メインメニューを開く

寝ぼけ署長』(ねぼけしょちょう)は、山本周五郎による日本の連作探偵小説

新青年1946年昭和21年)12月号から1948年(昭和23年)1月号まで連載。全10話。連載当時は作者が山本であることは伏せられており、「覆面作家」名義で発表された。1970年(昭和45年)、『山本周五郎小説全集 別巻3 寝ぼけ署長』(新潮社)として単行本化。山本周五郎作品としては珍しい、大人向けの現代もの探偵小説である。

目次

あらすじ編集

終戦直後に書かれた作品だが、作中の時代設定は戦前となっており、作中に登場する警察機構も内務省時代のものである。

ある地方都市の警察署に、五道三省(ごどう さんしょう)という風変わりな署長が赴任してきた。署でも官舎でも寝てばかりで、口さがない新聞からは「寝ぼけ署長」というあだ名をつけられ、署内でも世間からもお人よしの無能だと思われていた署長だが、5年後に離任することになった際には、署内からも世間からも別れを惜しむ人々が続出し、貧民街では留任運動すら起こされることなった。

五道署長の在任中、犯罪事件は前後の時期の十分の一、起訴件数も四割以上減少していた。そのため「寝ぼけ署長でも勤まる」などと揶揄されていたが、実は切れ者で辣腕家の署長が、いち早く真相を突き止めており、しかも、人情家の署長が、罪を憎んで人を憎まずの精神から、過ちで罪を犯してしまった人間を可能な限り救済しようと、巧妙に工作していたからだったのである。そんな署長の活躍ぶりを、署長の秘書のような役割をつとめていた「私」が回想する。

作品一覧編集

  1. 中央銀行三十万円紛失事件(『新青年』1946年12月号)
  2. 海南氏恐喝事件(1947年1月号)
  3. 一粒の真珠(1947年2月号)
  4. 新生座事件(1947年3月号)
  5. 眼の中の砂(1947年4月号)
  6. 夜毎十二時(1947年5月号)
  7. 毛骨屋けぼねや親分(1947年9月号)
  8. 十目十指(1947年10月号)
  9. 我が歌終る(1947年12月号)
  10. 最後の挨拶(1948年1月号)

当初は全3話の予定だったが、読者人気が高かったため連載を延長した[1]

主な登場人物編集

五道三省(ごどう さんしょう)
ある地方都市の警察署長。署でも官舎でも寝てばかりいるため、毎朝新聞から「寝ぼけ署長」というあだ名をつけられた。年齢は40-41歳くらい。太っており、二重あごで腹のせり出た鈍重そうな体つき。独身。
一見するとぐうたらな無能者にしか見えないが、じつは極めて有能で、たいていの仕事は1時間もあれば片づけてしまうため、暇をもて余して寝ている、というのが真相である。すさまじい読書量の持ち主で、の三か国語のほか、漢文も読みこなせる。愛読書は詩、詩論、文学史などの評論書。
極度の人情家で、罪を憎んで人を憎まずの精神を徹底させている。そのため、事件の摘発よりもソフトランディングの方を優先しており、そのためなら時には違法行為すらも厭わない。
赴任してくる前は警視庁で13年間を過ごしたが、その際は警視総監も手を焼く横紙破りで通し、善しと信じたら司法大臣と組み打ちしてもやりぬいてきた。そのため、3度も官房主事に推されながら、3度とも棒に振っている。桃井裁判所長は学校の後輩、渡辺検事正は同期生であり、財部知事と三人で五道を警察署長として呼び寄せた(「毛骨屋親分」)。
本作の語り手。独身。五道署長の秘書のような役割を果たしている。
太田(おおた)
署の司法主任。
青野庄助(あおの しょうすけ)
毎朝新聞社会部の記者。「寝ぼけ署長」の名づけ親で、他にも「嗜眠性脳炎おやじ」というあだ名をつけている。口が悪いが、「私」からは「正義感のつよい信頼のできる男」と評されている(「新生座事件」)。五道署長の真の手腕を知ってからは熱狂的なファンとなる。

単行本編集

テレビドラマ編集

関西テレビ放送制作でテレビドラマ化され、「花王名人劇場」で1984年から1985年まで単発で放送された。主演は若山富三郎

ぐうたらでいつも居眠りばかりのため『寝ぼけ署長』とあだ名されている警察署長・五道三省(ごみちさんしょう)の人情ドラマ。

主要キャスト編集

作品名・ゲスト出演者編集

放送日 作品名 脚本 演出 出演者
1984年2月5日 寝ぼけ署長〜居眠り春一番 中井多津夫 岡林可典 大空真弓加藤治子中条静夫頭師孝雄
1984年3月11日 寝ぼけ署長〜春に目覚める子供たち 水谷竜二 久米明丹古母鬼馬二
1984年6月10日 寝ぼけ署長〜医学部教授編 中井多津夫 池波志乃新克利高品格
1984年7月15日 寝ぼけ署長〜悪徳弁護士編 水谷竜二 藤吉久美子水島道太郎天田俊明
1984年11月25日 寝ぼけ署長〜'84秋 結婚詐欺にご用心 畑嶺明 ジュディ・オング長谷川明男
1985年1月20日 寝ぼけ署長〜初春一番船出の朝に 水谷竜二 范文雀山口央理絵大坂志郎織本順吉

脚注編集

  1. ^ 細川正義、「解説 人間愛を貫いた推理と解決」 『山本周五郎長篇小説全集 第二十三巻 寝ぼけ署長』 新潮社、2014年11月25日、347頁。ISBN 978-4-10-644063-2