ドラマ30

ドラマ30』(ドラマサーティ)は、TBSなどJNN系列向けに月 - 金曜の毎日(年末年始は除くが、祝日は放送)、13:30 - 14:00(JST)に放送された昼の帯ドラマシリーズのタイトルである。1992年4月6日から2008年8月29日まで放送された。作品によってはハイビジョン制作や字幕放送も行った。100作目の「ナツコイ」の最終回(2008年8月29日放送)をもって『ドラマ30』としての放送は16年5か月の歴史に幕を下ろした。なお、その後継枠である2008年9月1日からの「キッパリ!!」からは「ひるドラ」と枠名を改めたが、こちらの枠は全4作品・7か月で終了した。

目次

概要編集

 
ドラマ30の収録が行われるMBSスタジオ in USJ(原則、毎日放送制作のドラマで使用している)

この枠は、腸捻転解消以来17年続いた毎日放送 (MBS) 制作の『妻そして女シリーズ』(正式枠名あり、13:30〜13:45)と、腸捻転時代から21年続いた中部日本放送 (CBC) 制作の『連続ドラマ』(正式枠名なし、13:45〜14:00)[1]の2つの帯ドラマの枠が、視聴率で苦戦を強いられていたことから、改革が求められていた[2]。そこで、1992年4月よりこの2つの帯ドラマを1本に統合することになり、MBSとCBCが概ね2カ月ごとに交互に制作を担当し[3]、MBS制作では1992年4月6日開始の『いのちの現場から[3]、CBC制作では1992年6月1日開始の『許されぬ唄[2]からこの枠での放送がスタートした。

制作・放送時期は、原則として偶数年度では4・5月期、8・9月期、12・1月期をMBSが、6・7月期、10・11月期、2・3月期をCBCが担当。奇数年度では偶数年とは逆に、4・5月期、8・9月期、12・1月期をCBCが、6・7月期、10・11月期、2・3月期をMBSが担当したが、2007年1月29日から4月13日までのCBC制作で放送された『キッパリ!』と4月16日から6月29日までのMBS制作で放送された『暖流』は各2か月半で放送された。それ以降はCBC(2007年7・8月、『こどもの事情』)→MBS(9・10月、『お・ばんざい!』)→CBC(11・12月、『熱血ニセ家族』)→MBS(2008年1・2月、『京都へおこしやす!』)→CBC(3〜6月、『みこん六姉妹2』と『ママの神様』)→MBS(7・8月、『ナツコイ』)の順番で担当した。

なお、MBSについては春季開催の選抜高等学校野球大会の準決勝・決勝開催予定日はその中継を優先して放送するため、自社制作分に関しては臨時枠移動(自社以外のTBS系列局では本来の放送日時に裏送り先行ネット)とし、CBC制作分に関してはMBSに限り後刻に臨時遅れネットとした。この場合の臨時枠移動先の時間帯もしくは臨時遅れネット時間帯は本来の放送日時の翌日(本来の放送日が金曜日の場合は翌週月曜日)の10:25 - 10:55。だが、2006・2007[4]・2008[5]年度は本来の放送日の16:30 - 17:00に臨時枠移動もしくは臨時遅れネットとした(字幕放送あり)。通常はJNN排他協定により認められていない臨時の遅れネットが、話数調整上の特例の措置であるため、特別に認められていたため行われていた(なお自社制作分の場合、「自社に限り臨時枠移動・自社以外のTBS系列局では先行ネット」となるため、さきの協定の問題はない)。

このほか、この時間帯に、全国ネットで、JNN排他協定に基づく『JNN報道特別番組』や、プロ野球における日本シリーズ(1993年までは全試合デーゲーム)・近代オリンピックなどのスポーツ中継放送のために放送ができなかった場合に全国ネットでの臨時枠移動を行ったこともあった。だが、臨時枠移動先の日時は時期によって異なっていたが、2008年の場合は翌日の10:25 - 10:55での放送であった。

