尾藤知宣

尾藤知宣

尾藤 知宣(びとう とものぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名豊臣秀吉の家臣。通称は甚右衛門、後に左衛門尉と称す。は重直、知定、知重、光房ともいう。

 
尾藤知宣
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 天正18年(1590年[1]
改名 重直→知宣
別名 重直、知重、光房、知定、通称:甚右衛門、久右衛門、左衛門尉(または左衛門佐)
主君 森長可豊臣秀吉
氏族 尾藤氏
父母 父:尾藤重吉
兄弟 重房、知宣青木清兼宇田頼忠
金助[2]
テンプレートを表示

生涯編集

尾藤重吉(源内)の次男として誕生。祖父重忠小笠原長棟長時に仕え、武田信玄との戦いで戦死した。重吉は小笠原家没落後に尾張、三河に流れてきて、奥平信昌に仕えたともいう。後に共に織田氏に仕え、重吉・重房は森可成に仕えたが、元亀元年(1570年)に近江国坂本で討ち死にした。

知宣も初め森長可に仕えたが、次いで羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の家人となった。

天正元年(1573年)、知宣は近江国長浜で250貫を与えられて、黄母衣衆に列し、後に大母衣衆に変わったという[3]。草創期の秀吉家中において、知宣は神子田正治宮田光次戸田勝隆らと並び称された古参の家臣で、その中でも最も軍事に通じていたという。「尾藤甚右衛門」の名は、天正4年(1576年)の「竹生島奉加帳」にも見え、宝厳寺に200文を奉納している[3]

天正5年(1577年)、播磨国内で5,000石に加増[3]

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは小牧山攻めを提案した森長可の意見を承認し、軍監(軍目付)として共に出撃したが羽黒で徳川氏家臣の酒井忠次榊原康政らの奇襲を受けて敗走した[4]。なお、合戦の直前に森長可から遺言状を託されたとされてきたが、これは誤りである[6]。同年、但馬国豊岡城主となった[3]

天正13年(1585年)、播磨の高砂で2,600石を加増された[3]。6月、羽柴秀長を大将とする四国の役に参加し、7月、軍使の蜂須賀正勝に従って仙石秀久小西行長らと共に讃岐国に入ったり[7]阿波国木津城を陥落させた軍勢に加わるなど武功を挙げた[8]。秀吉に召喚されて四国の遠征の具合を尋ねられ、知宣は近々治まるでしょうと答えたので、秀吉は四国への出陣を取りやめて、北国の佐々成政に対することにした[9]。8月、富山の役では武者奉行となって越中に入り、神通川などの渡河を先導して活躍した[10]

天正14年(1586年)に讃岐国宇多津5万石に封ぜられた[3]

天正15年(1587年)、九州の役では、戸次川の戦いで失態を演じて改易された仙石秀久の後継として軍監に就任し、秀長の下で3,000名を率いて九州征伐に従軍した。しかし、日向国高城攻略中、宮部継潤の守る根白坂砦が島津氏の援軍に攻め込まれた際に、秀長が救援に行こうとするのを、慎重策を訴えて援軍に赴かせなかった。ところが、僅かな手勢で救援に赴いた藤堂高虎らの奮戦がきっかけとなり、根白坂の戦いは豊臣勢の大勝利となった。また、この戦いで潰走する島津勢に対して、ここでも知宣は耳川を越えての深追いは危険とし諸将を止めて追撃を行わせず、島津氏討伐の決定的な好機を逃した[2]。これらの判断は問題とされ、特に宮部への救援をさせなかったことを秀吉が激怒し、その咎を受けて、7月2日、知宣は所領を没収され、追放された[3]

最期については諸説があり、定かではない。天正17年(1589年)3月、天満本願寺にいた所、聚楽第落書き事件に蜂屋謙入細川昭元と共に巻き込まれ一時は捕縛された。その後、伊勢国朝熊山に潜伏したが、異説では同地で病死したとも、放浪の末に後北条氏に仕えたともされる。天正18年(1590年)7月、小田原の役の後、下総の古河で秀吉の前に知宣は剃髪して現れて寛恕を請うた。柴田勝家の旧臣佐久間安政勝之兄弟が後北条氏に仕えていたが赦されたのを例にとって、家人であった自らの赦免を訴えたところ、却って秀吉に激怒され、捕縛されて路上において手打ちにされたともいう[2][3]。殺害地は古河ではなく那須であったという話もある。

また、小田原の役の戦功により讃岐半国の所領を与えられた小笠原貞慶は、奉公構を受けている知宣を客将として匿っていたということが後に発覚し、全ての領地を没収された[11]

子孫編集

子の金助は、後に細川忠興に仕え、3,000石の禄を食む。その子、金右衛門は島原の乱で平塚重近と共に城に登って肉薄したが、賊兵に口を刺されて討ち死にした。しかし子孫は熊本藩士として命脈を保った[12]

知宣が処刑された後、次弟の青木清兼は、秀吉に仕えて青木姓を名乗っていたが、妻の姓である桑山姓を名乗った。末弟・頼忠も妻の宇田(宇多)姓を名乗り、甥・頼次は(頼忠の婿である)石田三成の猶子とされた。後に三成の父・正継の養子となり石田頼次と名乗り、真田昌幸の娘・趙州院を娶る。頼次は三成に殉じて近江佐和山城で頼忠らと共に自刃したとされるが、別説では、大坂城下の石田屋敷の留守を任されていたため死に遅れ、後に寺沢堅高の家臣になったとする説もある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 死亡時期については諸説あり。
  2. ^ a b c d 大日本人名辞書刊行会 1926, p.2177
  3. ^ a b c d e f g h 桑田 1971, p. 62.
  4. ^ 改正三河後風土記
  5. ^ 宮本義己「戦国「名将夫婦」を語る10通の手紙」『歴史読本』42巻10号、1997年。
  6. ^ 長可が自分の妻である池田氏に宛てたものであるという研究結果が提示されている。本来の宛所の位置に「尾藤甚右衛門、この由御申し候べく候」云々とあり、返し書(追而書)が本文の後にくる変則的な書式のため従来の研究者は幻惑された、とされている[5]
  7. ^ 大日本史料11編17冊272頁.
  8. ^ 大日本史料11編17冊286頁.
  9. ^ 大日本史料11編17冊296頁.
  10. ^ 大日本史料11編18冊367頁.
  11. ^ 福山寿久 編 国立国会図書館デジタルコレクション 『信濃史蹟. 上』信濃新聞社、1912年、268-269頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765072/154 国立国会図書館デジタルコレクション 
  12. ^ 『野史』による[2]

参考文献編集