メインメニューを開く

岡田 敦(おかだ あつし、男性、1979年7月24日 - )は、日本の写真家、芸術学博士

 岡田 敦
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-07-24) 1979年7月24日(40歳)
出身地 北海道札幌市稚内市生まれ)
言語 日本語
最終学歴 東京工芸大学大学院、博士号取得(芸術学)
活動時期 2002年 - 現在
公式サイト 岡田敦 オフィシャルサイト
受賞歴
テンプレートを表示

北海道稚内市生まれ、札幌市出身、東京在住。第4回富士フォトサロン新人賞、第33回木村伊兵衛写真賞、第66回北海道文化奨励賞、第33回写真の町東川賞特別作家賞などを受賞。海外からの注目も高い、新進気鋭の写真家である。

目次

経歴編集

1979年北海道稚内市に生まれる。幼少期を稚内で過ごし、父親の転勤により札幌の小学校に入学する。幼い頃から絵や工芸を好み、美術への関心は深かった[1]

1998年、北海道札幌北陵高等学校を卒業し、写真家への道を志す[1]

1999年、大阪芸術大学芸術学部写真学科に進学する。

2002年、Nikon Juna 21に出展する。同年、富士フォトサロン新人賞を受賞する。選考委員のひとりであった写真家の浅井愼平は「岡田敦という鋭く繊細で優しい才能の登場は奇跡かもしれない」と述べている。大学在学中は土田ヒロミゼミで写真を学んでいる。

2003年、大阪芸術大学芸術学部写真学科を卒業する。卒業制作ではグランプリ(学長賞)を受賞する。同年、写真家の細江英公の推薦により、東京工芸大学大学院芸術学研究科博士前期課程に進学する。東京に拠点を移し、細江英公のもとで写真を学ぶ。

2004年、第29回木村伊兵衛写真賞の最終選考にノミネートされる。

2005年、東京工芸大学大学院芸術学研究科博士前期課程(メディアアート専攻)を修了し、同大学院の芸術学研究科博士後期課程に進学する。

2008年、東京工芸大学大学院芸術学研究科博士後期課程を修了し、博士号を取得する(芸術学)。

同年、“写真界の芥川賞”といわれる木村伊兵衛写真賞を受賞[2]する。受賞作の写真集『I am』(赤々舎)は、現代の若者の姿を真正面からとらえた点が評価された[2]。写真集の帯には、世界的な彫刻家である舟越桂が文章を寄せている。

2010年、木村伊兵衛写真賞受賞第一作『ataraxia』(青幻舎)を発表。同年、映画「ノルウェイの森」(原作:村上春樹、監督:トラン・アン・ユン、主題歌:ザ・ビートルズ)の公式ガイドブック(講談社)の撮影を手掛ける。

2011年、北海道根室市からの委託により、ユルリ島に生息する野生馬の撮影を始める。

2012年、写真集『世界』(赤々舎)を発表する。

2014年、北海道文化奨励賞を史上最年少で受賞する。同年、写真集『MOTHER』(柏艪舎)を発表。

2015年、写真集『1999』(NAGATOMO White Label)を発表する。

2017年、第33回写真の町東川賞特別作家賞を受賞する。

受賞編集

  • 富士フォトサロン新人賞(2002年)
    • 受賞理由:作品「Platibe」に対して
  • 第33回木村伊兵衛写真賞(2008年)
    • 受賞理由:写真集『I am』(赤々舎、2007年)に対して
  • 北海道文化奨励賞(2014年)
    • 受賞理由:一連の作家活動に対して
  • 第33回写真の町東川賞特別作家賞(2017年)
    • 受賞理由:シリーズ「ユルリ島の野生馬」及び、写真集『1999』(ナガトモ、2015年)に対して

作品編集

写真集編集

  • 『Platibe』(プラチベ、2003年、窓社)
  • 『Cord』(コード、2003年、窓社)
  • 『I am』(アイアム、2007年、赤々舎)
  • 『ataraxia』(アタラクシア、岡田敦・伊津野重美 著、2010年、青幻舎)
  • 『世界』(セカイ、2012年、赤々舎)
  • 『MOTHER』(マザー、2014年、柏艪舎)
  • 『1999』(イチキュウキュウキュウ、2015年、NAGATOMO White Label) ※未発表初期作品集。Web限定販売[3]

