メインメニューを開く
本来の表記は「宮﨑敬介」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

宮﨑 敬介(みやざき けいすけ、1970年 - )は、日本版画家宮崎 敬介(みやざき けいすけ)とも表記される。

宮﨑 敬介
(みやざき けいすけ)
生誕 1970年
日本の旗 埼玉県所沢市
国籍 日本の旗 日本
教育 武蔵野美術大学造形学部卒業
著名な実績 版画
この人物に影響を
与えた芸術家
柄澤齊

目次

概要編集

1970年アニメーター宮﨑駿大田朱美二男として、埼玉県所沢市に生まれた。版画家柄澤齊の作品に感動したことをきっかけに、武蔵野美術大学造形学部在学中に独学で木口木版画を始めた。

卒業後は版画家として活動し、木口木版画の制作を続けている。普段は父親が著名なアニメーション監督である事を伏せて創作活動をしているが、一部作品を父の関わった作品に提供した事がある[1]

人物・家族編集

アニメ監督宮﨑駿。母は元アニメーターの宮﨑朱美。兄は環境デザイナー、アニメ監督の宮﨑吾朗。祖父は版画家の大田耕士[2]

略歴編集

  • 1970年 埼玉県に生まれる。
  • 1990年 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン科入学。
  • 1994年 同校卒業。
  • 1995年 アニメ映画『耳をすませば』用に「牢獄でヴァイオリンを作る職人」を制作。
  • 1996年 木口木版画展「MOONSHINE」(ピンポイントギャラリー)
  • 1997年 ザイログラフィア木口木版画7人展(ガレリアグラフィカ)宮崎敬介木口木版画展(加藤京文堂)
  • 2000年 木口木版画展「PLANET」(ピンポイントギャラリー)
  • 2001年 木口木版画展「wood engraving 放浪時代」(松明堂ギャラリー)
  • 2002年 三鷹の森ジブリ美術館展示用に木口木版画を制作。
  • 2003年 堀田善衛『路上の人』『聖者の行進』『時代と人間』の表紙版画を制作。木口木版画展「プラネット」(ピンポイントギャラリー)
  • 2004年 木口木版画展「calling」(松明堂ギャラリー)
  • 2006年 木口木版画展「サイレンス」(ピンポイントギャラリー)
  • 2007年 木口木版画・銅版画 宮崎敬介・佐藤妙子展(松明堂ギャラリー)

脚注編集

  1. ^ 耳をすませば』に登場する本の中の“牢獄でヴァイオリンを作る職人”の挿絵三鷹市立アニメーション美術館に展示された版画。
  2. ^ 『折り返し点』(宮﨑駿、p.196)

関連項目編集

外部リンク編集