メインメニューを開く

ユルリ島

北海道、根室市にある無人島

ユルリ島は、北海道根室市昆布盛の南東約2.6km、北緯43度12分、東経145度35に位置する無人島である。面積約200ヘクタール、周囲約7.8キロ、海抜高度43.1メートルの断崖に囲まれた平坦な台地状のである。“ユルリ”(ウリル)はアイヌ語で「の居る島」という意味をもつ。海鳥の繁殖地として重要な場所であるとともに、島の中央部の高層湿原は約14000年前に成立した非常に古く、希少な植物が多く生育している。また、野生化した馬がいる島としても有名である。

目次

島の概要編集

ユルリ島は、エトピリカチシマウガラスケイマフリをはじめとする国内有数の北方系海鳥営巣地となっている。そのため、隣のモユルリ島とともに、1982年昭和57年)3月31日に国指定ユルリ・モユルリ鳥獣保護区(集団繁殖地、総面積200ha、うち特別保護地区31ha)に指定されている。また、北方を代表する自然草原として代表的な植物をほとんど網羅しているため、植物学的にも大きな関心が持たれている。北海道指定の天然記念物に指定されているため、メディアをはじめ人の立入りは禁止されている。

島の地形・地質編集

ユルリ島は、島の北側に40mの平坦面があり、その南側に30m~20mの平坦面が発達している。また島の内部には高層湿地が発達しており、そこから流れ出す小河川が散在している。

島全体が海食崖に囲まれており、浜は島の北岸のイシカラ浜、北東の入り江にあるカショノ浜の2箇所のみであり、かつて昆布番屋に利用されていた。また、カショノ浜には島で最も大きな河川が流れ込んでいる。

島を構成する地質は、中生代末期の上部白亜紀層である根室層群の中の最上部を構成するユルリ累層から成り立っており、N40°~60°E・20°SEの走行・傾斜を示している。

岩質及び岩相は、主として火山円礫岩、集塊岩、溶岩礫岩などから構成され、砂岩や泥岩をはさんでいる。この上部を洪積世の海岸段丘堆積物が薄く覆い、さらに沖積世火山灰層が平坦面を覆っている。

砂岩や泥岩の中からは化石がまれに産出するが保存状態の良い物は少ない。また、厚さ10cm程度の良質の石炭がレンズ状にはさまれている。(参考文献:道立地下資源調査書,昭和33年,5万分の1地質図図幅説明書)

ユルリ島の歴史編集

ユルリ島は古くから船の停泊場として知られ、天明年間(1781〜1789年)の初めの頃に書かれた古い文献に登場する。

文化年間(1804〜1818年)以前にはアイヌがユルリ島に住居し、魚を獲っていたという記録が残っている。

江戸時代(1798年)高田屋嘉兵衛が、航路安全を計りユルリ島に根室初の金刀比羅神社を創祀。天保14年(1843年)、根室市穂香に移転。

明治時代(1868〜1912年)の初め頃から漁家約9戸がユルリ島に渡り昆布を採っていた。

大正5年(1916年)には北日本養狐場がユルリ島で銀狐の飼育をはじめるが約10年で閉鎖。戦時中には軍が放牧養狐をおこなっていたという証言が残っている。島には砲台も整備されたが後に撤去されたと言われている。散兵壕と思われる土塁跡は現在も島に残っている。

大正時代(1912〜1926年)の終わり頃からユルリ島では馬の放牧がおこなわれる。ユルリ島での馬の放牧は約100年の歴史をもつ。(補足:戦後のユルリ島の馬の歴史は別項「ユルリ島の馬」に記述)

