山崎カヲル

日本の翻訳家、経済学者

山崎 カヲル(やまさき かをる、1943年[1] - )は、日本翻訳家経済学者東京経済大学名誉教授。本名、山崎馨(やまさき かおる)[1]

専門分野は、経済人類学ラテンアメリカ経済論、社会主義経済論、異文化コミュニケーション[1]。元妻にライター・翻訳家・ヴォイスヒーラーの渡邊満喜子(山崎満喜子)。コラムニストの山崎まどかは娘。

経歴編集

神奈川県出身[1]1965年慶応義塾大学経済学部卒業[1]1970年法政大学大学院博士課程修了[1]

1973年、東京経済大学経済学部専任講師[2]。1976年 - 1978年メキシコの国立歴史学人類学校客員教授[1]。東京経済大学助教授を経て、1995年コミュニケーション学部教授[1][2]。2014年、名誉教授[1]

著書編集

単著編集

  • 新「国軍」用兵論批判序説 鹿砦社 1977

共編著編集

翻訳編集

  • ラテン・アメリカの革命戦争 ダグラス・ブラボ、カミロ・トレス、ジョアン・クァルティン、カルロス・マリゲラほか共著、山崎カヲル, 高倉亮 編訳 三一書房 1971
  • スパルタクス書簡 ローザ・ルクセンブルク著 中村丈夫, 山崎カヲル, 船戸満之 訳 鹿砦社 1971
  • 精神分析と唯物論 W.ライヒ, E.フロム著 山崎カヲル, 岩永達郎 編訳 イザラ書房 1971
  • 青年の性的闘争 W.ライヒ 著,山崎カヲル 訳 イザラ書房 1972
  • 土地か死か : ペルー土地占拠闘争と南米革命 ウーゴ・ブランコ 著,山崎カヲル 訳 柘植書房 1974
  • 現代アラブ : 経済と戦略 サミール・アミン [著],山崎カヲル 訳 新評論 1981
  • リウスの現代思想学校 2 エコロジー : みんなで自殺するつもりなの? リウス 著 斎藤純一, 山崎カヲル 訳 晶文社 1982
  • リウスの現代思想学校 3 資本主義って何だろうか リウス 著 山崎カヲル 訳 晶文社 1982
  • 階級と民族 サミール・アミン [著],山崎カヲル 訳 新評論 1983
  • リウスのパレスチナ問題入門 : さまよえるユダヤ人から血まよえるユダヤ人へ イラストノート エドワルド・デル・リウス 著,山崎カヲル 訳 第三書館 1983
  • 『ドナルド・ダックを読む』(en:How to Read Donald Duck)アリエル・ドルフマン(en:Ariel Dorfman)アルマン・マトゥラール(en:Armand Mattelart)著、山崎カヲル 訳 晶文社 1984
  • 広告の記号論 : 記号生成過程とイデオロギー ジュディス・ウィリアムスン 著,山崎カヲル, 三神弘子 訳 柘植書房 1985 (Culture critique books)
  • 周辺資本主義としてのアジア : 従属パラダイムを超えて C.ハミルトン [ほか]著,山崎カヲル 編監訳 柘植書房 1986 (新TT選書)
  • 男が文化で、女は自然か? : 性差の文化人類学 エドウィン・アードナー 他著,山崎カヲル 監訳 晶文社 1987
  • ポスト・マルクス主義と政治 : 根源的民主主義のために エルネスト・ラクラウ, シャンタル・ムフ [著],山崎カヲル, 石沢武 訳 大村書店 1992
  • 不確定な唯物論のために : 哲学とマルクス主義についての対話 ルイ・アルチュセール [述],フェルナンダ・ナバロ 聞き手,山崎カヲル 訳 大村書店 1993

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ a b 東京経済大学の教員一覧:山崎 馨(2021年3月3日閲覧)
学職
先代:
猪狩誠也
東京経済大学
コミュニケーション学部学部長

2003年 - 2005年
次代:
内田平
先代:
内田平
東京経済大学
コミュニケーション学部学部長

2006年 - 2007年
次代:
安藤明之