小堀阿吉雄

小堀明男から転送)

小堀 阿吉雄(こぼり あきお、1920年3月5日 - )は日本俳優東京市(現在の東京都)出身。本名は堀江 計作(ほりえ けいさく)。別名は小堀 明男小堀 阿吉男

こぼり あきお
小堀 阿吉雄
本名 堀江 計作
別名義 小堀 明男
小堀 阿吉男
生年月日 (1920-03-05) 1920年3月5日(97歳)
出生地 日本の旗 日本東京市(現在の東京都
ジャンル 俳優
活動期間 1924年 - 1970年代
活動内容 映画テレビドラマ舞台
配偶者 小堀よね子
著名な家族 小堀誠(父)
主な作品
次郎長三国志』シリーズ

目次

家族編集

経歴編集

4歳で新派の舞台を踏む。文京区立金富小学校から1926年京華中学校に入学。1930年に中退し井上正夫に師事し俳優を目指す。1941年に横須賀重砲連隊に入隊。同年小堀よね子と結婚。1945年12月に復員し1947年7月に東横映画にスカウトされ、同年12月の片岡千恵蔵主演の映画『三本指の男』に小堀明男の芸名でデビュー。

1948年4月に正式入社。1951年大映京都撮影所に移籍。1952年3月に東宝で脇役として出演した後、同年12月のマキノ雅弘監督の映画『次郎長売り出す』の主演に抜擢。以後、『次郎長三国志』のタイトルで傑作シリーズとなった。

1957年9月にフリーとなって大映松竹新東宝の時代劇を中心に数多くバイプレイヤーとして出演した。しかし、1970年の日活ニュー・アクション『斬り込み』を最後に映画界を離れ、舞台に専念した。芸名は1959年小堀阿吉雄と改名。1961年明男に戻すも1976年阿吉男と改名した。

代表作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

参考文献・出典編集