関連書籍編集

  • 写真集『マーシー・プロジェクト 命』(2010年、窓社)
  • 映画『ノルウェイの森 公式ガイドブック』(写真:岡田敦、監督:トラン・アン・ユン、原作:村上春樹、2010年、講談社)
  • 小説『月光川の魚研究会』(文章:星野青、写真:岡田敦、2011年、ぴあ)
  • 写真集『東日本大震災 - 写真家17人の視点』(2011年、朝日新聞出版)
  • 写真集『RÉVÉLATIONS』(2013年、著者:Sophie CAVALIERO)
  • 展覧会図録『もうひとつの眺め 北海道発:8人の写真と映像』(2015年、北海道立近代美術館)

DVD・Blu-ray・CD編集

展覧会編集

  • 2001年 日韓中国際交流展(大阪)
  • 2002年 岡田敦写真展「Platibe」(富士フォトサロン、東京・名古屋・大阪)
  • 2002年 Nikon Juna21(ニコンサロン、東京・大阪)
  • 2003年 岡田敦写真展「Platibe」(富士フォトサロン、札幌)
  • 2003年 岡田敦写真展「Platibe」(富士フォトギャラリー日比谷、東京)
  • 2004年 岡田敦写真展「Cord」(東京写真文化館、東京)
  • 2007年 Professional Photographer 200人展(FUJIFILM SQUARE、東京)
  • 2008年 木村伊兵衛写真賞受賞作品展(コニカミノルタギャラリー、東京)
  • 2008年 木村伊兵衛写真賞受賞記念作品展(B GALLERY、東京)
  • 2009年 岡田敦写真展「ataraxia」(B GALLERY、東京)
  • 2010年 岡田敦写真展「ataraxia」(NADiff、東京)
  • 2010年 岡田敦写真展「ataraxia」(magic room ???、東京)
  • 2010年 木村伊兵衛写真賞35周年記念展(川崎市民ミュージアム、神奈川)
  • 2011年 PHOTO TAIPEI 2011(B GALLERY、台湾)
  • 2012年 TOKYO FLONTLINE 2012(3331 Arts Chiyoda、東京)
  • 2012年 Young Art Taipei 2012(B GALLERY、台湾)
  • 2012年 岡田敦写真展「世界」(AKAAKA Gallery、東京)
  • 2012年 岡田敦写真展「世界」(B GALLERY、東京) 
  • 2014年 岡田敦写真展「MOTHER」(B GALLERY、東京) 
  • 2014年 岡田敦写真展「MOTHER」(ビームス札幌、札幌) 
  • 2015年 岡田敦写真展「MOTHER – 開かれた場所へ」(CAI02、札幌)
  • 2015年 もうひとつの眺め-北海道発:8人の写真と映像(北海道立近代美術館、札幌)
  • 2015年 木村伊兵衛写真賞40周年記念展(川崎市民ミュージアム、神奈川)
  • 2016年 岡田敦写真展「1999」(B GALLERY、東京)
  • 2016年 近美コレクション:新収蔵品展(北海道立近代美術館、札幌)
  • 2017年 第33回写真の町東川賞受賞作家展(東川町文化ギャラリー)
  • 2017年 FACE/わたしとあなた − アフリカン・マスクから舟越桂まで(北海道立帯広美術館、帯広)
  • 2018年 第33回写真の町東川賞受賞作家寄贈作品展(東川町文化ギャラリー)
  • 2018年 岡田敦写真展「ユルリ島の野生馬」(大正大学、東京)