基本的にはこの枠の先行枠だった『愛の劇場』と同じくホームドラマ系統の作品が多いが、制作に当たっては両局のカラーが出ているのが特徴である。

ドラマのシーンでは、筆頭スポンサーであるP&Gの製品が置かれている場面が数多く見受けられる。P&Gは地域によって商品展開が異なるケースが多いため、制作局(MBSかCBC)以外の地域では商品を差替えている[6]

MBS制作作品の特徴編集

MBS制作の作品は、「いのちの現場から」シリーズのように医療・福祉・法律(離婚や遺産相続)、援助交際や薬物乱用といった社会問題を取り上げた比較的硬派なヒューマンドラマや、「ピュア・ラブ」シリーズや「メモリー・オブ・ラブ」のような純愛ドラマが多かった。またごくまれに東海テレビ制作の昼ドラマのようにドロドロしたものが放送されることもあった(「虹のかなた」など)。特に、2005年10〜11月の場合、10月3日から当枠で「デザイナー」が放送を開始した後、2週間後の17日からは愛の劇場でも「貞操問答」が放映されており、結果的に10月第3週以後11月一杯まではTBS系の昼の帯ドラマ2本は愛憎(ドロドロ)劇が連続して放送されることとなった。

また夏休み期間中のMBS制作の作品については、家族で楽しめるような作品(「ふしぎな話」「ドレミソラ」「ショコラ」「がきんちょ〜リターン・キッズ〜」など)が放送された。

2~3年に1回のペースで、脚本家宮内婦貴子原作のドラマが放送されていた(「命燃えて」、「命賭けて」、「ディア・ゴースト」、「ピュア・ラブシリーズ」など)。そのテーマは、ホームドラマから純愛、更に社会問題など、幅広い。

CBC制作のドラマが自社制作移行後、主題歌に無名の若手歌手・グループを起用することが多かったのに対し、MBSは2000年代において知名度のある歌手を起用することが多かった。かつては演歌歌手やフォーク歌手、ガールポップ系の歌手を多く起用していたが、2000年代中盤以降はエイベックス・グループに所属しているアーティストが中心で、「がきんちょ〜リターン・キッズ〜」ではジャニーズ事務所タッキー&翼を起用した。また俳優・女優陣に於いても、CBCが若手俳優や若手女優を起用することに対し、MBSは脇役陣もベテランを起用する傾向が見られた。夏休み期になると、ゴールデンタイム並の豪華キャストになることも多かった。

一部の東京制作を除いて一貫して大阪府吹田市千里丘放送センターで制作していたが、2001年10月の「ひとりじゃないの」以降の作品からは、大阪市此花区ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にある「MBSスタジオ in USJ」で制作していた。MBS制作の作品は、1992年12月の「命の旅路」から東京での制作も行うようになった。東京制作の作品は緑山スタジオ・シティTMC砧スタジオ(いずれもキー局のTBSが出資しているスタジオ)など東京都内及び東京近郊のテレビスタジオで制作された。東京のスタジオでこれまでに制作した作品は「桜咲くまで」(TMC収録)(2004年2・3月)「虹のかなた」(TMC収録)(2004年8・9月)、「ヤ・ク・ソ・ク」(緑山スタジオ収録)(2005年6・7月)、「銭湯の娘!?」(緑山スタジオ収録)(2006年2・3月)、「がきんちょ〜リターン・キッズ〜」(TMC収録)(2006年8月・9月)、「お・ばんざい!」(緑山スタジオ収録)(2007年9・10月)、「ナツコイ」(TMC収録)(2008年7・8月)などがあった。

CBC制作作品の特徴編集

CBC制作の作品は、一時期MBS制作と同様にヒューマンドラマや医療ドラマ(実際の医療過誤裁判を扱った『娘からの宿題』など)を放送した時期もあったが、基本的に時期を問わずコメディタッチな家族劇が中心である(例:「キッズ・ウォー」「キッパリ!」など)。東京制作時代には、『みちのく温泉逃避行』『詐欺 狙われた実印』といったサスペンスドラマ、『風たちの遺言』のようなメロドラマを放送していた事もあった。

