メインメニューを開く

宮本 博(みやもと ひろし、1963年3月27日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 栗東所属の調教師である。2003年に調教師免許を取得した。

宮本博
Hiroshi-Miyamoto20100710.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1963-03-27) 1963年3月27日(56歳)
血液型 O型
所属団体 JRA
初免許年 2003年(2004年開業)
経歴
所属 栗東・中尾謙太郎/厩務員(1985.7 - 1985.10)→
栗東・中尾謙太郎/調教助手(1985.10 - 2003.2)→
栗東T.C.
テンプレートを表示

人物編集

父が厩務員であったため、京都競馬場で生まれ、栗東トレーニングセンターで育つ。また、伯父の宮本悳タニノハローモア東京優駿(日本ダービー)を制した元騎手で、元調教師である。従弟に岸滋彦がいる。 父の勧めもあり15歳より馬術をはじめ、京都産業大学時代に馬場馬術で関西学生ナンバーワンとなる。全日本の学生選抜メンバーとして3年次にイギリス、4年次に韓国での対抗試合の経験もある。

競馬学校を卒業した1985年7月から、親戚である中尾謙太郎厩舎に厩務員として所属[1]。同年11月からは調教助手となる。持ち乗り調教助手として手掛けたおもな活躍馬に重賞3勝ナリタキングオーと重賞7勝キョウトシチーがいる。1998年にはキョウトシチーでドバイワールドカップに遠征(6着)。

2003年に調教師免許を取得後、翌2004年3月1日付けで開業[2]。初出走は同年3月13日中京競馬第4競走のクラウドシチーで12着であった。翌月、園田競馬でナリタボールド、ナリタチャンピオンが交流戦を勝利。JRA初勝利は同年5月9日、京都競馬第8競走のナリタボールドで、のべ21頭目であった[3]2008年小倉2歳ステークスをデグラーティアで制してJRA重賞初勝利を挙げた[4]

2013年7月6日、函館7Rでケイティーズハートが1着となり、JRA通算200勝を達成した[5]

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2004年3月13日 1回中京3日4R 3歳未勝利 クラウドシチー 16頭 11 12着
初勝利 2004年5月9日 3回京都6日8R 4歳上1000万下 ナリタボールド 16頭 13 1着
重賞初出走 2005年3月13日 2回中山6日11R クリスタルC エネルマオー 16頭 7 11着
重賞初勝利 2008年9月7日 3回小倉8日10R 小倉2歳S デグラーティア 16頭 3 1着
GI初出走 2007年12月9日 5回中山4日11R 朝日杯FS ミリオンウェーブ 16頭 16 14着

おもな管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

脚注編集

  1. ^ 【競馬】歴史に埋もれた“幻のダート重賞” 勝ち馬キョウトシチーはドバイにも参戦”. デイリースポーツ. 2017年7月28日閲覧。
  2. ^ 調教師4名が新規開業”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  3. ^ 宮本博調教師、JRA初勝利”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  4. ^ デグラーティアが鋭く伸びて快勝”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  5. ^ 宮本博調教師 JRA通算200勝達成”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  6. ^ 京都新聞杯、ベストメンバーが人気に応え重賞初V”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  7. ^ ウインフルブルームがしぶとく逃げ切り重賞初V/京都金杯”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  8. ^ ボールライトニングが無傷の2連勝で重賞制覇!/京王杯2歳S”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。
  9. ^ キョウヘイが出遅れ最後方からの直線一気V!/シンザン記念”. netkeiba.com. 2017年7月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集