山野勝

山野 勝(やまの まさる、1943年 - )は、編集者坂道研究家講談社顧問、日本坂道学会会長。広島県呉市出身[1][2]

目次

来歴編集

広島県呉市で生まれ、2歳から山口県柳井市で、小学校1年から東京で育つ[1]早稲田大学政経学部新聞学科を卒業後、報知新聞社に入社し、その後講談社に入社する。「週刊ヤングマガジン」編集長、常務取締役、講談社コミッククリエイト代表取締役社長を歴任後、フリーへ転身。「週刊ヤングマガジン」編集長時代には『AKIRA』、『ビー・バップ・ハイスクール』などを世に出した[1]

歩けば東京が分かるだろうと、45歳頃から坂の魅力に目覚め、2年半かけ、名前のある約640の坂を「踏襲」[1][3]。2000年に居酒屋で偶然会ったタモリと2人で坂道愛好家の会、日本坂道学会を設立した[1][2]朝日新聞で2003年3月から2006年9月まで「江戸の坂 歴史散歩」を連載[2]。2004年には「タモリのTOKYO坂道美学入門」の作成に協力するなど、江戸の坂の魅力を著書で伝え、現在に至る「古地図ブーム」「坂道ブーム」の火付け役となった[1][4]

現在はカルチャーセンター等で「坂道講座」の講師を務めている[1]

著書編集

  • 『江戸の坂—東京・歴史散歩ガイド』朝日新聞社、2006年
  • 『江戸と東京の坂―決定版!古地図“今昔”散策』日本文芸社、2011年
  • 『古地図で歩く江戸と東京の坂』日本文芸社、2012年

出典編集

  1. ^ a b c d e f g “「東京メール」 江戸の坂道研究家 山野勝さん(70) 呉市出身”. 中国新聞 (中国新聞社). (2013年5月12日) 
  2. ^ a b c 「江戸の坂」66コースを収録した歴史散歩ガイド - ひと・流行・話題 - BOOK”. asahi.com. 2011年9月11日閲覧。
  3. ^ 蘇った〝坂学〟のバイブル/山野 勝 - 筑摩書房 PR誌ちくま
  4. ^ 寮の坂(世田谷区)

参考文献編集

  • 『江戸の坂—東京・歴史散歩ガイド』著者紹介ページ。

関連項目編集