メインメニューを開く

小牛田町(こごたちょう)は、宮城県の北部遠田郡に位置していたである。町を南北に縦断する東北本線から、陸羽東線石巻線が分岐し、鉄道の町として栄えてきた。2006年1月1日に、南郷町合併し、美里町となった。

小牛田町
Flag of Kogota Miyagi.svg
小牛田町旗
Kogoda Miyagi chapter.JPG
小牛田町章
1955年1月1日制定[1]
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
小牛田町南郷町美里町
現在の自治体 美里町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
遠田郡
団体コード 04503-9
面積 35.54km2
総人口 19,602
推計人口、2005年12月1日)
隣接自治体 古川市
遠田郡 田尻町涌谷町南郷町
志田郡 松山町
町の木 ヒマラヤスギ
町の花 サルビア
小牛田町役場
所在地 987-0005
宮城県遠田郡小牛田町北浦字駒米13番地
座標 北緯38度32分39.7秒
東経141度3分24.1秒
小牛田町位置図
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

宮城県北部に位置する町である。町域はほぼ平坦であり、約60%を田畑(主に水田)が占める。町の北部を江合川が、町の南部を鳴瀬川が流れている。

隣接していた自治体(大崎地域)編集

歴史編集

北浦字山前に縄文時代早期~中期と、古墳時代平安時代の集落跡が複合している山前遺跡があり、古くは縄文時代から集落があったことが判明している[2]

沿革編集

行政編集

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 森亮三郎 明治22年(1889年)4月23日 明治26年(1893年)4月22日
2 菅原茂 明治26年(1893年)4月24日 明治30年(1897年)4月23日
3 斎藤源之助 明治30年(1897年)4月24日 明治30年(1897年)10月30日
4 小野寺敬雄 明治30年(1897年)11月26日 明治32年(1899年)5月3日
5 瀬川広志 明治32年(1899年)5月12日 明治33年(1900年)9月3日
6 木村禎之介 明治33年(1900年)10月1日 明治34年(1901年)7月27日
7 男沢成美 明治35年(1902年)9月23日 明治39年(1906年)2月20日
8 木村禎之介 明治39年(1906年)5月21日 明治40年(1907年)3月31日
  • 歴代町長
昭和の合併以前
氏名 就任 退任 備考
1 木村禎之介 明治40年(1907年)4月1日 大正2年(1913年)3月24日 村長より留任
2 伏見新之助 大正2年(1913年)6月24日 大正9年(1920年)1月12日
3 本間孝太郎 大正9年(1920年)2月3日 昭和3年(1928年)2月2日
4 木村宰亮 昭和3年(1928年)2月28日 昭和8年(1933年)11月29日
5 今野貞松 昭和8年(1933年)11月30日 昭和16年(1941年)11月7日
6 鎌田謙吉 昭和16年(1941年)12月2日 昭和18年(1943年)12月3日
7 三田村暹孝 昭和18年(1943年)12月29日 昭和21年(1946年)8月14日
8 沼津秀男 昭和21年(1946年)8月15日 昭和22年(1947年)10月26日
9 今野慶太郎 昭和23年(1948年)12月20日 昭和29年(1954年)3月31日
昭和の合併以後

初代 - 今野慶太郎

姉妹都市・提携都市編集

教育編集

高校
宮城県小牛田農林高等学校
中学校
小牛田町立小牛田中学校
小牛田町立不動堂中学校
小学校
小牛田町立青生小学校
小牛田町立北浦小学校
小牛田町立小牛田小学校
小牛田町立中埣小学校
小牛田町立不動堂小学校
養護学校
宮城県小牛田高等養護学校

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

  • 一般国道
  • 都道府県道
    • 宮城県道19号鹿島台高清水線
    • 宮城県道146号小牛田松島線
    • 宮城県道152号涌谷三本木線
    • 宮城県道154号北浦停車場線
    • 宮城県道212号小牛田停車場線

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所編集

祭り編集

  • こごたどんと祭(1月14日)
  • 山神社春の例大祭(4月26日・27日)
  • こごた桜まつり
  • おんべこ郷夏まつり
  • おんべこ産業まつり
  • 山神社秋の例大祭(11月18日・19日)

出身有名人編集

関連項目編集

脚注編集