山田 いずみ(やまだ いずみ、1978年8月28日 - )は、北海道札幌市西区出身の元女子スキージャンプ選手。日本女子ジャンプのパイオニア的存在のひとり。ジャンプ女子日本代表のコーチを務め、高梨沙羅のパーソナルコーチを務めた。現役引退まで国内では圧倒的な強さを誇り、「女王」と呼ばれた。

山田いずみ
基本情報
誕生日 (1977-12-03) 1977年12月3日(42歳)
出身地 日本の旗 日本
日本の旗 北海道札幌市西区
最終更新日:2020年7月15日
テンプレートを表示

来歴編集

小1でジャンプを始め、男子に混ざり活動。

中1でノーマルヒル初飛行。

1994年小樽工業高校へ進学。高2でラージヒル初飛行。

1997年、北海道女子短期大学(のちに北翔大学短期大学部へ改称)へ進学。1年の時、インカレで史上初の女子ジャンパーとして参加(公開飛行として)、2年で史上初となる国際シリーズに高校の後輩でもある葛西賀子とともに参戦した。

卒業後は大学の職員を経て、2002年よりロイズコンフェクトに所属、同社初のジャンプ選手として活動する。

2007年シーズンをもってロイズスキー部が廃部となったため、同僚の渡瀬あゆみ渡瀬弥太郎監督とともに新天地を探していたが、8月4日にアスリートの視力矯正手術を北海道にも広めたい意図のあった神戸クリニック(現・神戸神奈川アイクリニック)への所属がこの2人共々正式に決定した。同チームは8月28日に札幌でフライングガールズというチーム名を発表した。

翌年2008年夏にコンチネンタルカップ(当時最高峰の大会)にて日本選手初の優勝を飾る。

史上初めて女子ジャンプが開催された2009年ノルディックスキー世界選手権チェコリベレツ)では、25位と惨敗。同年3月5日、新聞報道に先駆けて自らのブログでこのシーズン限りでの現役引退を発表した。同3月21日大倉山ジャンプ競技場での伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会に出場、現役最後の試合を優勝で飾った。

現役引退後は神戸クリニックスキー部の広報部に所属し、女子ジャンプの普及と発展に尽力している。

2010年4月8日、自身のブログで高校時代の同級生と結婚することを発表した。これにより氏家いずみと戸籍名が変わる。2011年8月には第1子となる男児の出産をブログで報告した。

氏家姓となった現在でも山田いずみ名義でテレビ解説などで女子ジャンプの普及に向けた活動を続けている。

2013年5月29日、日本人女性として初となる全日本スキー連盟(女子ジャンプ日本代表)のコーチに就任し、2019-20シーズンまで務めた。

2020年5月から水産会社へ転職し、札幌市中央卸売市場にて勤務している[1]

主な国際大会競技成績編集

日本国内での主な競技成績編集

脚注編集

  1. ^ ""元祖ジャンプの女王"山田いずみさん、高梨沙羅コーチから水産会社に転身…ジャンプ会場でマグロ解体ショーを". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 July 2020. 2020年7月15日閲覧

外部リンク編集