カリブ・愛のシンフォニー

カリブ・愛のシンフォニー』(カリブ・あいのシンフォニー)は、1985年4月13日に公開された東宝配給の日本映画松田聖子の主演第4作品目。

カリブ・愛のシンフォニー
CARIBE, Sinfonía de Amor
監督 鈴木則文
脚本 小林竜雄
志村正浩
鈴木則文
製作 小林桂子
製作総指揮 相澤秀禎
出演者 松田聖子
神田正輝
音楽 小六禮次郎
主題歌 松田聖子「Caribbean Wind
撮影 岸本正広
編集 小川信夫
製作会社 東宝映画
サンミュージック
配給 東宝
公開 日本の旗 1985年4月13日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
スペイン語
テンプレートを表示

ストーリー編集

23歳のファッションデザイナー・沢木彩は、15年前に家出した父を探しにメキシコカリブへと旅立った。到着した空港で出会った特派員・松永治と建築家ミツアキ・フカヤの案内で父を探す旅に出たものの、父は既に他界していたことを知る。悲しみを乗り越えデザイン画を描き続ける彩は、スタイリストの親友・宮尾由香里の知り合いだった国際的ファッションデザイナー・最首俊輔に認められるようになる。歓びの中トゥルム遺跡に行ったミツアキと彩は、遺跡の中に残されている愛の伝説を知り、恋に落ちる。

ところが、ミツアキの仕事場の所長の娘であるイルマがミツアキと婚約することを知って、彩はショックを受けメキシコシティへ戻ろうとする。闘牛場に居た彩を見つけたミツアキの決心は…?

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

さびしんぼう

関連商品編集

外部リンク編集