出演編集

テレビ編集

  • 2003年 テレビ東京「オーラ」
  • 2008年 ABCテレビ「ムーブ!」
  • 2008年 NHK「ニュースウォッチ9
  • 2009年 NHK「ほっからんど北海道」
  • 2011年 フジテレビ「NONFIX」
  • 2014年 NHK「消えゆく馬を写す〜ユルリ島の野生馬〜」
  • 2014年 NHK「おはよう北海道」
  • 2014年 HTB「イチオシ!モーニング」
  • 2014年 NHK「つながる@きたカフェ」
  • 2015年 HTB「イチオシ!」
  • 2016年 UHB「乃木坂46 橋本奈々未の恋する文学」冬の旅・第3話『羊をめぐる冒険』(村上春樹)編
  • 2016年 UHB「乃木坂46橋本奈々未の恋する文学」夏の旅・第5話、第6話『蛇行する月』(桜木紫乃)編
  • 2017年 HTB「イチオシ!」
  • 2018年 NHK「おはよう日本」

ラジオ編集

  • 2004年 J-WAVE「F+」
  • 2008年 NHKラジオ第一放送「ラジオあさいちばん」
  • 2008年 AIR-G「F+」
  • 2011年 TOKYO FM「Time Line」
  • 2014年 FMくしろ「path-art」

CM編集

  • 2012年 EPSON「エプソンプロセレクションプリンター」
  • 2013年 EPSON「エプソンプロセレクションプリンター」
  • 2014年 EPSON「エプソンプロセレクションプリンター」
  • 2016年 Nikon「私のNIKKOR」

ユルリ島での活動編集

岡田敦は2011年から北海道根室沖のユルリ島に生息する野生馬の撮影を続けている。

ユルリ島は北海道の天然記念物に指定されているため、学術調査以外での上陸は認められていない。そのためメディアが島に上陸することもなく、北海道でも無名の存在であった。

岡田が撮影を始めた時、ユルリ島にはすでにオス馬がいなかった。島に生息する12頭のメス馬は、やがて消えゆく運命だった[4]。しかし、岡田が撮影を始めたことがきっかけとなり、ユルリ島の存在は徐々に注目されるようになった[5]

2017年、ユルリ島での一連の作品が評価され、岡田は東川賞特別作家賞を受賞する。メディアでも岡田の作品や活動が頻繁に取り上げられ、ユルリ島への世間の関心も高まっていった[6][7]。同年、根室で「根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会」が設立される[8]

2018年、「根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会」が、ユルリ島の環境や馬を保全するプロジェクトを立ち上げ[9]、同年9月、ユルリ島に新たに3頭の馬が加わった。岡田の作品が地域を動かす起因となった[10]

エピソード編集

  • 富士フォトサロン新人賞受賞の際、選考委員の写真家浅井慎平は、「岡田敦という鋭く繊細で優しい才能の登場は奇跡かもしれない」と述べている。
  • 雑誌『デジタルカメラマガジン』(2013年3月号~2015年1月号まで担当)、「住友不動産販売ステップフォトコンテスト」など各種フォトコンテストの審査員を務めている。
  • ワンギャル井川絵美は中学・高校時代の同級生[11]

脚注編集

  1. ^ a b 「第33回木村伊兵衛写真賞に決まった岡田敦さん」北海道新聞(2008年4月6日)
  2. ^ a b 「木村伊兵衛写真賞に稚内出身の岡田さん」北海道新聞(2008年3月12日)
  3. ^ 「稚内市出身の写真家・岡田敦さんの未発表初期作品集『1999』」北海道新聞、2016年2月14日朝刊読書欄)
  4. ^ “消えゆく馬 無人島で追う”. 朝日新聞. (2014年4月3日) 
  5. ^ “消えゆく馬を写す ユルリ島の野生馬”. NHK「おはよう北海道」. (2014年4月5日) 
  6. ^ “岡田さん 東川賞特別作家賞に”. 朝日新聞. (2017年5月18日) 
  7. ^ “写真家・岡田敦さん 東川賞受賞”. 北海道新聞. (2017年5月11日) 
  8. ^ “ユルリを考える会あす設立”. 釧路新聞. (2017年9月27日) 
  9. ^ “ユルリ島の馬残そう 根室の市民団体、ネットで資金募る”. 北海道新聞. (2018年7月6日) 
  10. ^ “写真家岡田さんユルリの魅力語る・考える会設立記念講演で”. 根室新聞. (2018年11月7日) 
  11. ^ 岡田君。”. 井川絵美blog (2010年12月5日). 2012年9月20日閲覧。

外部リンク編集