メインメニューを開く

愛する二人別れる二人』(あいするふたり わかれるふたり)は、1998年10月19日から1999年11月8日までフジテレビ月曜日19:00に放送されたヒューマンバラエティー番組である。司会はみのもんた美川憲一

愛する二人別れる二人
ジャンル ヒューマンバラエティー
出演者 みのもんた美川憲一ほか
オープニングなみだの操殿さまキングス
エンディングつぐないテレサ・テン
プロデューサー 中村百合子、川上秀次郎
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年10月19日 - 1999年11月8日
放送時間 月曜日19:00 - 19:54
(1999年3月までは19:56終了)
放送分 56→54分
テンプレートを表示

また、番組開始前の時期には『愛するふたり別れるふたり』との番組タイトルで番組宣伝が行われた。

番組の概要編集

一般から募集した夫婦が出場して、結婚生活の続行か、それとも離婚かというシビアな選択を行わせる番組(放送開始当初はカップルの結婚を取り持つという企画も並行して放送されたが、シビアな選択の方が数字を稼ぐとの判断から、カットされていったという)として放送された。

スタジオでの収録は常に重苦しい雰囲気で、夫と妻の不倫相手などが掴み合いを始めたり、中尾彬デヴィ夫人による出場者に対する発言に激怒して物を投げつける者もいるなどして、その度にスタッフが制止に入るというのが通例であった(時折、司会のみのもんたも制止に入った)。番組放送開始当初は一回の放送で2件の事案を扱っていたが、しばらくすると、相談者の一方の浮気を追及し一段落するとみのがもう一方の浮気を追及し新たな浮気が発覚、その浮気相手も登場してダンナと新たに喧嘩を始めるという一時間に一件の新パターンが編み出され、以後毎週同じ展開が繰り広げられ、以前のパターンはみられなくなる。なお、このようなパターン化は「やらせ」だったのでは、という批判を呼び起こし、それが実際に「やらせ」であった事が後に発覚している(経緯及び詳細は後述)。また夫婦とゲストが話し合って、離婚を思いとどまりもう一度やり直すことを決めた後、美川が離婚届を破る場面も見られた。さらにみのが日本テレビ午後は○○おもいッきりテレビ』の「ちょっと聞いてよ!おもいッきり生電話」コーナーやテレビ東京愛の貧乏脱出大作戦』のように、出場者の夫婦に対して本気で激怒する態度を見せることもあった。

このような内容が功を奏し、20%以上の高視聴率を記録した。

やらせ発覚と番組の終了編集

放送開始当初から不自然な演出が指摘されていたが、実際にはフジテレビは番組制作を下請けのジャパンプロデュースに一任していた。企画時に複数の局編成部員が反対する建白書を提出したが、編成部副部長の大多亮が反対意見を黙殺する形で押し切って番組を任せていた。

また、本番組に出演した一般女性がのちに自殺し発見された女性の遺書に本番組で「やらせ」が行われていたことが書き残されていたことにより、やらせの事実が発覚する。さらに警察の捜査の過程で番組制作の腐敗が明らかとなり社会問題となった(自殺した女性は、夫婦との設定で番組に出演したが、実際は未婚だった)。

放送当時の関東地区のスポンサーだったマツモトキヨシP&Gアース製薬(関東地区以外でも一部系列局で番組スポンサーを務めた)らがこの事態を受けて「打ち切らなければ番組スポンサーを降板する」と表明した。フジテレビ内部からも「視聴率を得られても、番組の内容自体にあまりにも問題がありすぎる」という声が上がったことから番組の打ち切りが決定した。

問題発覚後、レギュラー出演者の中尾彬はやらせであることは局から聞かされるまでもなく最初からわかっていたとコメントしたが、その他の出演者はやらせであると直接聞かされてはいなかったとした。 また、最終回の視聴率は本番組過去最高の27.4%を記録した。

