メインメニューを開く

宮古橋

宮古橋(みやこばし)は、福島県河沼郡会津坂下町と同郡湯川村に跨る道路橋である。

宮古橋
宮古橋(福島県河沼郡湯川村から)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福島県河沼郡湯川村
福島県河沼郡会津坂下町
交差物件 阿賀川
座標 北緯37度33分23.4秒
東経139度51分34.8秒
構造諸元
形式 桁橋
全長 326.7m
14.5m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道49号標識
国道252号標識

目次

概要編集

 
宮古橋の現橋梁(橋の東側から)

河沼郡会津坂下町と湯川村を隔てる一級河川阿賀川にかかり、国道49号国道252号重複区間)を通す。東詰は湯川村佐野目、西詰は会津坂下町宮古に位置している。現在掛かる橋は1990年に完成した、全長326.7m、幅員14.5mの連続桁橋である。橋上は上下線対向2車線で供用されており、上下線両側に歩道が設置されている。

東側には国道49号と福島県道33号会津坂下河東線が接続する佐野目交差点がある。この交差点はもともと、国道49号が主導となり橋の東側でカーブし、県道33号が分岐する線形であったが、線形改良工事により交差点形状が変更され、国道49号(新潟方面)、福島県道33号から国道49号いわき方面が会津若松市に向かい分岐する丁字路となっている。後に丁字路の突き当りに道の駅あいづ 湯川・会津坂下が建設された。

沿革編集

  • 全長…313.7m
    • 主径間…62.7m
  • 幅員…5.9m
  • 形式…5径間下路式鋼連続ワーレントラス橋[5]

ライブカメラ編集

阿賀川河川事務所による宮古橋付近のライブカメラ[6]がある。

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 角川日本地名大辞典 - 福島県 p782. 1981.
  2. ^ 宮古橋1905-3 - 土木学会附属土木図書館
  3. ^ 角川日本地名大辞典 - 福島県 p783. 1981.
  4. ^ a b 福島の国道をゆく - みちづくりと沿道の歴史をたずねて p129. 1988.
  5. ^ 宮古橋1953-2-24 - 土木学会附属土木図書館
  6. ^ ライブカメラ - 阿賀川河川事務所

外部リンク編集