メインメニューを開く

富士山駅 - 羽田空港線(ふじさんえき - はねだくうこうせん)は、山梨県郡内地方羽田空港を結ぶ空港リムジンバス高速バス)路線である。

目次

概要編集

富士急行(河口湖営業所担当)と京浜急行バス羽田営業所担当)の共同運行により2011年7月16日に開設した[1][2]。朝と昼間の1日2往復が運行されており、富士急と京急がそれぞれ1往復ずつ担当している。山梨県内から羽田空港へ向かうリムジンバスは他に京急と山梨交通が運行している竜王・甲府 - 羽田空港線があるが郡内地方を経由していない[3]ことから、この路線の開設により郡内地方から羽田空港へ向かう際の利便性が大幅に向上している。また空港から富士急ハイランドへ直接アクセスしており、往復運賃にフリーパスを付加したセット券も発売されている[4]。尚、2012年4月1日より、富士急側の担当が富士急行河口湖営業所の閉鎖のため、富士急山梨バス本社営業所に移管された。

停車地編集

富士山五合目は夏季休暇期間に昼間の富士山駅方面行き1本のみ運行[4]
山梨県内は羽田空港方面行きが乗車のみ、富士山駅方面行きが降車のみ[4]
東京都内は羽田空港方面行きが降車のみ、富士山駅方面行きが乗車のみ[4]
羽田空港内の停車順は羽田空港方面行きが第2→第1→国際線、富士山駅方面行きが国際線→第2→第1の順に停車する[4]
1往復は第1第2の各ターミナルを通過する。

その他編集

当路線が開設する前に富士急ハイランド・河口湖から富士山静岡空港へ向かう空港連絡バスが存在した。富士急行の単独路線で富士急ハイランドおよび河口湖から富士宮駅新富士駅および静岡駅南口を経由するもので、富士山駅(当時は富士吉田駅)へは乗り入れていなかった。2009年6月4日の開港日に開設されたこの路線は郡内地方初の空港連絡バスであったが、2010年3月31日を最後に運行休止となった[5]。なお、所要時間は3時間30分から3時間45分とその後開設された羽田空港線の約2時間30分より1時間以上多く要しており[6]、また運賃も羽田空港線と比較して割高であった[6]

出典編集

外部リンク編集