メインメニューを開く

山口 わか子(やまぐち わかこ、1934年12月10日 - )は、日本の政治家保健師長野県出身。元衆議院議員(1期)。祖父は衆議院議員、松本市長を務めた百瀬渡

来歴編集

現在は、社民党長野県連合顧問である。

政策編集

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成。2000年には、山口ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて当時の森総理に申し入れを行った。申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[1]

関連項目編集

脚注編集