メインメニューを開く

傾斜のついた場所や道
坂道から転送)

(さか、: slope)は、一方は高く一方は低い(つまり)傾斜のある[1][2](坂道)。また傾斜のある場所[3](傾斜地、坂地)。またその傾斜[2][4]

目次

概要編集

坂が多いのは例えば、山岳地帯や、丘陵地帯、また海岸近くまでが迫った土地などである。坂道は、山腹や丘陵地帯や台地のふちなどに道路を作ると出来がちであり、そうした傾斜地の上に造られた市街地には特に坂道が多い。そうした土地でも特にトンネルや大規模な造成工事が行われる前に開発された市街地には坂道が多く存在する。

 
ドライバーに坂道への注意を喚起する道路標識ポーランド)。

坂が多いことで世界的に有名な市街地としてはしばしば、米国のサンフランシスコ、ポルトガルのリスボン、イタリアのナポリなどが挙げられる。こうした土地にはケーブルカーが導入されている場合も多い。日本では坂が多い街としてはしばしば(観光地としても有名なので)長崎小樽尾道熱海などが挙げられ、(関東の住民などには)東京も坂が多い都市であることが知られている(山手線の内側は、武蔵野台地の端でギザギザになっている)。(ただしそれは有名な観光地でもあるので好んで名が挙げられる、ということであって、実際には、例えば日本では富士吉田市富士宮市等々等々 、観光地としての知名度は低くても「全域が坂道だらけ」という市町村は日本全国数えきれないほどある。世界でも事情は同様である。)

坂道が多く存在することで「坂のまち」、「坂の町」、「坂の街」などと通称される都市がある。例:小樽市[5]長崎市[6]サンフランシスコ[7]

反対に「坂が少ない国」として世界的に有名なのはオランダである。

日本における坂編集

日本では川沿いの平坦な地形(平地または盆地)に都市が形成されることが多いが、天然の入り江沿いで発達することの多い港湾都市は一般に地形的に海岸ぎりぎりまで山地が迫っていることもあって、発達の過程で山地まで都市区域が広がることがあり、結果として港町に坂が多く見られる。具体的には、長崎小樽尾道熱海などで坂が多数見られる。東京23区内では、港区は80以上の末尾に「坂」のつく通り名がある。また、神戸の旧市街地は南北に走る通りのほとんどが坂道であるため、坂道であっても地名、通り名に「坂」という名称を付けられることは少ない。多くの市町村では、条例で坂の傾斜の限界を定めているが、限界を超えた傾斜であっても滑り止め舗装を条件に認めている例が多い。

条例による勾配限界編集

以下に挙げられているのは滑り止め舗装が行われていない状態での上限値である。滑り止め舗装が行われている場合は、特に上限値を定めていない自治体と滑り止め舗装による上限値を別に定めている自治体が神奈川県足柄下郡箱根町(滑り止め無しの上限9%、滑り止め有りの上限10%)をはじめ少数存在するが、上限値を定めていない場合でも行政の判断による認可に委ねられている状態であり、急斜面に滑り止め舗装を行う場合でも認可されない可能性は留保されている。

地名としての「坂」編集

の存在する場所に多く地名としてが名づけられることがある。

ギャラリー編集

記録的な坂道編集

特に世界的に見て突出した特徴を持つ坂道、特筆に値する坂道について解説する。

ニュージーランド南部の都市ダニーデンにあるボールドウィン・ストリートは勾配35度でギネスブックに世界一急な坂として登録されており観光名所になっている[9]

 
サンフランシスコ・メイスン通り

カリフォルニア州サンフランシスコロンバード・ストリートは1ブロックの短い距離の中に8つのカーブを有し「世界一曲がりくねった坂道」として知られている[10]


脚注編集

  1. ^ 広辞苑第六版「坂」
  2. ^ a b デジタル大辞泉「坂」
  3. ^ 小学館『日本国語大辞典』
  4. ^ 傾斜地を指す場合は「坂になる」などの使い方をする地域もある[どこ?][要出典]
  5. ^ 例:広報おたる連載「おたる坂まち散歩」
  6. ^ 例:坂の町の汚水ます設置基準-長崎市
  7. ^ 例:NHK・世界ふれあい街歩き・サンフランシスコ
  8. ^ すべり止め舗装 適用例 - 株式会社 北海道ロードサービス
  9. ^ ボールドウィン・ストリート JTBガイド
  10. ^ ロンバード・ストリート JTBガイド

関連項目編集

外部リンク編集