メインメニューを開く

山岡 大二(やまおか だいじ、1913年大正2年)11月6日 - 1991年平成3年)11月1日)は、東京都出身の日本海軍軍人海上自衛官。最終階級は、海軍少佐海将補

山岡 大二
生誕 1913年11月6日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1991-11-01) 1991年11月1日(77歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg 警備隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1936 - 1945(日本海軍)
1953 - 1954(警備隊)
1954 - 1968(海自)
最終階級 OF-3 - Kaigun Shosa (collar).gif 海軍少佐(日本海軍)
JMSDF Rear Admiral insignia (a).svg 海将補(海自)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

内務官僚山岡国利の二男として東京で生れる。鹿児島一中を経て、1936年(昭和11年)3月、海軍兵学校第63期)を卒業、遠洋航海終了後、戦艦霧島」乗組となる。翌年4月、海軍少尉に任官し 1937年(昭和12年)8月、新造の駆逐艦涼風」乗組となり、以後、「伊号第五十七潜水艦」、「呂号第三十四潜水艦」乗組み、1938年(昭和13年)8月、呉鎮守府第四特別陸戦隊付となる。同年12月、重巡洋艦三隈」乗組となり、重巡洋艦「筑摩」、水雷艇」乗組を経て、1940年(昭和15年)10月、駆逐艦「」砲術長となり太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)4月、重巡洋艦「最上分隊長となり、「高雄」分隊長を経て、1943年(昭和18年)11月から海軍砲術学校高等科で学び、1944年(昭和19年)3月、呉鎮守府第101特別陸戦隊(通称:山岡部隊)司令となり、同年5月、海軍少佐に進級。部隊は特殊任務を帯び館山海軍砲術学校で訓練を続けたが、出撃することなく三沢基地で終戦を迎えた。1945年(昭和20年)9月、横須賀鎮守府付を経て、同年11月、予備役に編入された。

戦後は保安庁警備隊を経て海上自衛隊に入隊。佐世保地方副総監海将補)を最後に退官した。

年譜編集


親族編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和12年7月28日 海軍辞令公報 号外第11号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072100 
  2. ^ 昭和12年8月31日 海軍辞令公報 号外第41号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072200 
  3. ^ 昭和13年3月29日 海軍辞令公報(部内限)号外第157号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073600 
  4. ^ 昭和13年7月5日 海軍辞令公報(部内限)号外第206号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074100 
  5. ^ 昭和13年8月1日 海軍辞令公報(部内限)号外第219号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  6. ^ 昭和13年8月5日 海軍辞令公報(部内限)号外第221号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  7. ^ 昭和13年11月15日 海軍辞令公報 号外 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  8. ^ 昭和13年12月1日 海軍辞令公報(部内限) 号外 第267号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  9. ^ 昭和14年5月10日 海軍辞令公報(部内限) 第333号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  10. ^ 昭和14年5月20日 海軍辞令公報(部内限) 第338号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  11. ^ 昭和14年11月1日 海軍辞令公報(部内限) 第397号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076600 
  12. ^ 昭和15年10月15日 海軍辞令公報(部内限)第543号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079100 
  13. ^ 昭和15年11月15日 海軍辞令公報(部内限)第554号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079400 
  14. ^ 昭和17年4月10日 海軍辞令公報(部内限)第845号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085200 
  15. ^ 昭和17年9月10日 海軍辞令公報(部内限)第939号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086800 
  16. ^ 昭和17年10月7日 海軍辞令公報(部内限)第959号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087200 
  17. ^ 昭和18年10月22日 海軍辞令公報(部内限)第1244号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093900 
  18. ^ 昭和18年11月10日 海軍辞令公報(部内限)第1257号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  19. ^ 昭和19年3月1日 海軍辞令公報(部内限)第1351号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096300 
  20. ^ 昭和19年3月20日 海軍辞令公報(部内限)第1381号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096800 
  21. ^ 昭和19年5月1日 海軍辞令公報(部内限)第1447号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097800 
  22. ^ 昭和20年11月17日 海軍辞令公報 甲 第1985号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072143500 
  23. ^ 『官報』 本紙第8078号(昭和28年12月7日)
  24. ^ 『官報』本紙第790号(平成3年11月30日)

参考文献編集