昭和38年(1963年)、ユルリ島が北海道天然記念物に指定される。しかし島民の生活や馬の放牧が規制されることはなかった。

昭和46年(1971年)、ユルリ島から人が去り無人島となる

年表編集

1849年 「北海道」の名付け親である松浦武四郎が国後・択捉島へ渡る際、ユルリ島で停泊する

1869年 「蝦夷地」に代わる名称として「北海道」と命名される

1882年 北海道開拓使が廃止され、函館県、札幌県、根室県の3県が誕生する

1921年 国鉄根室駅が開業する

1945年 北海道空襲の際に根室市内の大半が焼失し壊滅的被害を受ける。クリル諸島、国後島、択捉島、色丹島、歯舞群島がソ連に占領される

1950年 昆布の干場を求めて漁師がユルリ島へ移住する

1951年 昆布漁の労力としてユルリ島に馬が持ち込まれる

1960年 ユルリ島灯台点灯

1963年 ユルリ・モユルリ島が北海道の天然記念物に指定される

1971年 ユルリ島から人が去り無人島となる

1976年 ユルリ島が北海道自然環境保全地域に指定される

1982年 ユルリ・モユルリ島が国の鳥獣保護区に指定される

2001年 ユルリ島が環境省選定の「日本の重要湿地500」に選ばれる

2006年 ユルリ島から牡馬がいなくなり、島の馬は消えゆく運命となる

2017年 「根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会」が設立される

2018年 ユルリ島に新たに3頭の馬が持ち込まれる

ユルリ島の馬編集

根室市昆布盛の近海では昆布漁が盛んであった。戦後、本土に昆布の干場を持たなかった漁師や、漁場から本土までの移動時間を節約しようとした漁師は、沖合にあるユルリ島を昆布の干場として利用した。1951年 - 1952年(昭和26 - 27年)頃、切りたった断崖の上に昆布を引き上げる労力として、島に牝馬が1頭運びこまれた。最も多い時期には、島には約6軒の番屋があった。しかし昭和40年代になると、エンジン付きの船が登場し、労力としてのの役割は大きく変わった。やがてユルリ島から人が去りはじめ、1971年(昭和46年)最後の漁師が島を出た。

本土に馬を放牧する土地をもたなかった漁師は、馬のエサとなるミヤコザサなど豊富な天然の食草が生い茂る島に馬を残すことにした。島の中央部には高層湿原もあり、島にはいくつかの小川もあった。そのため馬の栄養状態は良好であった。

その後、残されたは自然放牧状態のまま世代を重ね、人間からエサを与えられることもなく野生化していった。1979年(昭和54年)から1993年平成5年)にかけては、16頭 - 30頭前後の馬が生息していた。

2006年(平成18年)、島には18頭の馬が生息していたが、かつて島に住んでいた漁師の高齢化もあり、種馬を含む4頭の馬が間引きされた。島には14頭の牝馬だけが残り、ユルリ島の馬は消えゆく運命となる[1][2]

2011年(平成23年)、ユルリ島の馬の歴史を記録するため、写真家の岡田敦が島の撮影を開始する。岡田敦が「ユルリ島 ウェブサイト」を開設し、ユルリ島の写真や映像作品などを発信しはじめる[3][4][5][6][7]。北海道で徐々にユルリ島への関心が高まってゆく[8]

2011年に12頭いたユルリ島の馬は、2013年には10頭、2014年には5頭となる。

2017年、写真家の岡田敦が根室でユルリ島の講演会をおこなう(主催:北海道中小企業家同友会くしろ支部根室地区会)[9][10][11][12][13]。根室でもユルリ島への関心が高まり[14][15][16]、同年「根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会」が設立される[17][18][19][20]。ユルリ島の馬は残り3頭となる。

2018年、新しい馬を導入し、島の環境を守ろうと、「根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会」が馬の購入資金を募る。同年秋、ユルリ島に新たに3頭の馬が持ち込まれる。

植物・植生編集

ユルリ島の植生はその立地から大別して、台地草原、湿原、断崖植生の三つに区分される。それぞれが北方の自然を代表する群落組成を示し、300種(推定)に近い植物の生育を見る。低地の沢沿いにヤナギの小郡生地があるほかは、樹林はまったくない(田中1973, 北海道湿原研究グループ1995)。

台地草原編集

北海道東部の沿岸大地や海岸砂丘地帯は古くから放牧地として利用されてきているが、ユルリ島においても馬が自然放牧されてきた。この島での放牧は非常に古く、しかも周年放牧を行なっているのが一つの特色になる(田中1973)。台地上ではミヤコザサを中心とする海岸草原が主となっているが、馬がミヤコザサや高径の草本を食すため、花園効果により草丈の低い植物種が豊富である。やや湿潤地な場所にはナガボノシロワレモコウ、タチギボウシに代表される植物群落が形成される。台地草原にはタチギボウシ、ハクサンチドリ、エゾフウロなどの白色個体が多くみられることも特徴の一つである。

