小幡 治和(おばた はるかず、1905年1月2日 - 1998年7月29日)は、昭和期日本政治家内務省官僚を経て、官選35代福井県知事、公選初代福井県知事(在任期間は1947年4月16日1955年2月4日、2期8年)、参議院議員を歴任した。福井県知事時代には「福井県章」ならびに「福井県民歌」を制定した。

経歴編集

親族編集

著書編集

  • 『素顔の欧米』(1953年2月)

関連項目編集

議会
先代:
増原恵吉
  参議院地方行政委員長
1961年 - 1962年
次代:
小林武治