メインメニューを開く

佐賀記念(さがきねん)は、佐賀県競馬組合佐賀競馬場で施行する地方競馬重賞競走ダートグレード競走)である。格付けはJpnIII農林水産大臣賞が提供されているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 佐賀記念(のうりんすいさんだいじんしょうてん さがきねん)」と表記される。

佐賀記念
開催国 日本の旗 日本
主催者 佐賀県競馬組合
競馬場 佐賀競馬場
創設 1973年7月22日
2019年の情報
距離 ダート2000m
格付け JpnIII
賞金 1着賞金2300万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上(指定交流)
出走条件も参照
負担重量 グレード別定(本文に記載
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は農林水産大臣賞、地方競馬全国協会理事長賞、日本中央競馬会理事長賞、(一社)日本馬主協会連合会会長奨励賞、(一社)日本地方競馬馬主振興協会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、佐賀県馬主会会長賞、佐賀県知事[2](2019年)。

目次

概要編集

佐賀競馬場が佐賀市から現在地(鳥栖市)へ移転した1973年に4歳(現3歳)限定の別定の佐賀限定の重賞競走、開設記念として創設、第1回は佐賀競馬場のダート1800mで施行された。翌年は施行されず、1975年に4歳(現3歳)・5歳(現4歳)限定のダート2000mに変更され、1976年にはまた施行されなかった。

1978年には出走条件が5歳(現4歳)以上に変更、翌年にダート2500mに距離変更を行った。

1992年は開設20周年記念としてこの年のみ西日本地区地方交流競走として施行した事を機にダート2000mに距離を戻し、1995年には中央・地方全国指定交流競走に指定され、中央競馬(JRA)および他地区所属馬が出走可能になり、1997年にはダートグレード競走施行によりGIII(統一GIII)に格付け、これを機に現在の佐賀記念に名称を、負担重量をグレード別定に変更、2000年には施行時期を6・7月から2月に移動した関係で施行されず、2001年には九州地方競馬限定グレードのKG1に格付けされた。なお、2008年より国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、格付け表記をそれぞれJpnIII・KJ1に改めている。

九州の地方競馬では、本競走とサマーチャンピオンの2競走しかダートグレード競走が無く、佐賀競馬としては大レースでもあるが、同時期に川崎記念フェブラリーステークスがあるため、佐賀競馬以外の一線級の馬はあまり出走しない。逆に、スマートファルコンホッコータルマエはこれらGIを避けて賞金の加算を狙い、トップホースへの脚がかりとした。

条件・賞金(2019年)編集

出走条件
サラブレッド系4歳以上。
  • 出走枠はJRA所属馬5頭、佐賀所属馬4頭、佐賀以外の地方所属馬3頭と定められている。
  • 九州大賞典中島記念雷山賞の優勝馬に優先出走権が与えられている[3]
負担重量
別定
4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減(南半球産4歳1kg減)を基本に、本年2月7日より過去のGI・JpnI優勝馬は3kg、GII・JpnII優勝馬は2kg、GIII・JpnIII優勝馬は1kgの負担増となる[1](2歳時の成績は対象外)。
賞金額
1着2,300万円、2着690万円、3着230万円、4着138万円、5着92万円[2]

過去の賞金額編集

中央競馬地方競馬全国指定交流競走に指定された1995年以降
回数 総額賞金
(万円)
1着賞金
(万円)
2着賞金
(万円)
3着賞金
(万円)
4着賞金
(万円)
5着賞金
(万円)
第23回(1995年) 5,400 3,000 1,050 600 450 300
第24回(1996年)
第25回(1997年)
第26回(1998年)
第27回(1999年)
第28回(2001年)
第29回(2002年) 5,100 300 150
第30回(2003年)
第31回(2004年)
第32回(2005年)
第33回(2006年)
第34回(2007年)
第35回(2008年) 4,500 900 300 180 120
第36回(2009年)
第37回(2010年)
第38回(2011年) 3,750 2,500 750 250 150 100
第39回(2012年) 3,450 2,300 690 230 138 92
第40回(2013年)
第41回(2014年)
第42回(2015年)
第43回(2016年)
第44回(2017年)
第45回(2018年)

