メインメニューを開く

小坂 梅吉(こさか うめきち、1873年明治6年)11月8日[1] - 1944年昭和19年)12月2日[2])は、日本の実業家、政治家。

経歴編集

父の小坂駒吉は信州伊那から江戸に上り、上野輪王寺御用商人となり、1872年(明治5年)に銀座に「松本楼」を開業した。父の事業を受け継ぎ、日比谷公園の整備に伴う入札で「日比谷松本楼」を開いた。さらに「大松閣」「大正軒」などの関連店舗を設立した。

また政界にも進出し、京橋区会議員、同議長、東京市会議員、同参事会員に選出され、非政友会の長老として重きをなした。

1936年(昭和11年)、第19回衆議院議員総選挙立憲民政党から出馬し、当選を果たした。1939年(昭和14年)には貴族院多額納税者議員に選出された。

その他、新橋演舞場株式会社専務取締役、磐城炭鉱株式会社取締役を務めた。

孫文の支援者で、日活の創業者・梅屋庄吉は姻戚である。

親族編集

子に銀座6丁目、銀座松本楼があった場所に建てられた旧小松ストアー(現 ギンザコマツ)創業者の小坂武雄らがいる。庶子外務省庁舎を設計し、KDDIビルホテルオークラ設計に携わった小坂秀雄らがいる。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、2頁。
  2. ^ 参考文献『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』239頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『大信濃』長野県人東京聯合会、1940年。