メインメニューを開く

山本八郎

山本 八郎(やまもと はちろう、 1937年9月17日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手捕手内野手外野手)・解説者

山本 八郎
Hachiro Yamamoto Scan10007.jpg
週刊少年マガジン付録スポーツカード(1959年[注釈 1]
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市永代町
生年月日 (1937-09-17) 1937年9月17日(81歳)
身長
体重
174 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手外野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

浪華商業高等学校では、捕手、五番打者として1955年春夏の甲子園に出場。春の選抜では、谷本隆路、広島尚保両投手の好投もあって勝ち進む。決勝ではエース今泉喜一郎を擁する桐生高を延長11回サヨナラ勝ちで降し優勝を飾る[1]。同年夏の選手権は、1回戦で新宮高前岡勤也に抑えられ惜敗[2]。他のチームメートに坂崎一彦勝浦将元がいる。

1956年東映フライヤーズへ入団。1年目から安藤順三と併用され、70試合に先発マスクを被る。礼儀正しい言動と闘志あふれるプレーで、猛者揃いのチームの中でも目立った存在だった。「ケンカはち」、「ケンカ八郎」のニックネームでファンが多く、2年目の1957年は6月から四番打者に定着。一時は打率が1位にランキングされる活躍を見せるが、8月大映戦で試合中にクロスプレーで右腕を骨折、残りのシーズンを棒に振った。1958年は開幕から四番打者として起用されるが、5月10日南海戦(駒沢)で判定をめぐって審判へ暴力行為を働き退場、無期出場停止処分となる。しかしファンからの署名活動により、6月23日に出場停止が解除された。1959年岩本義行監督の提案により開幕から三塁手として起用されるが、5月末には試合中の乱闘が原因で自主的出場停止となり、永平寺での精神修行も行った。9月に復帰し、シーズン後半には右翼手に回る。1960年には捕手に戻り、大きなトラブルもなく5年目にして初めて規定打席(25位、打率.249)に達する。1961年からは一塁手に回った。1962年のリーグ初優勝に貢献したが、同年の阪神との日本シリーズでは前半3試合で6打数無安打に終わり、後半4試合は出番がなくなった。

水原茂監督との確執により、1963年近鉄バファローズへ移籍。同年は外野手として起用され、打率.280(ベストテン6位)、22本塁打を記録。その後も中心打者として活躍するが、1967年にはサンケイアトムズへ移籍。ここでは出場機会に恵まれず、同年限りで現役を引退。

引退後の翌1968年関西テレビ解説者を務めるが、暴行事件を起こして逮捕されるなどのトラブルもあり短期間で退く。その後は鴨川シーワールドでのシャチの飼育係を経て、大阪で実家の生花店を継ぐなど、球界から一線を引いている。高校時代のチームメートだった坂崎も「当時の全日本のメンバーの中には山本初め、消息のわからない選手もいる」と語っているが、1999年、発刊された『プロ野球を創った名選手・異色選手400人』の本人の紹介ページにも「引退後は消息不明」とある。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1956 東映 105 269 261 23 65 8 5 4 95 24 7 5 0 2 5 1 1 44 2 .249 .266 .364 .630
1957 82 295 283 30 90 14 3 9 137 40 12 4 2 3 4 0 1 35 8 .318 .330 .484 .814
1958 84 327 309 32 87 20 5 8 141 49 17 5 2 4 9 0 2 45 3 .282 .306 .456 .763
1959 66 255 241 26 55 13 0 6 86 32 7 6 2 3 8 2 1 44 4 .228 .256 .357 .613
1960 119 424 402 47 100 10 4 13 157 53 16 7 6 0 13 2 3 45 10 .249 .278 .391 .668
1961 132 537 494 63 146 32 4 12 222 68 24 8 10 5 26 4 2 52 15 .296 .333 .449 .783
1962 80 280 259 22 60 7 2 5 86 27 7 5 5 1 14 2 1 43 6 .232 .274 .332 .606
1963 近鉄 139 551 508 73 142 28 3 22 242 59 21 17 12 1 28 2 2 71 11 .280 .320 .476 .796
1964 144 574 530 69 139 26 7 11 212 50 22 3 6 4 33 1 1 77 12 .262 .307 .400 .707
1965 133 519 492 57 135 14 2 15 198 46 20 12 3 2 21 0 1 53 13 .274 .305 .402 .708
1966 102 316 301 37 79 13 1 8 118 26 10 4 7 0 8 0 0 48 11 .262 .282 .392 .674
1967 サンケイ 18 41 40 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 10 0 .050 .073 .050 .123
通算:12年 1204 4388 4120 480 1100 185 36 113 1696 474 163 76 55 25 170 14 15 567 95 .267 .298 .412 .710
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

節目の記録
  • 1000試合出場:1965年6月13日 ※史上95人目
その他の記録

背番号編集

  • 8(1956年 - 1966年)
  • 28(1967年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ カードの裏面に「内野陣強化のために、今シーズン捕手から三塁手になったが」とある。

出典編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集