メインメニューを開く

寺西 重郎(てらにし じゅうろう、1942年12月28日 - )は日本の経済学者。専門は金融史。一橋大学名誉教授。紫綬褒章受章、日本学士院賞受賞。

目次

概要編集

広島県因島市土生町(現尾道市因島土生町)で、三和ドック創業者寺西儀正の長男として生まれる。寺西正司(元UFJ銀行頭取)は長弟、三和ドック社長を継いだ寺西勇は次弟。兄弟3人とも広島県立因島高等学校出身[1]

イェール大学客員教授、オーストラリア国立大学客員教授、一橋大学経済研究所長、一橋大学副学長、大学評価・学位授与機構特任教授、日本銀行金融研究所客員研究員、東京大学日本経済国際共同研究センター運営諮問会議委員、文部科学省高等教育局科学官、財団法人日本経済研究所理事等を歴任。

2009年紫綬褒章受章。2016年瑞宝中綬章受章。

藤野正三郎の弟子。弟子に武田浩一(法政大学教授)、三重野文晴(京都大学教授)[2]北川浩成蹊大学学長)[3]等。

学歴編集

職歴編集

受賞・叙勲編集

著書編集

  • 『日本の経済発展と金融』岩波書店 一橋大学経済研究叢書 1982
  • 『工業化と金融システム』東洋経済新報社 1991
  • 『経済開発と途上国債務』東京大学出版会 1995
  • 『日本の経済システム』岩波書店 2003
  • 『戦前期日本の金融システム』岩波書店 2011
  • 『経済行動と宗教: 日本経済システムの誕生』勁草書房 2014
  • 『日本型資本主義』その精神の源 中央新書 2018

共編著編集

  • 『国際金融・貿易講義』大山道広共編 東洋経済新報社 統計研究会叢書 1989
  • 『戦後日本の経済改革 市場と政府』香西泰共編 東京大学出版会 1993
  • Markets and Government : in Search of Better Coordination 尾高煌之助共編 丸善,c1998.Economic research series
  • 『転換期の東アジアと日本企業』青木昌彦共編著 東洋経済新報社 2000
  • 『日本金融の数量分析』藤野正三郎共著 東洋経済新報社 2000
  • 『アジアのソーシャル・セーフティネット』一橋大学経済研究所経済制度研究センター編 責任編集 勁草書房 2003
  • 『コーポレート・ガバナンスの経済分析 変革期の日本と金融危機後の東アジア』花崎正晴共編 東京大学出版会 2003
  • 『アジアの経済発展と金融システム』福田慎一,奥田英信,三重野文晴共編 東洋経済新報社 2007-08
  • 『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策 7 構造問題と規制緩和』内閣府経済社会総合研究所企画・監修 編 慶應義塾大学出版会 2010
  • 『エコノミストの戦後史 日本経済50年の歩みを振り返る』小峰隆夫,岡崎哲二,松島茂,中村尚史,中林真幸,日本経済研究センター50年史編纂委員会共編 日本経済新聞出版社 2013

出典編集

外部リンク編集