トーマス・栗原

栗原トーマスから転送)

トーマス・栗原(トーマス・くりはら、1885年明治38年〉1月24日 - 1926年大正15年〉9月8日)は、ハリウッドで活躍した日本人俳優であり、帰国してわずか1年数か月で30本の作品を残した無声映画時代の日本の映画監督である。本名は栗原 喜三郎(くりはら きさぶろう)。栗原 トーマスとも。

Thomas Kurihara
トーマス・栗原
本名 栗原 喜三郎 くりはら きさぶろう
別名義 栗原 トーマス くりはら トーマス
生年月日 (1885-01-24) 1885年1月24日
没年月日 (1926-09-08) 1926年9月8日(41歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県中郡秦野町
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優映画監督
ジャンル サイレント映画
活動期間 1912年 - 1926年
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1885年(明治18年)1月24日神奈川県中郡秦野町(現・秦野市)に、材木商の子として生まれた。

父の事業の失敗を見て、単身渡米。1912年(明治45年)、27歳のときに映画俳優養成所に入り、エキストラとして映画出演後、トーマス・H・インスと契約を結び、早川雪洲青木鶴子木野五郎らと日本を題材とした映画に出演した。そのうち桜島の大正大噴火を題材とした大作映画『火の海』(1914年)では村の予言者を演じた[1]

日本での映画製作を志し、1918年(大正7年)、帰国する。1920年(大正9年)4月、35歳のとき、知人の浅野良三浅野財閥創始者の子息)が横浜山下町に設立した、「撮影所」をもつ映画会社・大正活動写真(のちの大正活映)に、撮影所長兼監督として入社する。その第1回作品『アマチュア倶楽部』の監督を務め、同作は同年11月19日に公開になる。1922年(大正11年)の初頭に「大活」が製作を中止するまでの1年あまりで、劇映画、ドキュメンタリー含めて、30本もの作品を監督した。彼の教えを受けたものは数多く、監督の内田吐夢井上金太郎二川文太郎、俳優の岡田時彦江川宇礼雄葉山三千子渡辺篤らがいる。「大活」で初めて映画界に入り、のちに映画監督になった者も、最初のキャリアは、栗原同様、「俳優」から始めたのだった。

その後、生来の持病が悪化し、1926年(大正15年)9月8日に死去。満41歳没。

フィルモグラフィ編集

栗原のほとんどのフィルモグラフィは「大活」のそれと一致する。大正活映#フィルモグラフィに栗原の「大活」時代のそれが網羅されているので参照のこと。

  • アマチュア倶楽部』 : 1920年 - 監督デビュー作
  • 『美しき日本』 : 1920年
  • 『葛飾砂子』 : 1920年
  • 『雛祭の夜』 : 1921年
  • 蛇性の淫』 : 1921年
  • 舌切雀』 : 1923年
  • 『久遠の響』 : 1923年 - 遺作[2]

脚注編集

  1. ^ 岡島尚志編「知られざるアメリカ映画」『FC』第92号、東京国立近代美術館フィルムセンター、1993年3月、 45-46頁。
  2. ^ 俳優としての遺作は、1925年の『極楽島の女王』(小笠原明峰 監督作品)の老人役。

関連事項編集

外部リンク編集