メインメニューを開く

上田 卓三(うえだ たくぞう、1948年7月12日 - )は、福岡県大牟田市出身の元プロ野球選手投手)。

上田 卓三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大牟田市
生年月日 (1948-07-12) 1948年7月12日(71歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第一次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

原貢が監督を務めた三池工業高校の出身。1965年第47回全国高等学校野球選手権大会に2年生ながらエースとして出場。初戦からの4試合を完投勝利、決勝に進む。銚子商との決勝でも、木樽正明との投手戦を2-0で制し、完封で優勝を飾る[1]。しかし同年の岐阜国体は、準決勝で銚子商の木樽に完封を喫する。翌1966年夏は県予選準々決勝で横山晴久のいた小倉工に延長11回敗退。

同年秋、第1次ドラフト1位指名で南海ホークスへ入団。リリーフを中心に活躍するが、1970年以降は、他の左腕投手が村上雅則しかいないこともあり、ローテーションの谷間に先発もこなす。同年10月2日には近鉄を相手に先発、清俊彦と投げ合い初完投勝利を記録した。

その後、1975年オフに阪神タイガースへ金銭譲渡されるも、1977年暮れに金銭トレードで南海ホークスに復帰。当初は復帰と同時に引退してマネジャーを務めたが、1978年のシーズン開幕後に投手不足で一時的に現役に復帰。オフに再度現役を引退した。スライダー、カーブシュート、チェンジアップが武器。

引退後は南海ホークスのフロントに所属し、管理部や編成部のスタッフを務めた。

球団が自身の故郷でもある福岡に移転し「福岡ダイエーホークス」とチーム名が変わった後も、フロントの業務に従事した。

現役時代の愛称は「ジージョ」(耳が大きいことから、トッポ・ジージョになぞらえられた)。

通算で被満塁本塁打を5本記録しているものの、満塁本塁打を打たれた試合でのチームの勝敗は4勝1分の負け知らず[2]で、宇佐美徹也はその幸運ぶりを「神がかりともいうべき珍記録」と評している[3]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1967 南海 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 5 1.0 1 1 1 0 0 1 0 0 1 1 9.00 2.00
1968 23 2 0 0 0 1 3 -- -- .250 128 28.0 36 2 10 1 0 18 1 0 19 17 5.46 1.64
1969 6 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 46 11.0 12 1 2 0 0 10 0 0 6 4 3.27 1.27
1970 44 5 1 0 0 3 2 -- -- .600 475 116.0 89 12 37 1 7 69 3 0 46 41 3.18 1.09
1971 34 3 0 0 0 2 4 -- -- .333 323 76.0 64 13 32 3 4 27 1 0 35 32 3.79 1.26
1972 8 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 53 10.2 16 1 4 0 1 5 0 0 11 8 6.55 1.88
1974 32 0 0 0 0 4 3 1 -- .571 259 63.2 51 6 26 3 0 24 1 1 24 16 2.25 1.21
1975 20 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 169 43.1 31 4 10 1 4 23 0 0 14 10 2.09 0.95
1976 阪神 24 0 0 0 0 3 0 0 -- 1.000 136 30.1 38 4 7 0 2 13 0 0 15 14 4.20 1.48
1977 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.2 4 0 1 0 0 0 0 0 1 1 1.80 1.07
1978 南海 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 8.2 7 1 1 0 1 4 0 0 5 5 5.00 0.92
通算:11年 205 10 1 0 0 13 13 2 -- .500 1646 393.1 349 45 131 9 19 194 6 1 177 149 3.41 1.22

背番号編集

  • 11 (1967年 - 1975年)
  • 3 (1976年 - 1977年)
  • 50 (1978年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ スコアはそれぞれ11対9、8対5、17対14、13対13、12対10
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」455ページ

関連項目編集