メインメニューを開く

小林 まこと(こばやし まこと、1958年5月13日 - )は、日本漫画家新潟県新潟市出身。本名は小林誠。主に講談社の漫画雑誌にて執筆。プロレス格闘技好きで知られる。

小林 まこと
本名 小林 誠
(こばやし まこと)
生誕 (1958-05-13) 1958年5月13日(60歳)
日本の旗 新潟県新潟市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1978年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 1・2の三四郎
What's Michael?
柔道部物語
受賞 第5回講談社漫画賞少年部門(『1・2の三四郎』)
第10回講談社漫画賞一般部門(『What's Michael?』)
公式サイト http://www.konbayashi.com
テンプレートを表示

歌手の小林幸子と親戚である。

目次

経歴編集

郷里では小ん林(こんばやし)と呼ばれる。小学生の頃から漫画を200ページほどペン入れしていたが、楳図かずおの影響が濃い少女漫画風恐怖漫画ばかりだった[注 1]。作品タイトルには野山の遊び相手の一人であるヘビの名ばかりを使い、作品の主題歌まで作っていた。黒埼町立(現:新潟市立)黒埼中学校時代も続けてヘビの名を使った作品を描き、その作品で『りぼん』の新人賞に応募して努力賞に入賞、その賞金5千円で学生服を買う。

新潟県立新潟商業高等学校時代は柔道部に入り、その経験が『格闘三兄弟』『柔道部物語』など後の作品に生きた[1]。柔道を続けながら、やはりヘビの名を使った144ページの怪奇物の大作『シロマダラ』を描き、高校2年生の時小学館に持ち込む。この作品はプロデビュー後に編集者の栗原良幸に見込まれ、描き直しの上「月刊少年マガジン」で大々的に連載したが、無理なスケジュールが祟って中断となった。

高校卒業後、上京する。望月三起也に頭を下げてアシスタントにしてもらうも、本人曰く「きつい」とのことで2ヶ月で退職した。漫画以外のアルバイトを1ヶ月続けては、きつくて辞めるを繰り返す。この間に描きあげた怪奇物の作品で各誌に持ち込みを行うもどこからも採用されず、ついに小学生時代から描き続けてきた恐怖漫画を断念する[1]

そこで開き直って、音楽バンドをテーマにしたコメディ漫画『格闘三兄弟』を、子供の頃から好きだった「週刊少年マガジン」に持ち込むと、編集者の工富保にそのキャラクターを見込まれる。そして、工富に話した「高校時代、柔道部の試合でブレーンバスターをかけられて負けた」という実体験をヒントに、格闘技をテーマにして新たに描き直した『格闘三兄弟』で第20回週刊少年マガジン新人漫画賞に応募する[注 2]。この時の「週刊少年マガジン」は創刊1000号記念で、賞金が普段の30万円から、100万円+ステレオセットというビッグプライズになっていた。当初小野新二が有利と見られていたが、小林の応募で受賞者選びは難航した。最後は決選投票で小林の入選(1位)が決まり、1978年に同誌でデビューを果たした[注 3]

『格闘三兄弟』掲載後、引き続き同誌でこの作品の主要キャラクター達を登場人物とした『1・2の三四郎』の連載を始める。この作品で、1982年に第5回講談社漫画賞少年部門を、『週刊少年マガジン』連載の漫画家としては史上最年少の23歳で受賞した。1995年には、市川徹監督、佐竹雅昭主演により映画化されている。

What's Michael?』は、アニメ化・CMテレビドラマ化されるだけでなく、日本国外にも輸出されるほどのヒット作となり、1987年に第10回講談社漫画賞一般部門を受賞した。

体力的な問題で一時期漫画家を引退していたが、『JJM 女子柔道部物語』の執筆のために復帰した。[2]

作品編集

その他編集

  • 1979年頃に小野新二が結婚した際、その二次会会場でアルバイトをしていた女性が、小林の妻となっている。
  • 『1・2の三四郎』連載開始後すぐ、遅筆の漫画家として知られるようになる。自伝漫画の『青春少年マガジン』によると、週刊漫画を1話描くのに8日を要し、連載中に穴を開けることも珍しくなく、それが休載扱いでなく誌面で堂々とネタになるほどであった。本当に病気で休載したのは、『シロマダラ』が連載不可能になった時だけであるという。他にも新人賞や講談社漫画賞の授賞式で遅刻をしている。一時は江口寿史に次ぐ「日本で2番目に締切を守らない漫画家」の名を譲らなかったが、その後は執筆作品の移行などにより、最も酷かった時期からは立ち直っている。
  • その作風から豪快で饒舌な人物と思われがちだが、実際は沈思黙考するタイプであるという。
  • 趣味はバンド活動、昭和30年代の映画を観ること、壊れやすい車に乗ること。
  • 『青春少年マガジン』では、小学校時代から『三四郎』連載中まで多数の資料が発掘されており、物は比較的捨てずにためる主義である人物であることがわかる。
  • ベーシストとしても活動しており、2014年には全曲を自身で作曲したオールインストルメンタルのCDアルバム「KONBAYASHI 1」を発売。

師匠編集

アシスタント編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 少女漫画だったのは漫画好きの友人の影響である。
  2. ^ この頃のコメディ作品には、『いなかっぺ大将』など川崎のぼるの影響が見られる。
  3. ^ 小林によると、小野は後々まで「どうせ俺は(佳作だから)10万円とテレビゲーム」と皮肉っていたという。佳作同期にはもろが卓ガスコン金矢)がいた。また、小野と共に「新人三バカトリオ」と呼ばれることになる、大和田夏希もこの賞を狙っていたが、原稿が間に合わなかった。

出典編集

外部リンク編集