メインメニューを開く

小坂 敏彦(こさか としひこ、1947年9月17日 - )は、香川県木田郡牟礼町出身で、読売ジャイアンツと日拓ホームフライヤーズ(日本ハムファイターズ)に所属したプロ野球選手投手)である。

小坂 敏彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県木田郡牟礼町(現:高松市
生年月日 (1947-09-17) 1947年9月17日(72歳)
身長
体重
172 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト1位
初出場 1970年7月24日
最終出場 1976年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

高松商業高校では1965年、3年次にエースとして春夏連続で甲子園に出場した。第37回選抜大会では2回戦で米子東高校打線を完封。次の試合でもPL学園打線も2点に抑え快勝。準決勝で藤田平らがいた市和歌山商業高校に1-3で敗れたが、ベスト4入りを果たした。夏の第47回選手権大会では優勝候補に挙げられたが、1回戦で三池工業高校上田卓三との延長13回に及ぶ投げ合いの末、1-2хとサヨナラ負けを喫した[1]。三池工業はその後勝ち進み、「初出場初優勝」という快挙を成し遂げた。

高校卒業後は、早稲田大学に進学。東京六大学リーグでは在学中、2度優勝を果たす。同期には谷沢健一荒川尭小田義人などが居り後に7人がプロ入りした。3年生になった1968年秋季リーグで、早稲田は田淵幸一らを擁した法政に競り勝ち、4シーズンぶり通算24回目の優勝を飾る[2]。エースとして先発にリリーフに大車輪の活躍を見せた小坂は、優勝が懸かった最終週の早慶戦で2試合を投げていずれも完投勝ちし「胴上げ投手」となりベストナインも獲得。1969年第8回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。リーグ通算36試合登板、22勝6敗、防御率1.68、218奪三振。

1969年のドラフト会議で、読売ジャイアンツに1位指名され、入団。プロ1年目は1勝に終わったが、2年目からは2勝、4勝と勝ち星を増やした。

4年目のシーズンに備える1973年春季キャンプの1週間前に、高橋善正との交換トレードで、渡辺秀武と共に日拓ホームフライヤーズへ移籍した。だがこの頃すでに、肘に違和感を抱えており思い通りの投球ができずにいた。1975年には2セーブを記録し、1976年に4年ぶりの勝ち星を挙げたが、活躍できず同年オフに引退[3]。引退後は、保険会社に勤務した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1970 巨人 6 0 0 0 0 1 1 -- -- .500 34 8.0 4 1 7 0 0 4 1 0 5 4 4.50 1.38
1971 17 2 0 0 0 2 2 -- -- .500 154 36.0 26 6 19 0 1 34 1 0 22 22 5.50 1.25
1972 23 8 1 0 0 4 4 -- -- .500 300 70.0 66 9 31 1 0 40 0 0 31 30 3.86 1.39
1973 日拓
日本ハム
7 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 47 12.0 4 2 11 0 2 6 0 0 5 4 3.00 1.25
1974 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2.1 5 3 1 0 0 3 0 0 6 6 27.00 2.57
1975 26 1 0 0 0 0 0 2 -- ---- 52 12.0 12 1 6 0 0 8 1 0 7 6 4.50 1.50
1976 22 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 130 30.2 33 4 14 0 0 15 1 0 18 18 5.23 1.53
通算:7年 105 12 1 0 0 9 8 2 -- .529 730 171.0 150 26 89 1 3 110 4 0 94 90 4.74 1.40
  • 日拓(日拓ホームフライヤーズ)は、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

記録編集

背番号編集

  • 13 (1970年 - 1971年)
  • 24 (1972年 - 1976年)

脚注編集

関連項目編集