メインメニューを開く

山内 豊定(やまうち とよさだ)は、土佐中村藩の(再興後の)第2代藩主

 
山内豊定
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年12月2日1638年1月16日
死没 延宝5年10月13日1677年11月8日
改名 虎之助(幼名)、豊定
別名 別名:光政、豊直
戒名 慈徳院殿前新衛英巌宗智大居士
墓所 東京都港区愛宕青松寺
高知県四万十市の大用寺
官位 従五位下、右近大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
土佐中村藩
氏族 山内氏
父母 山内忠直水野忠清の娘
兄弟 豊定豊明
正室有馬忠頼の娘
直明豊次、三男、娘(板倉重高正室)、娘
養子:豊明
テンプレートを表示

生涯編集

寛永14年(1637年)12月2日、初代藩主・忠直の長男として生まれる。寛文7年(1667年)、父の死去により跡を継ぐ。延宝5年(1677年)10月13日に死去した。享年41。跡を弟で養子の豊明が継いだ。