メインメニューを開く

小林 竜雄(こばやし たつお、1952年 - )は、日本の脚本家評論家

東京都生まれ。別名・小林竜夫早稲田大学卒。1978年、脚本「もっとしなやかに、もっとしたたかに」で城戸賞に準入賞。翌年、藤田敏八によって映画化され、以後、脚本、評論を手がける。

目次

著書編集

  • 『オトコの居場所』青春出版社、1994
  • 向田邦子の全ドラマ 謎をめぐる12章』徳間書店、1996 「向田邦子ワールドの進化 没後20年を迎え、今初めて明かされるドラマと小説の謎」小学館文庫
  • 『向田邦子最後の炎』読売新聞社、1998 のち中公文庫
  • 司馬遼太郎考 モラル的緊張へ』中央公論新社、2002 「司馬遼太郎が書いたこと、書けなかったこと」小学館文庫
  • 『向田邦子恋のすべて』中央公論新社、2003 のち文庫
  • 『韓流、純愛、初恋病。 喪失感を抱いて生きること』中央公論新社、2005
  • 久世光彦vs.向田邦子』 2009 朝日新書
  • 『向田邦子名作読本』2011 中公文庫

脚本作品編集

映画編集

1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1985年

テレビドラマ編集

参考編集