メインメニューを開く

小田 義人(おだ よしひと、1947年5月22日 - 2018年6月5日[1])は、静岡県静岡市出身[2]プロ野球選手内野手)・コーチ

小田 義人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1947-05-22) 1947年5月22日
没年月日 (2018-06-05) 2018年6月5日(71歳没)
身長
体重
179 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1972年 ドラフト2位
初出場 1973年4月19日
最終出場 1983年10月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1991 - 1994)

目次

経歴編集

進学校の静岡高校では、1963年夏の甲子園に一年生で出場、2回戦で銚子商に敗退。1965年春の甲子園では準々決勝で平松政次率いる岡山東商に敗れた[2]。同期に服部敏和佐藤竹秀がいる。同年のドラフト会議では阪急から6位指名を受けたが拒否して早稲田大学に進学した[2]

東京六大学リーグでは1968年秋季リーグで優勝、一塁手としてベストナインに選ばれた。このときのベストナインは三塁手は富田勝法政)、遊撃手は荒川尭(早稲田)、外野手は山本浩二(法政)、谷沢健一(早稲田)と後にプロ入りする選手が多く選ばれている。リーグ通算75試合出場、294打数73安打、5本塁打、35打点、打率.248。

大学卒業後の1970年大昭和製紙に入社し、1971年産業対抗で優勝、最優秀選手に選ばれる。1972年都市対抗では日本楽器に補強され、チームの中心打者として初優勝に貢献。同年の第20回アマチュア野球世界選手権日本代表となる。社会人ベストナインにも二度選出された。

1972年のドラフト2位指名を受けヤクルトアトムズに入団[2]。新人ながら一塁手のレギュラーを任されるが打撃成績は低迷、1974年シーズンオフに大杉勝男との交換トレードで内田順三とともに日本ハムファイターズに移籍した[2]。移籍一年目の1975年は開幕から好調を維持し、4月後半には四番打者に定着。白仁天太平洋)と首位打者を争うも、白の.3193に対し小田は.3187と僅差で首位打者のタイトルを逃した[2]。この年には自己最多の16本塁打を記録している。長打力はあまりないが、しぶとい打撃で打点を稼ぎ、中心打者として活躍した。

1977年シーズンオフ、柏原純一との交換トレードで杉田久雄とともに南海ホークスに移籍[2]、南海でも一年目はレギュラーとして102試合に出場するが、その後は片平晋作にポジションを譲る。南海時代のニックネームは背番号9である事から小田急電鉄に因んで『小田急(9)』だった。1981年シーズンオフに南海を自由契約になり近鉄バファローズに移籍し1983年限りで現役を引退した[2]

極度の近視で眼鏡がトレードマークだった。

引退後編集

引退後、1984年から1990年には近鉄のスカウトを務め、静岡高校の後輩である赤堀元之を見出だした。1991年から1993年には古巣・ヤクルトの二軍打撃コーチ、1994年には二軍育成コーチを務めた。1995年からはヤクルトのスカウトとなり、早稲田の後輩である青木宣親武内晋一の入団に尽力。後にスカウト部長を務めた[2]

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[3]

2018年6月5日、肺がんのため死去[1]。71歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1973 ヤクルト 82 157 148 11 32 5 0 3 46 13 1 4 1 0 8 0 0 36 1 .216 .256 .311 .567
1974 73 184 170 15 34 11 0 6 63 24 0 2 1 2 8 1 3 30 6 .200 .246 .371 .616
1975 日本ハム 122 432 411 48 131 12 0 16 191 53 4 2 1 5 13 0 2 37 17 .319 .339 .465 .803
1976 127 506 463 43 130 17 6 10 189 55 9 7 7 2 28 3 6 45 15 .281 .329 .408 .737
1977 120 398 377 41 99 17 0 8 140 29 8 6 3 3 8 0 7 32 7 .263 .289 .371 .660
1978 南海 102 328 298 19 70 9 0 5 94 25 3 2 6 3 12 3 9 28 11 .235 .283 .315 .598
1979 63 128 118 11 20 2 0 3 31 9 0 0 1 1 7 1 1 12 3 .169 .220 .263 .483
1980 69 177 158 16 38 6 0 8 68 25 3 0 4 3 11 0 1 16 10 .241 .289 .430 .719
1981 29 44 39 4 6 1 0 1 10 5 0 0 1 0 3 0 1 4 0 .154 .233 .256 .489
1982 近鉄 60 146 133 13 36 6 0 7 63 29 0 1 2 2 5 0 4 26 2 .271 .313 .474 .786
1983 40 82 69 5 14 0 0 0 14 7 0 1 1 0 12 0 0 11 2 .203 .321 .203 .524
通算:11年 887 2582 2384 226 610 86 6 67 909 274 28 25 28 21 115 8 34 277 74 .256 .297 .381 .678
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 7 (1973年 - 1974年)
  • 6 (1975年 - 1977年)
  • 9 (1978年 - 1981年)
  • 37 (1982年 - 1983年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ヤクルト元スカウト部長、小田義人氏が肺がんで死去 早大後輩青木宣親の指名に尽力”. デイリースポーツ (2018年6月5日). 2018年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、130ページ
  3. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集