メインメニューを開く

第27回選抜高等学校野球大会(だい27かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、阪神甲子園球場で、1955年4月2日[1]から4月8日まで7日間をかけて行われた選抜高等学校野球大会である。学制改革により選抜中等学校野球大会が選抜高等学校野球大会と改称されたことに伴い、1948年から大会回数を一旦リセットして開催されてきたが、この年から回数が選抜中等学校野球大会時代と通算されることとなり、この回は当初から第27回として扱われている(以降の大会も同様)。また、これまで出場がなかった東北地区から、一関一が初出場した。

日本の旗 第27回選抜高等学校野球大会
試合日程 1955年4月2日 - 4月8日
出場校 20校
優勝校 浪華商大阪、18年ぶり2回目)
試合数 19試合
選手宣誓 吉富信雄(鹿児島鹿児島商
始球式 阪本勝兵庫県知事
大会本塁打 4本塁打
 < 19541956 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

出場校編集

北海道
東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 

 
 桐生 1x
 天理 0
 
[2]
 
 桐生 12
 明星 0
 

 
 明星 12
 静岡商 9
 

 
 桐生 6
 高田 3
 

 
 佐賀商 6
 防府 1
 

 
 佐賀商 1
 高田 4
 

 
 城東 6

 
 高田 7
 岐阜 0     
 高田 1     


1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝

 浪華商 6

 立教 0
 浪華商 3
 小倉 2
 

 
 浪華商 17
 平安 1
 

 
 平安 4
 北見北斗 2
 

 
 浪華商 1
 県尼崎 0
 

 
 兵庫 2

 若狭 3
 若狭 5

 高松商 3
 若狭 0

 県尼崎 2
 県尼崎 4

 鹿児島商 1
 県尼崎 5
 
 一関一 0
      
      

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
桐生 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3 8 1
浪華商 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 1x 4 5 0
  1. (延長11回)
  2. (桐) : 今泉 - 田辺
  3. (浪) : 谷本、広島 - 山本
  4. 審判:球審…大槻、塁審…久保田・中村雄・鈴木

大会本塁打編集

  • 第1号:山地孝(高松商)
  • 第2号:山本八郎(浪華商)
  • 第3号:坂崎一彦(浪華商)
  • 第4号:坂崎一彦(浪華商)

脚注編集

  1. ^ 開会式は雨で1日順延した。毎日新聞、1955年4月2日付東京夕刊3面。
  2. ^ 桐生の今泉喜一郎無安打無得点試合

関連項目編集

外部リンク編集