メインメニューを開く

富士本

東京都国分寺市の地名

地理編集

 
「富士本90度遊園」にある東京都の中心(重心)を示す案内看板
 
富士本1丁目から見える富士山

国分寺市西部に位置し、北東は新町及び戸倉、南は日吉町、西は光町高木町及び立川市若葉町、に隣接する。町内は閑静な住宅街である。富士本三丁目は日本数学検定協会が実験的に求めた東京都の重心[注釈 1]があり、近くの富士本90度遊園に看板がある。

武蔵野台地武蔵野面に属しており、南西側の光町が国分寺崖線を挟んで立川面となり急激に低くなっているため、南西方向の富士山が見える地域がある。

地価編集

住宅地の地価は2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば富士本1丁目15番13の地点で29万3000円/m2となっている。

歴史編集

地名の由来編集

富士信仰に基づいて祀られた浅間社があったことにより名づけられた、大字榎戸新田小字富士本が地域の大部分を占めることに由来する。浅間社の社殿は明治10年に台風で倒壊し、祭神が榎戸新田鎮守の愛宕神社へ移された。跡地は富士本わくわく公園(富士本三丁目)となっている[4]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
富士本一丁目 1,164世帯 2,380人
富士本二丁目 432世帯 1,025人
富士本三丁目 591世帯 1,333人
2,187世帯 4,738人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
富士本一丁目 全域 国分寺市立第十小学校 国分寺市立第五中学校
富士本二丁目 全域 国分寺市立第二小学校 国分寺市立第三中学校
富士本三丁目 全域

交通編集

バス編集

道路編集

施設編集

  • 国分寺富士本郵便局

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 島嶼部を除いた本州内の東京都を厚さが一様な板状の物に例えた場合。

出典編集

  1. ^ a b 年齢別及び町名・丁目別世帯人口”. 国分寺市 (2018年1月10日). 2018年1月12日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月12日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月12日閲覧。
  4. ^ 市報国分寺平成19年12月15日号
  5. ^ 町名別通学区域”. 国分寺市 (2017年3月7日). 2018年1月12日閲覧。

外部リンク編集