宮古警備隊(みやこけいびたい、: JGSDF Miyako Area Security Force)は、沖縄県宮古島市宮古島駐屯地に駐屯する第15旅団隷下の離島警備部隊である。

宮古警備隊
創設 2019年3月26日[1]
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成(普通科主力)
兵種/任務/特性 離島警備
人員 約350名
所在地 沖縄県 宮古島市
編成地 宮古島
上級単位 第15旅団
担当地域 宮古島
テンプレートを表示

概要編集

26中期防の基本方針に基づき、中国人民解放軍海軍の進出及び朝鮮半島有事などの脅威に対する南西諸島防衛態勢強化の観点から水陸機動団などとともに新編された部隊のうちのひとつである。

第4師団隷下の対馬警備隊をモデルとしており、隊本部及び1個普通科中隊、後方支援隊から編成される。隊長は1等陸佐で宮古島駐屯地司令を兼務する。駐屯地業務隊の無い駐屯地で駐屯地管理業務を後方支援隊管理小隊が担任する。

沿革編集

  • 2019年(平成31年)
    • 3月26日:宮古警備隊が新編[2]
    • 4月19日:発足後初の災害派遣。空自第53警戒隊と共に宮古島沿岸における漂着油物(廃油ボール)の回収を実施[3]

部隊編成編集

  • 宮古警備隊本部
  • 宮古警備隊本部中隊「宮古警-本」
    • 隊本部班
    • 対戦車小隊
    • 情報小隊
    • 施設作業小隊
    • 通信小隊
    • 狙撃班
    • 衛生班
  • 普通科中隊「宮古警-普」 - 軽装甲機動車
    • 中隊本部
    • 第1小銃小隊
    • 第2小銃小隊
    • 第3小銃小隊
    • 第4小銃小隊
    • 迫撃砲小隊
    • 狙撃班
  • 後方支援隊「宮古警-後支」
    • 本部班
    • 整備小隊
    • 補給小隊
    • 管理小隊(駐屯地管理業務を担当)

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
宮古警備隊長
兼 宮古島駐屯地司令
1等陸佐 伊與田雅一 2022年03月14日 陸上自衛隊富士学校機甲科部副部長
歴代の宮古警備隊長
(1等陸佐・宮古島駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 田中広明 2019年03月26日 - 2020年03月15日 第15旅団司令部 陸上自衛隊教育訓練研究本部勤務
02 佐藤慎二 2020年03月16日 - 2022年03月13日 陸上幕僚監部監理部総務課企画班長 自衛隊岩手地方協力本部
03 伊與田雅一 2022年03月14日 - 陸上自衛隊富士学校機甲科部副部長

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 防衛省人事発令(2019年3月26日1佐職)
  2. ^ 沖縄・宮古島で宮古警備隊が発足 岩屋大臣が隊旗授与”. 朝雲新聞 (2019年4月7日). 2019年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月14日閲覧。
  3. ^ 沖縄県宮古島市における油物の除去に係る災害派遣について(14時00分現在) (PDF)”. 防衛省. 2019年4月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集