メインメニューを開く

第5施設群(だいごしせつぐん、JGSDF 5th Engineer Group(Construction))は、新潟県上越市高田駐屯地に駐屯する陸上自衛隊第1施設団の隷下部隊である。施設科部隊としてさまざまな災害派遣や国際貢献活動で活躍している。なお、第5施設群長は高田駐屯地司令を兼務する。

第5施設群
創設 1972年(昭和47年)8月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 施設科
所在地 新潟県 上越市
編成地 高田
上級単位 第1施設団
担当地域 信越地方
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1954年(昭和29年)10月  :第107施設大隊が勝田駐屯地にて新編。
  • 1961年(昭和36年)8月17日:第1施設団新編に伴い、同団隷下に編入。
  • 1962年(昭和37年)8月14日:第107施設大隊の主力3個中隊が高田駐屯地に移駐。
  • 1968年(昭和43年)8月9日:第107施設大隊の1個中隊が高田駐屯地に移駐。
  • 1972年(昭和47年)8月1日:第107施設大隊を基幹として第5施設群が新編。
編成(群本部・本部中隊、第308施設中隊~第310施設中隊、第307施設機材中隊、第309ダンプ車両中隊、第316地区施設隊松本駐屯地))
  • 1984年(昭和59年)3月26日:第309ダンプ車両中隊を廃止。
  • 1991年(平成03年)3月29日:第316地区施設隊を第353施設中隊(松本)に改編。
  • 2001年(平成13年)3月26日:第2普通科連隊長から駐屯地司令職務を移管。第353施設中隊が松本から高田駐屯地に移駐。
  • 2002年(平成14年)3月27日:後方支援体制移行に伴い、整備部門を東部方面後方支援隊第102施設直接支援大隊に移管。
  • 2016年(平成28年)3月28日:機能別中隊に改編[1]。第308施設中隊~第310施設中隊、第353施設中隊、第307施設器材中隊を廃止し、第392施設中隊~第394施設中隊を新編。

部隊編成・駐屯地編集

編成
  • 群本部及び本部管理中隊
  • 第392施設中隊(築城・障害)
  • 第393施設中隊(機動支援)
  • 第394施設中隊(交通)
駐屯地


主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第5施設群長
兼 高田駐屯地司令
1等陸佐 庭田徹 2019年03月23日 統合幕僚監部防衛計画部防衛課付
防衛政策局防衛政策課勤務
歴代の第5施設群長
(1等陸佐)
(2000年4月28日より高田駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 石橋美樹 1972年08月01日 - 1975年03月16日 第1施設団本部付 第2陸曹教育隊長
02 岩元明 1975年03月17日 - 1977年03月15日 陸上幕僚監部施設課地誌班長 技術研究本部
技術開発官(陸上担当)付
業務班長
03 柳田金之助 1977年03月16日 - 1979年03月15日 第5施設団本部高級幕僚 自衛隊茨城地方連絡部
04 黒田象治郎 1979年03月16日 - 1981年07月31日 第5施設団本部高級幕僚 健軍駐屯地業務隊
05 大熊廣 1981年08月01日 - 1983年07月31日 中部方面総監部装備部施設課長 第2施設団副団長
06 小松澤浩 1983年08月01日 - 1986年03月16日 北部方面総監部装備部施設課長 陸上自衛隊幹部学校学校教官
07 岸良征 1986年03月17日 - 1987年07月06日 東部方面総監部人事部人事課長 陸上幕僚監部人事部人事計画課長
08 松浦紘之 1987年07月07日 - 1989年06月29日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 自衛隊帯広地方連絡部
09 織田壽雄 1989年06月30日 - 1991年07月31日 陸上幕僚監部調査部調査第2課
調査第4班長
陸上自衛隊幹部学校主任研究開発官
10 筧隆保 1991年08月01日 - 1993年11月30日 陸上幕僚監部調査部調査第2課
調査第4班長
西部方面総監部調査部長
11 末包昭彦 1993年12月01日 - 1996年12月15日 陸上幕僚監部装備部開発課
総括班長
技術研究本部
技術開発官(陸上担当)付
総括室長
12 若山義明 1996年12月16日 - 1999年03月22日 陸上幕僚監部装備部施設課
総括班長
自衛隊茨城地方連絡部長
13 紫村敬二 1999年03月23日 - 2001年11月30日 陸上幕僚監部調査部調査課
調査運用室勤務
陸上自衛隊中央調査隊
14 市川当 2001年12月01日 - 2004年03月28日 陸上幕僚監部装備部開発課
開発第2班長
陸上自衛隊研究本部研究員
15 冨井稔 2004年03月29日 - 2006年03月31日 東部方面総監部防衛部防衛課長 陸上自衛隊幹部学校学校教官
16 山下憲美 2006年04月01日 - 2008年07月31日 北部方面総監部装備部施設課長 第2施設団副団長
17 小野塚貴之 2008年08月01日 - 2009年07月20日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
防衛班長
陸上幕僚監部監理部総務課
広報室長
18 山内邦彦 2009年07月21日 - 2010年11月30日 陸上自衛隊補給統制本部施設部
補給計画課長
陸上自衛隊補給統制本部施設部長
19 腰塚浩貴 2010年12月01日 - 2012年07月31日 陸上幕僚監部人事部人事計画課
制度班長
陸上自衛隊幹部学校主任教官
20 小林弘樹 2012年08月01日 - 2013年08月21日 陸上幕僚監部装備部装備計画課
後方計画班長
陸上幕僚監部人事部補任課長
21 高岡久 2013年08月22日 - 2015年07月31日 陸上幕僚監部教育訓練部
教育訓練課総括班長
陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
22 大村隆紀 2015年08月01日 - 2017年03月22日 陸上自衛隊九州補給処健軍支処長 退職[2]
23 北島崇生 2017年03月23日 - 2019年03月22日 陸上幕僚監部防衛部施設課
環境保全班長
陸上自衛隊富士学校管理部長
24 庭田徹 2019年03月23日 - 統合幕僚監部防衛計画部防衛課付
防衛政策局防衛政策課勤務

主要装備編集

脚注編集

出典編集

防衛省人事発令”. 2015年8月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集