歴史編集

  • 1973年 - 佐賀競馬場のダート1800mの4歳(現3歳)限定の九州地区限定重賞競走、開設記念として創設。
  • 1974年 - 開催中止。
  • 1975年
    • 出走条件を4歳(現3歳)・5歳(現4歳)限定に変更。
    • 施行距離をダート2000mに変更。
  • 1976年 - 開催中止。
  • 1978年 - 出走条件を5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1979年 - 施行距離をダート2500mに変更。
  • 1980年 - 1着入線のミスボレロが進路妨害により失格。
  • 1985年 - 古川哲也が騎手として史上初の連覇。
  • 1992年
    • 開設20周年記念としてこの年のみ西日本地区交流競走として施行。
    • 施行距離をダート2000mに戻す。
  • 1995年 - 中央・地方全国指定交流競走に指定。
  • 1997年
    • ダート競走格付け委員会にGIII(統一GIII)に格付け。
    • 名称を佐賀記念に変更。
    • 負担重量をグレード別定に変更
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
    • 九州限定グレードKG1に格付け。
  • 2002年
  • 2007年 - サイレントディールが2分07秒4のコースレコードで優勝。
  • 2008年 - チャンストウライが2分06秒7のコースレコードで優勝。
  • 2009年
    • JRA所属馬の出走枠が4頭から5頭に、九州地区以外の所属馬の出走枠が4頭から3頭にそれぞれ変更。
    • 売得金3億2700万円は同競走の最高売上記録となった。
  • 2011年
  • 2012年 - ピイラニハイウェイが2分5秒7のコースレコードで優勝。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1973年07月22日 ヒシムテキ 牡3 佐賀 1:57.2 古賀光範 徳吉光雄
第2回 開催中止
第3回 1975年06月15日 ヤクシライス 牝3 佐賀 2:08.8 的場信弘 浦川照治
第4回 開催中止
第5回 1977年06月26日 ダイイチシンオー 牡4 佐賀 2:06.8 九日俊光 九日俊
第6回 1978年06月25日 スイセンコトブキ 牝5 佐賀 2:07.2 東美義 山田勇
第7回 1979年06月24日 ハーバオール 牡5 佐賀 2:44.1 的場信弘 浦川照治
第8回 1980年06月22日 セダンホーク 牝5 佐賀 2:44.9 大垣敏夫 草野巧
第9回 1981年06月21日 シルクラディカ 牡6 佐賀 2:42.1 山下清 松田和要武
第10回 1982年07月04日 ブルキング 牡4 佐賀 2:47.5 鮫島克也 鮫島勉
第11回 1983年06月26日 シゲノダイヤ 牡4 佐賀 2:44.5 河津徳幸 徳吉光雄
第12回 1984年07月15日 オカノチカラ 牡5 佐賀 2:43.3 古川哲也 池田及也
第13回 1985年06月23日 ハワイダンサー 牡6 佐賀 2:46.5 古川哲也 下田泰広
第14回 1986年07月13日 ウメノファスト 牡5 佐賀 2:43.3 鮫島克也 北田健三
第15回 1987年06月21日 シングルボーイ 牡4 佐賀 2:46.1 真島元徳 西久保政等
第16回 1988年07月10日 ホクトドリーマー 牡7 佐賀 2:47.6 大垣敏夫 山田勇
第17回 1989年06月25日 アグネスビート 牡7 佐賀 2:48.0 古川哲也 松田和要武
第18回 1990年07月01日 リキマナード 牡5 佐賀 2:44.4 吉原正和 飯島美智雄
第19回 1991年06月30日 カムイファースト 牝6 佐賀 2:45.1 鮫島克也 北田健三
第20回 1992年07月05日 タイプスワロー 牡6 笠松 2:06.9 井上孝彦 荒川友司
第21回 1993年07月04日 スズタカオー 牡6 佐賀 2:45.4 土井道隆 谷口祐治
第22回 1994年07月03日 サクラミサキオー 牡5 佐賀 2:46.6 北村欣也 津野正浬
第23回 1995年07月02日 アドマイヤボサツ 牡5 JRA 2:07.9 芹沢純一 橋田満
第24回 1996年06月30日 リンデンニシキ 牝4 佐賀 2:10.7 川野幸治 手島豊
第25回 1997年06月29日 グリーンサンダー 牡5 JRA 2:10.2 幸英明 谷潔
第26回 1998年07月05日 コンメンダトーレ 牡4 JRA 2:10.0 田島信行 梅田康雄
第27回 1999年07月20日 スノーエンデバー 牡4 JRA R2:07.7 武豊 森秀行
第28回 2001年02月12日 ミツアキサイレンス 牡4 笠松 2:07.7 川原正一 粟津豊彦
第29回 2002年02月11日 ミツアキサイレンス 牡5 笠松 2:08.9 川原正一 粟津豊彦
第30回 2003年02月11日 エアピエール 牡7 JRA 2:10.1 武豊 田村康仁
第31回 2004年02月11日 クーリンガー 牡5 JRA 2:10.4 和田竜二 岩元市三
第32回 2005年02月11日 マルブツトップ 牡5 JRA 2:08.6 安藤勝己 加用正
第33回 2006年02月13日 マイネルボウノット 牡5 JRA 2:09.1 後藤浩輝 萩原清
第34回 2007年02月12日 サイレントディール 牡7 JRA R2:07.4 武豊 池江泰郎
第35回 2008年02月11日 チャンストウライ 牡5 兵庫 R2:06.8 下原理 寺嶋正勝
第36回 2009年02月11日 スマートファルコン 牡4 JRA 2:07.4 岩田康誠 小崎憲
第37回 2010年02月11日 ラッシュストリート 騸5 JRA 2:07.5 武豊 岡田稲男
第38回 2011年02月11日 メテオロロジスト 牡4 JRA R2:06.0 武豊 池江泰寿
第39回 2012年02月08日 ピイラニハイウェイ 牡7 JRA R2:05.7 川田将雅 吉田直弘
第40回 2013年02月11日 ホッコータルマエ 牡4 JRA 2:05.7 幸英明 西浦勝一
第41回 2014年02月13日 ランフォルセ 牡8 JRA 2:09.4 戸崎圭太 萩原清
第42回 2015年02月10日 マイネルクロップ 牡5 JRA 2:09.5 丹内祐次 飯田雄三
第43回 2016年02月11日 ストロングサウザー 牡5 JRA 2:08.1 田邊裕信 久保田貴士
第44回 2017年02月07日 ロンドンタウン 牡4 JRA 2:06.7 川田将雅 牧田和弥
第45回 2018年02月06日 ルールソヴァール 騸6 JRA 2:07.8 幸英明 高木登
第46回 2019年02月11日 ヒラボクラターシュ 牡4 JRA 2:05.7 山本聡哉 大久保龍志