制作はスタート1年目までは名古屋の本社で行っていたが、人材や予算の都合から1993年4月の「危険な再会」から東京支社に移り、外注での制作となった。1998年に同局の新社屋が落成したことにより、スタジオの余剰ができたことから1999年の「直子センセの診察日記」からは再び名古屋での制作に切り替えた。東京支社制作時代は東海テレビ制作の昼ドラのように、企画と宣伝、番組配信のみCBCが担当し、ドラマ自体の制作及び著作権は外部のテレビ制作会社(共同テレビ総合ビジョンC.A.Lザ・ワークス東阪企画など。会社によっては、裏番組である東海テレビ制作昼ドラマの製作を担当する事もあった)が行ったが、名古屋本社に移ってからは主に自社製作だった。本社に制作主導が移った後、CBC制作分のヒットドラマとなったキッズ・ウォーシリーズなどでは名古屋市内や愛知県内、浜松市などがロケになっている事もあった。

また、名古屋での自社制作に切り替えて以降は、デビュー間もない若手歌手・グループの楽曲を主題歌に起用することが多かった。ZONEはこの枠で話題となり、『NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、若手歌手にとっても登竜門的色合いがあった。

その他編集

夏休みスペシャルドラマが放送されたこともあった。2000年8月期にMBSが制作した『ふしぎな話』(北海道放送(HBC)はMBSと共同制作、琉球放送(RBC)は制作協力)がこれに当たるが、主題歌になったWhiteberryの「夏祭り」は話題を呼んで大ヒット、Whiteberryはその年の『NHK紅白歌合戦』に出場した。『ふしぎな話』は1ヶ月限定だったため、次に放送された『ディア・ゴースト』も1ヶ月限定となった。

放送作品一覧編集

※はDVD化された番組作品

MBS制作編集

1992〜1999年代(MBS)編集

2000〜2008年代(MBS)編集

CBC制作編集

1992〜2000年代(CBC)編集

2000〜2008年代(CBC)編集

放映ネット局編集

脚注編集

  1. ^ 当然ながら、近畿地区では腸捻転時代の1975年3月28日までは、『妻そして女シリーズ』が開始された時期からNETテレビ系列にネットチェンジされたばかりの朝日放送 (ABC) が基本的に同時ネットで放送していた。
  2. ^ a b 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、306頁。 
  3. ^ a b 毎日放送50年史編纂委員会事務局 編 『毎日放送50年史』 毎日放送、2001年、301頁。 
  4. ^ 岐阜代表が決勝進出したため、CBCのみ自社制作分を臨時枠移動(MBSでもCBC同様の臨時枠移動による同時ネットとなったが、自社およびMBS以外のTBS系列局では本来の放送日時に裏送り先行ネット)。
  5. ^ 沖縄代表が決勝進出したため、RBCでもMBSと同様、CBC制作分を臨時遅れネットとした。
  6. ^ そのため、同スポンサーに入る瞬間または同スポンサーが終わる瞬間に一瞬だけ制作局のCMが見えた。
  7. ^ 毎日放送が制作局のときは中部日本放送が同時ネットで、中部日本放送が制作局のときは毎日放送が同時ネットだった。

関連項目編集

  • ひるドラ(この枠終了の翌週である2008年9月1日から2009年3月27日まで放送されていた同時間帯の帯ドラマの枠名)
  • 愛の劇場(この枠の前の時間帯に放送されていたTBS制作の帯ドラマ枠)

外部リンク編集

毎日放送中部日本放送をはじめとするTBS系列 平日13:30 - 13:45枠
前番組 番組名 次番組
妻そして女シリーズ
【この枠のみ毎日放送の固定制作枠】
ドラマ30
【ここから毎日放送・中部日本放送の交互制作枠】
ひるドラ
※13:30 - 14:00
毎日放送・中部日本放送をはじめとするTBS系列 平日13:45 - 14:00枠
連続ドラマ
【この枠のみ中部日本放送の固定制作枠】
ドラマ30
【ここから毎日放送・中部日本放送の交互制作枠】
ひるドラ
※13:30 - 14:00