  • 『ディア・ゴースト』毎日新聞社 2007

脚注編集

外部リンク編集