メインメニューを開く

小笠原 明峰(おがさわら めいほう、-明峯とも、1900年6月26日 - 1946年6月20日)は、日本映画監督脚本家無声映画時代の京都の映画会社「小笠原プロダクション」を率いた実業家である。本名は長隆(ながたか)、小笠原長生子爵の長男である。

来歴・人物編集

1900年6月26日、旧唐津藩主子爵小笠原氏第六代当主小笠原長生(幼名賢之進、元海軍中将、元宮中顧問官、元学習院御用掛)を父とし、秀子(元前橋藩主伯爵松平直方の長女)を母とし、その長男として東京府東京市に生まれる。

1923年、「小笠原明峰」を名乗り、23歳にして京都で「小笠原プロダクション」を設立。片岡千恵蔵(当時本名の植木進)らが専属となった。当時華族と映画界のかかわりは深く、同社には古川ロッパ男爵加藤照麿の六男)も専属となっていたほか、東坊城恭長子爵東坊城徳長の三男、女優入江たか子こと東坊城英子の兄、1925年に日活に入社し俳優、のちに映画監督となる)らも出入りしていた。明峰の次弟、小笠原章二郎俳優となり、同社専属俳優となり、「三善英芳」名義で監督もした。

植木進、ロッパは、同社の設立第一作『三色すみれ Love in Idleness』(1923年)に出演することで映画界のキャリアを始めているが、植木はマキノ省三に引き抜かれ、「片岡千恵蔵」としてマキノ御室撮影所で1927年に本格デビューを果たし、ロッパは小笠原の次作『愛の導き』(1923年3月24日公開)に主演した後は、同様にPCL映画製作所に移籍している。東坊城も1924年の『泥棒日記』『海賊島』に端役で出演することで俳優としてデビューしているが、同年内に京都・嵯峨野日活京都第二撮影所に移籍している。

同社は1923年に製作を開始したが、1926年末で活動を停止した。1928年、弟・章二郎は日活太秦撮影所に入社、「楠英二郎」名義で俳優として活動、監督業は廃業した。

1930年には、弟の所属する日活太秦撮影所で、日本海海戦を描いた大作映画『撃滅』を監督する。同映画は父長生自らが原作に携わり(長生は当時軍令部参謀を務めていた)、そして楠英二郎(章二郎)が父の役を演じた。1932年には新興キネマ京都太秦撮影所で戦争ものを1本撮るが、それ以降の作品はない。

1946年6月20日に死去。45歳没。遺した作品はすべて無声映画だった。

明峰は、長生の長男であり「第七代当主」となる立場であったが、映画界に入ったため、1935年1月に廃嫡となる。次男章二郎も同様、さらに三男長孝(ながよし、1915年2月 - 1946年9月)は父長生に先立って没したため、家督は四男長勝(ながかつ、1920年11月 - 1994年)が継承した。また、1960年代にピンク映画に数多く出演した女優松井康子(牧和子)は、姪(妹・宏子の娘)にあたる。

フィルモグラフィ編集

小笠原プロ時代編集

  • 三色すみれ Love in Idleness 1923年 監督・脚本 小笠原映画研究所作品
  • 愛の導き 1923年 監督・脚本
  • 行けロスアンゼルス 1923年 脚本 監督小笠原章二郎(三善英芳名義)
  • 泥棒日記 1924年 原作・脚本 監督三善英芳
  • 吹雪の夜 1924年 原作・脚本 監督三善英芳
  • 風船売りの小母さん 1924年 製作 監督・原作・脚本水谷登志夫
  • 海賊島 1924年 監督・原作
  • 落葉の唄 1924年 監督
  • 久遠の響 1924年 原作・脚本 監督栗原トーマス(栗原喜三郎名義)
  • 水兵の母 1925年 監督
  • 天馬嘶く 1925年 脚本指揮 監督三善英芳
  • 遺言 1925年 監督・原作・脚本
  • 男を磨け 1925年 脚本 監督三善英芳
  • 極楽島の女王 1925年 監督 特作映画社作品 ※先祖ゆかりの伝承がある小笠原諸島で撮影
  • 我れは海の子 1926年 監督・脚本 共同監督三善英芳

他社編集

参考文献編集

  • 『資料 高松豊次郎と小笠原明峰の業跡』(日本映画史素稿 第9巻) 1974年 フイルム・ライブラリー協議会

外部リンク編集