小野好古
Ono no Yoshifuru.jpg
小野好古(菊池容斎画)
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶8年(884年
死没 康保5年2月14日968年3月20日
別名 野大弐
官位 従三位参議
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇冷泉天皇
氏族 小野氏
父母 父:小野葛絃
兄弟 好古道風
永樹、千古、女子、大蔵春実
特記
事項
一説には小野小町の従弟
テンプレートを表示

小野 好古(おの の よしふる)は、平安時代前期から中期にかけての公卿歌人参議小野篁の孫で、大宰大弐・小野葛絃の次男。弟に三蹟の一人小野道風がいる。異名は「野大弐」。官位従三位・参議。

経歴編集

讃岐権掾春宮権少進を経て、延喜22年(922年従五位下右京亮に叙任される。のち、醍醐朝後期に大蔵少輔中宮大進を務める。

朱雀朝に入ると、延長8年(930年右衛門権佐、承平8年(938年右近衛少将と武官を歴任し、承平2年(932年)従五位上、天慶2年(939年正五位下、天慶4年(941年従四位下と昇進する。この間、天慶2年(939年)に発生した藤原純友の乱を鎮圧するために、天慶3年(940年)追捕山陽南海両道凶賊使長官として九州へ下向。追捕使判官・藤原慶幸、主典・大蔵春実らと共に、大宰府を襲撃した藤原純友軍を博多津にて撃退している。天慶5年(942年)文官の左中弁に遷るが、天慶8年(945年大宰大弐として地方官に転じた。

村上朝初頭の天暦元年(947年参議に任ぜられ公卿に列すが、引き続き大宰大弐を兼帯し天暦3年(949年)末までこれを務めた。その後は議政官として伊予権守・讃岐権守・備中権守などの地方官を兼帯し、天徳2年(958年正四位下に昇叙されている。天徳4年(960年)77歳にして大宰大弐に再任され、応和2年(962年従三位に至る。

冷泉朝初頭の康保4年(967年)7月7日に致仕する。翌康保5年(968年)2月14日薨去享年85。最終官位は致仕参議従三位大宰大弐。

人物編集

勅撰歌人として、『後撰和歌集』(4首)『拾遺和歌集』(2首)に和歌作品が入首。また、大宰府にて曲水の宴を始めたとも伝えられる。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

  • 父:小野葛絃[2]
  • 母:王氏[2]
  • 妻:不詳
    • 男子:小野永樹
    • 男子:小野千古
    • 女子:[3]
    • 女子:大蔵春実

脚注編集

  1. ^ 或いは10月4日
  2. ^ a b 『公卿補任』
  3. ^ 『後撰和歌集』に小野好古女として2首が入集している。

参考文献編集

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年・・・系譜セクションの出典
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年

小野好古が登場する作品編集