宮地静香

日本のクリケット選手

宮地 静香(みやぢ しずか、1981年11月4日 - )は、日本の女子クリケット選手[1][4]日本人初のプロクリケット選手である[1][5]

宮地静香
個人情報
フルネーム宮地静香
国籍日本の旗 日本
生誕 (1981-11-04) 1981年11月4日(40歳)
日本の旗 日本兵庫県西宮市[1]
居住地栃木県佐野市[1][2]
身長151 cm[3]
体重50 kg[3]
スポーツ
日本の旗 日本
競技クリケット[3]
大学チーム同志社大学[3]
クラブ佐野クリケットクラブ[1][2]
獲得メダル
日本の旗 日本
女子クリケット
アジア競技大会
2010 広州 チーム

日本代表の一員として中国で開かれた2010年アジア競技大会に出場、3位決定戦で中国に勝利し、銅メダルを獲得した[6]

日本代表としてワン・デイ・インターナショナルデビューを果たしたのは2011年の女子クリケット・ワールドカップ予選会である。2013年にはICCワールド・トゥエンティ20で日本代表のキャプテンを務めた[7]。2019年4月にバヌアツで開かれた女子ワールドカップ東アジア太平洋予選でも代表に招集された[8]女子トゥエンティ20インターナショナル英語版(WT20I)デビューはインドネシア代表と対戦した2019年5月6日の東アジア太平洋予選である[9]

経歴編集

兵庫県西宮市出身[1]西宮市立今津中学校および武庫川女子大学附属高等学校時代は陸上競技をしていた[1]同志社大学文学部入学後の2001年に先輩から勧誘を受けてクリケットを始めた[1]

2006年に初めて日本代表選手に選出され、以来2021年までに日本代表として70試合以上に出場し、最多出場記録を保持している[1]。また、2011年・2012年・2016年・2017年に日本クリケット協会の年間最優秀女子選手賞を受賞している[1]2022年、同年新設されたばかりのフェアブレーク・インビテーショナル英語版でプロ契約を締結し、日本人初のプロクリケット選手になった[1]。同大会ではSpiritに所属し、チームは3位で競技を終えた[5]。宮地は5試合に出場し、2022年5月8日の第2戦で最優秀選手に選ばれた[2]

2022年現在、栃木県佐野市に居住し、佐野クリケットクラブに所属している[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 三河賢文. “日本人初!宮地静香選手がプロクリケット選手として海外リーグと契約”. New Road. ネットワークコミュニケーションズ. 2022年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c d クリケット女子世界3位に貢献 リーグ第2戦でMVP 佐野の宮地さん” (2022年5月18日). 2022年5月18日閲覧。
  3. ^ a b c d 宮地 静香(クリケット)”. 仁川アジア競技大会2014. 日本オリンピック委員会. 2022年5月18日閲覧。
  4. ^ Shizuka Miyaji”. Cricinfo. 2022年5月18日閲覧。
  5. ^ a b 日本クリケット協会 (2022年5月17日). “<日本人初のプロクリケットリーグ挑戦>宮地静香選手が所属するSpiritが3位”. 神戸経済新聞. 2022年5月18日閲覧。
  6. ^ 3rd place play-off, Asian Games Women's Cricket Competition at Guangzhou, Nov 19 2010 | Match Summary | ESPNCricinfo”. Cricinfo. 2022年5月18日閲覧。
  7. ^ Japan women's Cricket team squad - 2013 ICC Women's World T20 Qualifier”. Cricinfo. 2022年5月18日閲覧。
  8. ^ Just two steps away from World Cup spots for teams in Women's Qualifiers”. International Cricket Council. 2022年5月18日閲覧。
  9. ^ 2nd Match, ICC Women's T20 World Cup East Asia-Pacific Region Qualifier at Port Vila, May 6 2019”. ESPN Cricinfo. 2019年5月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集