メインメニューを開く

山・海・漬』(さんかいづけ)は、岩手めんこいテレビで毎週土曜日の夕方に放送されているテレビ番組ハイビジョン制作。

山・海・漬
ジャンル 紀行番組
ナレーター 小野寺瑞穂
制作 岩手めんこいテレビ
放送
放送期間 1996年10月14日 - 現在
放送時間 土曜 18:30 - 19:00
山・海・漬

目次

概要編集

1996年10月14日に放送開始[1]。タイトルは、山と海の二つの自然が豊富な岩手を漬物の「山海漬」になぞらえている。同局の自社制作番組では放送20年を超える唯一の長寿番組[2]。開始当初は月曜日の19:30 - 20:00に放送。その後、1999年4月に現在の時間帯へ放送枠を移している。

岩手県民の知的好奇心をくすぐる内容で支持を集め、2009年1月10日の放送では視聴率20.3%を記録した[3]。岩手在住の朗読家・演出家の小野寺瑞穂によるナレーションも番組の味となっている。

内容は週替わりで、毎週一人(一組)のレポーターが登場。ドライブ情報やグルメ情報を紹介したり、散策を通してその街の魅力を探ったりと、さまざまな企画が用意される。県庁所在地である盛岡市周辺を取り扱うことが多いが、県下一帯はもちろんのこと、秋田県など隣県に足を伸ばすこともある。

放送初期には、スタジオで司会者による番組内容に関する軽いトークがあった。現在はオールロケだが、スペシャル版などでまれにスタジオでの司会進行が行われることもある。

デジタルハイビジョン放送開始後、不定期に、レポーターが登場せず、県内の名勝史跡や伝承文化などをじっくり紹介する企画「岩手遺産」が放送されていた(2017年まで)。

放送時間編集

期間 放送時間(JST
1996年10月14日 1999年3月22日[4] 月曜 19:30 - 20:00
1999年4月10日[4] 現在 土曜 18:30 - 19:00
備考
  • 2007年4月からは、土曜未明(金曜深夜)に再放送を行っている。当初は1時間枠で、直近の内容と約1年前の内容の2部構成だったが、2015年4月以降は前者のみの放送となっている。
  • 2017年4月6日から2018年3月29日までは、木曜夕方に『山・海・漬 傑作選』のタイトルで、セレクション放送を行った。直後に放送される『mitみんなのニュース』のキャスターがナビゲーターとして出演(生放送ではなくバンク映像を使用)。

リポーター編集

主に下記のローカルタレントや、めんこいテレビのアナウンサーが出演している。

現在

過去

ほか

スタジオ時代の歴代司会者編集

いずれも岩手めんこいテレビアナウンサー(当時)。

脚注編集

  1. ^ 山・海・漬 放送開始20周年記念スペシャル 全国に羽ばたくメードイン岩手”. 2016年11月12日閲覧。
  2. ^ ニュース、ミニ番組を除く。ミニ番組では、開局時から2016年3月まで放送された『mitとく得レーダー』が『山・海・漬』を抜いて最長寿。
  3. ^ 第180回 番組審議会 (PDF)”. 岩手めんこいテレビ. 2011年3月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月15日閲覧。
  4. ^ a b 当日発行の岩手日報朝刊テレビ欄から。

外部リンク編集

岩手めんこいテレビ 月曜19:30 - 20:00
前番組 番組名 次番組
山・海・漬
愛する二人別れる二人
※同時ネットに移行
岩手めんこいテレビ 土曜18:30 - 19:00
花さか天使テンテンくん
※遅れネットに移行
山・海・漬
-