メインメニューを開く

宮田 和希(みやた かずき、1988年11月16日 - )は、大阪府堺市中区出身[1]の元プロ野球選手投手)。左投左打。

宮田 和希
SL-Kazuki-Miyata20100828.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市中区[1]
生年月日 (1988-11-16) 1988年11月16日(30歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト6位
初出場 2009年8月26日
最終出場 2015年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

目次

経歴編集

プロ入り前編集

小学校4年生の時に野球を始めた[2]

大阪府立福泉高等学校3年生時の第88回全国高等学校野球選手権大会・大阪府大会の大阪府立城東工業高等学校との1回戦では、後にヤクルトに入団する山田弘喜完全試合を喫し(8回コールドの参考記録)、最後は自身のボークにより7点目を失ったことで、決着がついて敗退した[3]

高校卒業後は大学に進学予定だったが、素質を買われ甲賀健康医療専門学校に進学[2][3]社会人野球に参戦している同校の硬式野球部に所属し、社会人企業チームやクラブチームとの試合をこなした[2]

2008年10月30日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから6巡目で指名され[4]、入団。背番号は68に決まった[5]

西武時代編集

2009年8月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の9回に4番手でプロ初登板し、1回を投げ被安打3、奪三振2、自責点2だった[2][6]

2011年イースタン・リーグで31試合に登板、34回1/3を投げ、リーグ最多の11暴投を記録した[7]

2013年は二軍で36試合に登板、52回1/3を投げたが、与四球数はイ・リーグ最多の49を記録した[8]

2014年9月30日の対北海道日本ハムファイターズ戦の同点の4回、一死の場面で2番手で登板し、1回2/3を投げ無失点で、初ホールドを挙げた[9][10]。シーズンオフには福倉健太郎佐藤勇藤澤亨明と共にオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルン・エイシズに派遣され、ウインターリーグに参加した[11]

2015年1月5日に婚姻届を提出し入籍していたことが8日に発表された[12]。春季キャンプではA班(一軍)でスタートしたが、開幕直前に左腕に打球を受けた影響で二軍に降格[13]。5月12日に出場選手登録され[14]、31日の対阪神タイガース戦において3点ビハインドの7回表に登板、1回を投げ無失点だったが、裏の攻撃でチームが逆転し、そのまま勝利したことでプロ初勝利を挙げた[13][15]

2016年6月30日に左肘尺骨神経移行手術を行い、実戦復帰まで約3か月の見込みと発表された[16]。一軍での登板はなく、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[17]。その後11月12日に行われた12球団合同トライアウト阪神甲子園球場)に参加。打者3人に対し、被安打0、奪三振2の成績だった[18]。12月2日付で自由契約選手となった[19]。その後2017年4月からライオンズアカデミーコーチに就任することが発表された。

2018年度のNPBジュニアトーナメントではコーチとしてチームを準優勝に導いた。

選手としての特徴編集

西武入団時での直球の最速は144km/h。変化球はスライダーなどを投げる[20]

左投げだが、持病の腰痛の症状緩和のため、高校時代から右手で投げる練習を行っている[21]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2009 西武 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.0 4 0 3 0 0 2 1 0 3 3 27.00 7.00
2010 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.1 2 1 3 0 0 2 1 0 2 2 7.71 2.17
2012 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.2 0 0 3 0 1 4 1 0 0 0 0.00 1.37
2014 10 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 63 14.2 14 1 8 0 0 17 2 0 3 3 1.84 1.50
2015 18 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 91 19.0 19 3 15 0 0 15 2 0 11 11 5.21 1.79
NPB:5年 35 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 188 39.2 39 5 32 0 1 40 7 0 19 19 4.31 1.60

記録編集

背番号編集

  • 68 (2009年 - 2016年)

登場曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「2015プロ野球 12球団全選手 カラー百科名鑑」 廣済堂出版発行 97頁
  2. ^ a b c d 2010年度西武ライオンズ選手名鑑 68 宮田 和希 スポニチ Sponichi Annex
  3. ^ a b 無名高から専門学校を経て初勝利。西武・宮田和希の「長かった」道程。 Number Web 2015年6月2日掲載
  4. ^ 2008年 ドラフト会議開催! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2008年10月30日配信
  5. ^ 2008年 ドラフト指名6選手入団会見! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2008年12月10日配信
  6. ^ 2009年8月26日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  7. ^ 2011年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)2011年度 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門) 暴投 日本野球機構オフィシャルサイト
  8. ^ 2013年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)2013年度 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門) 与四球 日本野球機構オフィシャルサイト
  9. ^ 2015年度西武ライオンズ選手名鑑 68 宮田 和希 スポニチ Sponichi Annex
  10. ^ 2014年9月30日 北海道日本ハム 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  11. ^ オーストラリア ウインターリーグ参加メンバーのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年11月3日配信
  12. ^ 宮田和希投手 入籍のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年1月8日配信
  13. ^ a b 7年目宮田 初ウイニングボールに泣きそう「あったかいです」 スポニチ Sponichi Annex 2015年6月1日掲載
  14. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2015年5月 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  15. ^ 2015年5月31日 埼玉西武 対 阪神 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  16. ^ 西武・宮田、手術は無事成功 実戦復帰まで約3カ月の見込み”. SANSPO.COM (2016年7月1日). 2016年11月15日閲覧。
  17. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について”. 埼玉西武ライオンズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  18. ^ 65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ (2016年11月12日). 2016年11月15日閲覧。
  19. ^ 2016年度公示 自由契約選手 NPB.jp 日本野球機構
  20. ^ 2008年ドラフト指名者 西武 6位指名 スポニチ Sponichi Annex
  21. ^ 「宝島別冊 プロ野球選手データ名鑑2010」 宝島社発行 153頁

関連項目編集

外部リンク編集