小木曾荘(おぎそのしょう)は、美濃国恵那郡木曾地域)にあった荘園。現在の長野県木曽郡南木曽町上松町大桑村付近と推定される。

木曾地域の所属については信濃国・美濃国の間で争いがあり、公式に美濃国恵那郡から信濃国筑摩郡に移されたのは中世後期と推定されている(詳細は恵那郡を参照のこと)ため、本項目では美濃国の荘園として扱う(現在の木曽郡の成立は明治時代のことである)。

文献としての初出は鎌倉時代永仁6年(1298年)で、当初は仁和寺無量寿院領であったが、元徳2年(1330年)に禅助中院通成の子)が没した際に門人である高山寺仁弁に譲られて高山寺領となった[1]

ただし、この地の地頭である真壁氏(俗に「美濃真壁氏」「小木曾真壁氏」)について、隣の遠山荘の地頭になった加藤景廉の娘が常陸国真壁荘真壁友幹の継室となり、その所生の男子・薬王丸(成人後の諱は不詳)が真壁氏本宗家から分かれて小木曾荘に入ったとみられているため、その歴史は少なくても鎌倉時代初期まで遡る[2][3][4]

また、通説では木曾谷南部に小木曾荘、北部には大吉祖荘があったと考えられているが、所三男は、「大(オホ)」と「小(ヲ)」を音韻の混同と捉え、小坂が大坂に発音・表記が変化したように、小木曾荘が大吉祖荘とも呼ばれたのではないか(つまり、同一の荘園である)とする説を唱えている(大吉祖荘は『吾妻鏡文治2年3月12日条に登場する)[3]。また、異説として飛騨国大野郡小木曾村(現在の岐阜県高山市丹生川地区)の誤りとする説もあるが、飛騨国とした文献・記録は確認できない[2]

小木曾荘には吉野・永野・水野の3つのがあったのが知られているが、現在の通説では、吉野保は上松町吉野、永野保は大桑村大字長野、水野保は南木曽町三留野と推定されている[1]

南北朝時代貞和2年(1346年)に室町幕府は同地の地頭である真壁政幹建武4年(1337年)以来、小木曾荘の年貢勘料を領主に納めていないとして、これを納めるように命じている(尊経閣文庫所蔵貞和2年3月2日付足利直義下知状)[1][5]。また、観応3年(1352年)頃には政幹の一族と思われる真壁光幹が小木曾荘にいたことを示す文書(『真壁文書』16号「観応三年真壁光幹相博状」)も存在している。政幹と光幹の関係については後述する[1][6][7][8]

それから間もなく(14世紀後半)には、木曾氏が小木曾荘に侵入して勢力を広げたと考えられている[9]が、小木曾荘のその後については不明となっている[1]

前述の真壁光幹に関して、従来の通説は漠然と地頭・真壁政幹の一族でその代官であったと漠然と考えられてきた[1][6]。ところが、その後の常陸真壁氏の研究の結果、小木曾荘の真壁氏の系統に属する真壁政幹とその孫にあたる広幹足利尊氏に従って東国に下向して常陸に入り、後に真壁氏の本宗家から宗家の地位を奪うことになったと考えられるようになった。そして、光幹こそが本来の本宗家の生き残りと考えられ、常陸国真壁荘と美濃国小木曾荘の所領の相博(交換)という名目で真壁から追われて小木曾荘に押し込められたとする見方がされるようになった[4][7][8]。この説が事実であれば、14世紀後半に小木曾荘の地頭真壁氏は本貫である真壁荘に移住して戦国武将真壁氏幹を経て秋田藩佐竹氏家臣となったことになり、半ば放棄された小木曾荘に木曾氏が侵入したことになる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『長野県の地名』「小木曾庄」
  2. ^ a b 清田『日本史大事典』「小木曾荘」
  3. ^ a b 所三男『近世林業史の研究』。P508.「大吉祖荘と小木曾荘」
  4. ^ a b 清水亮 総論Ⅱ「鎌倉期における常陸真壁氏の動向」『常陸真壁氏』戒光祥出版〈シリーズ・中世関東武士の研究 第一九巻〉、2016年。ISBN 978-4-86403-195-0
  5. ^ 所三男『近世林業史の研究』。P509-512.「高山寺領小木曾荘」
  6. ^ a b 所三男『近世林業史の研究』。P512-513.「小木曾荘の領域」
  7. ^ a b 山田邦明「常陸国真壁氏の系図に関する一考察」(初出:中世東国史研究会 編『中世東国史の研究』(東京大学出版会、1988年)/所収:山田『鎌倉府と地域社会』(同成社、2014年)ISBN 978-4-88621-681-6
  8. ^ a b 海津一朗「南北朝内乱と美濃真壁氏の本宗家放逐」(初出:『生活と文化』4号(1990年)/所収:清水亮 編『シリーズ・中世関東武士の研究 第一九巻 常陸真壁氏』(戒光祥出版、2016年)ISBN 978-4-86403-195-0
  9. ^ 笹本正治「武田氏進入以前の木曾氏について」(初出:『信濃』42巻3号(1990年)/所収:笹本『戦国大名武田氏の研究』(思文閣出版、1993年)) 1993年、P176-177.

参考文献編集

  • 清田善樹「小木曾荘」(『日本史大事典 1』(平凡社、1992年)ISBN 978-4-582-13101-7
  • 『日本歴史地名大系 20 長野県の地名』平凡社、1979年。ISBN 4582490204。P527.「小木曾庄」
  • 所三男『近世林業史の研究』吉川弘文館、1980年。ISBN 9784642042505。P506-516.第三篇第一章第三節「小木曾荘の成立と地頭・領家」