競走結果の出典編集

地方馬(地元馬含む)最先着編集

  • 第23回 - ヨシノキング(大井・2着)、スズタカオー(3着)
  • 第24回 - リンデンニシキ(1着
  • 第25回 - アメージングレイス(笠松・3着)、キングオブザロード(4着)
  • 第26回 - マルブツホープ(愛知・3着)、ビークァイエット(4着)
  • 第27回 - ハカタビッグワン(笠松・2着)、ケイウンベスト(6着)
  • 第28回 - ミツアキサイレンス(笠松・1着)、キングラシアン(7着)
  • 第29回 - ミツアキサイレンス(笠松・1着)、ジョカトーレ(8着)
  • 第30回 - ミツアキサイレンス(笠松・3着)、カシノオウサマ(5着)
  • 第31回 - オペラキッス(2着)
  • 第32回 - オペラキッス(4着)
  • 第33回 - オンユアマーク(3着)
  • 第34回 - キングスゾーン(愛知・3着)、タイキシリウス(5着)
  • 第35回 - チャンストウライ兵庫1着)、ザオリンポスマン(4着)
  • 第36回 - チャンストウライ(兵庫・5着)、ワンパクメロ(6着)
  • 第37回 - カラテチョップ(兵庫・4着)、エフケーフィル(6着)
  • 第38回 - マルヨフェニックス(笠松・4着)、マンオブパーサー(8着)
  • 第39回 - オオエライジン(兵庫・5着)、レイズミーアップ(8着)
  • 第40回 - グランシュヴァリエ(高知・5着)、デュナメス(7着)
  • 第41回 - オオエライジン(兵庫・4着)、デュナメス(8着)
  • 第42回 - リワードレブロン(高知・6着)、コパノエクスプレス(8着)
  • 第43回 - キョウワカイザー(6着)
  • 第44回 - カツゲキキトキト(愛知・4着)、キョウワカイザー(5着)
  • 第45回 - キクノソル(兵庫・4着)、デリッツァリモーネ(7着)
  • 第46回 - グレイトパール(4着)

出典編集

  1. ^ a b 【更新】農林水産大臣賞典 第46回佐賀記念の出走予定馬のお知らせ(2/4現在)”. さがけいば (2019年2月5日). 2019年2月9日閲覧。
  2. ^ a b 佐賀競馬出走馬一覧表平成30年度第20回佐賀競馬第6日2月11日(祝月) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年2月9日閲覧。
  3. ^ 佐賀記念とは”. さがけいば. 2019年2月9日閲覧。

関連項目編集