湿原編集

島の中央部に高層湿原が広がり、その周囲を幅の狭い低層湿原が囲う。高層湿原の成立は14000年前とされる。完新世初頭の暖流の北上に伴い発生した夏季の海霧とそれに伴う低温などの特殊条件が影響し成立した古い歴史を持つものである(守田2001[21])。チャミズゴケ、スギゴケ、ヒメツルコケモモガンコウラン、イソツツジなど道東の高層湿原の特徴種が見られるほか、クロマメノキのような特異的な種が出現し、千島列島の湿原植生、植物相と道東の湿原植生の関係性を考える上で非常に重要である(田中1973[22], 北海道湿原研究グループ1995[23])。また、ユルリ島で記録されている環境省レッドリスト及び北海道レッドリストに記載されている植物種は24種(根室市教育委員会2007[24], 環境省2017[25], 北海道2001[26])あるが、そのうち17種が湿原及び湿地環境を生育の場とする種である。

人の出入り等が少ないため原生に近い環境が保たれており、保全上も非常に重要な場所である(鈴木他2016[27])。

野生化した馬による踏圧等による影響が懸念され、田中ら(1973年)では「主たる馬道はほぼ定まっているようで、蹄跡の密度がこの事を示している」「湿原全域を展望すると、湿原の中にもある程度の足跡は残されているが、はっきりした馬道は目立たず、第一次の湿原として現在にいたっている事が推測される」とあるが、その後行われた橘ら(1997)では『高層湿原内にも馬道が至る所でみられ、踏み荒らしによる植生の破壊や糞尿による湿原水の富栄養化などが懸念される』と報告している。

現在、馬は3頭にまで減少しているが、「馬の消滅とともに、高層湿原を含めたユルリ島の植生がどのように回復していくかモニタリングしていくことは、大型草食動物の攪乱から自然植生がどのように回復するか?回復にはどの程度の時間を要するのか?を知り、他の高層湿原における保全施策を考える上でも重要な情報となりうる(外山2017)」と主張する者もいる。[28]

断崖および海浜植物編集

ユルリ島の断崖には国内では分布が限られている、キヨシソウ、トモシリソウが多くみられる。その他、海浜にはハマツメクサ、チシマキンバイなどがある。断崖上部にはユキワリコザクラ、エゾオオバコ、チシマコハマギク、ネムロシオガマなどが生育する(田中1973)。

白花品種編集

ユルリ島の植生で特記されるものは、白花品種の多様性である。島ではシロバナタチギボウシ、シロバナツリガネニンジン、シロバナエゾフウロ、シロバナハクサンチドリ、シロバナウツボグサ、シロバナクサフジなどが想像をこえて数多く発見される(田中1973)。どのようなメカニズムでユルリ島において白花品種が多くみられるのかに関する研究はなされていないが、推測されるものとしては、白花品種が見られる植物種は全て虫媒花であり、虫媒花の花の形質(形、色)はポリネーター(花粉媒介者)との相互作用によって進化してきたといわれている(鈴木他2011)。ユルリ島の自然環境においては白色の花を咲かせることで、効果的にポリネーターを引き寄せることのできる条件があり、一定程度の割合で白花品種が見られる可能性が考えられる。

モユルリ島との対比編集

ユルリ島のすぐ隣にはモユルリ島がある。モユルリ島はアイヌ語で「小さいユルリ島」を意味する。

ユルリ島の草原が放牧に関連して草丈が低いのに対し、隣接するモユルリ島は大型草食獣がいないため、イワノガリヤス、クサヨシ、オニノガリヤス、イチゴツナギ、ハマニンニクなどが顕著に目立ち、イネ科草原の観を呈す。全草種の草丈が非常に高く、100cm〜150cmに達しているところもあり、歩行も容易でない状況である。

1973年に根室市教育委員会が発行した『ユルリ島・モユルリ島総合調査総合調査報告書』には、「ユルリ島の台地草原は放牧による花園効果があげられているけれども、まったく自然放置のままのモユルリ島の草原植生と対比される時、重要性はさらに大きくなる」「ユルリ島の第一次の自然草原として将来を期待すれば、放牧は中止するのが最善である。しかし、隣接するモユルリ島とあわせ考えれば、両者の対比による草原の推移等について、若干の放牧馬のいる事は無意義ではない」(田中1973)と報告されている。しかし、海鳥をはじめとしたユルリ島の自然環境保護のためには家畜の放牧を規制する必要がある(芳賀1973)という意見もある。