本番組の最終回放送後の1999年11月15日に番組制作会社は「作為的な事実捏造」を否定し、(一般からの出演者が)本物の夫婦だと思っていたとの旨を発表した[1]

備考編集

  • 岩手めんこいテレビでは開始当初の半年間は週末午後の時間帯で遅れ放送を実施していたが、それまで同時刻で放送していた自社制作番組『山・海・漬』の枠移動で、1999年4月から同時ネットに切り替えた。

出演者編集

テーマ曲編集

スタッフ編集

  • 構成 : 神代淳平村椙恵子
  • TP : 森野憲俊
  • SW : 藤本敏行
  • CAM : 小川利行
  • VE : 高橋正直
  • AUD : 本間祥吾
  • 照明 : 藤井梅雄
  • ロケ技術 : 江藤恭真、河合輝久
  • デザイン : ねもとまさ乙
  • 編集 : 渡邊康子
  • MA : 福田忠光
  • 音響効果 : 天野孝弘(4-Legs
  • 広報 : 為永佐知男(フジテレビ)
  • 制作デスク : 伊藤裕希
  • 技術協力 : ニユーテレス共同テレビジョンFLTTDKビデオセンター
  • 美術協力 : CAVIN
  • スタジオ : TMC砧スタジオ(村松伸雄、田中聡明)
  • 協力 : STUDIOピア
  • リサーチ : 清水茅々、藤井秀貞、清水弘己、矢利知之、山田正彦、坂本奈津子
  • AD : 廣濱智寛、田島たけし、川嶋信哉、大野裕之、横岡水治
  • ディレクター : 藤崎弘、大崎貴史、森田茂
  • 演出 : 佐々木貴幸
  • プロデューサー : 中村百合子(フジテレビ)、川上秀次郎
  • 総合演出 : 挾間忠行
  • 制作協力 : ジャパンPRODUCE
  • 制作 : フジテレビ第三制作部
  • 制作著作 : フジテレビ

脚注編集

  1. ^ 毎日新聞 1999年11月18日

関連項目編集

  • ジェリー・スプリンガー・ショー:The Jerry Springer Show
    この番組の元ネタになったとされる、アメリカで放映されている視聴者参加型トークショー(各国に番組販売されている)。関係に亀裂の入った夫婦に限らず、さまざまな想像を絶する状況にある“素人さん”が登場、放送禁止用語が飛び交う激しいトークバトル(主に痴話喧嘩)やスタジオ内での乱闘が繰り広げられる。1991年に放送が開始され、激しい批判を受けつつも高い視聴率を維持し続けており、2016年現在も放送中である。日本でも一時期テレビ朝日などで放送された。

パロディ編集

  • 進ぬ!電波少年日本テレビバラエティ番組
    『愛する二人別れる二人』終了後、「電波少年的愛する二人別れる二人(やらせなし)」というパロディ企画を放送し、フジテレビが抗議した。またフジテレビは当時『トロイの木馬』という『電波少年』を模倣した番組を放送していた(同番組は1999年9月に終了)。この抗議を受け、日本テレビからは『トロイの木馬』に関する指摘が行われ、フジテレビが一転沈黙したという経緯がある[要出典]
  • めちゃ²イケてるッ!
    「愛するコンビ別れるコンビ」というパロディ企画を放送した。他にも「愛する岡村別れる岡村」という企画があったが(この企画が雨上がり決死隊がめちゃイケ初登場の予定だった)、バレーボールワールドカップ放送のため、1カ月放送休止している途中に『愛する二人別れる二人』が打ち切られ、お蔵入りになった。
フジテレビ 月曜19時枠
前番組 番組名 次番組
愛する二人別れる二人
フジテレビ 月曜19:54 - 19:56枠
自然の家族
(19:56 - 20:00)
【2分拡大して継続】
愛する二人別れる二人
(1998年10月〜1999年3月)
【2分縮小して継続】
単発特別番組枠

うつみ&ルミ子の思い出ボロボロ
(19:00 - 19:54)