山元保美

山元 保美(やまもと ともみ、1976年7月18日 - )は、日本の元女子プロ野球選手。福岡市博多区出身。

山元 保美
Yamamoto Tomomi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗福岡市博多区
生年月日 (1976-07-18) 1976年7月18日(41歳)
身長
体重
155 cm
kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 2009 投手4巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴

生まれつき両耳に聴覚障害を抱え、補聴器を付けながら小学校4年で軟式野球を始める。

中学から九州女子短期大学までソフトボール部で活躍するが、短大卒業後は発足したばかりのアメリカ・フロリダの女子プロ野球リーグに入団。しかしリーグはわずか1ヶ月で休止となったため帰国するが、ボストンでセミプロリーグが創設されると再び渡米し、1999年と2001年の2シーズンプレーした。

2002年に地元の社会人野球クラブチームDTJ福岡に所属し、都市対抗野球大会の福岡1次予選ではマウンドにも立った(大分ハーキュリーズ戦で先発し自責点6で1死を取っただけで降板)。

2003年佐川急便に就職。女子軟式野球チーム福岡ファイアーサンズを設立し、選手兼監督としてプレーした。

2009年日本女子プロ野球機構による第1回合同トライアウトを受験し合格した。合格者では最年長で唯一の30代。同年12月のドラフト会議にて投手部門4巡目で京都アストドリームスへの加入が決定した。

2010年4月23日、開幕戦で京都の2番手として初登板した。その後、10月22日の最終戦を持って引退した[1]

詳細情報

背番号

  • 22 (2010年)

脚注

  1. ^ 京都アストドリームス 山元保美選手引退について”. 日本女子プロ野球機構 (2010年10月27日). 2012年1月3日閲覧。

関連項目

外部リンク