放牧における植生の回復と維持・他の地域の事例編集

北海道では植生の回復と維持のため、北方原生花園(根室市)や、原生花園あやめヶ原(浜中町)などで馬の放牧がおこなわれている。知床が世界自然遺産に登録された際、外来種がはびこり植物の減退が問題になっていた小清水原生花園(小清水町)では、「知床への道〜風景再生事業」として馬の放牧が実施された。

小清水原生花園における調査では「かつておこなわれていた家畜の放牧、蒸気機関車の火の粉による野火、牛馬の菜食や踏圧などの草原に対する攪乱の要因が、美しい草原を維持するために深く関わっていた」と報告されており、現在でも馬の放牧と人為的な火入れがおこなわれている。小清水原生花園生態系管理マニュアル(2008年版)では「かつては適当な攪乱の存在が原生花園の景観を維持してきたわけで、この時代に攪乱の要因が排除されたことで景観が変貌してしまったようです。一見するところ原生花園を痛めつけているように見えるこれらの要因が、原生花園の維持に不可欠だった」と結論づけられている。

自然環境・野生動植物保全上の位置付・指定編集

・国指定ユルリ・モユルリ鳥獣保護区(特別保護地区)[29]

・北海道指定天然記念物・ユルリ・モユルリ島海鳥繁殖地[30]

・北海道自然環境保全地域[31]

生物多様性の観点から重要度の高い湿地500(日本の重要湿地500)[32]

・IBA(Important Bird Area):鳥類を基準にした重要な自然環境[33]

にそれぞれ指定され、海鳥の繁殖地、中央部に残る高層湿原が生物多様性保全において重要であると位置づけられている。

外来生物としての馬編集

ユルリ島の馬は外来種、侵入生物として、国立環境研究所の侵入生物データベースにも掲載されている(http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/10230.html)。

馬やシカ、ヤギなどの大型哺乳類の侵入や個体数増加が生態系に与える影響としては、採食・踏圧による植物群落への攪乱(Tanentzap et.al 2009,Törn et.al.2009 etc)、それに伴いその場所を生息地としていたより上位の生物への影響(MacShea & Rappole 2000)などが挙げられる。また、これらの外来種の糞により富栄養化した裸地には移入植物種が侵入しやすくなること、糞の中に含まれる移入植物の種を通して種子散布がなされることが報告されている(清水1995)。

※人間によって自然分布域以外の地域に移動させられた生物を「外来生物 / 外来種」「侵入生物 / 侵入種」「移入生物 / 移入種」などといい. 外来生物は,移動先で繁殖集団を形成し(定着または帰化と呼ばれる),その土地の生態系・農林漁業・人間の健康や日常生活などに対して影響を及ぼすことある(上記の国立環境研究所ホームページより抜粋).

外来生物・ドブネズミと海鳥の保全編集

人間の活動に伴い侵入した外来生物・ドブネズミによる海鳥の卵や成鳥の捕食被害が確認され、海鳥の保全ため環境省が2013年に殺鼠剤を散布しドブネズミの駆除を行った。その後、3年間のモニタリング調査でドブネズミが確認されなかったことから、2017年3月、モユルリ島を含めてドブネズミの根絶を宣言した。駆除事業前後のモニタリング調査で環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類であるケイマフリの個体数が2013年春に78羽だったのに対し、駆除後の15年に140羽、16年に130羽と個体数が回復傾向にあることから一定の成果が得られていると考えられる(毎日新聞『ドブネズミ駆除作戦で海のカナリア増加』2017年3月21日)。

殺鼠剤の散布に関しては、散布後半年間の間に10頭いた馬のうち5頭の馬が死んだため、殺鼠剤がドブネズミ以外の動物に与えた影響が懸念されている(毎日新聞「馬はなぜ死んだのか」2017年04月03日)。2016年に開かれたエトピリカ保護増殖等検討会では、検討委員の北海道大名誉教授が「(ドブネズミの)駆除が成功したとすれば、喜ばしいことだ。失敗(再侵入)しても繰り返すことが重要だ」と述べている(読売新聞「ドブネズミ根絶可能性 根室ユルリ、モユルリ島」2016年12月08日)。ドブネズミの再侵入が確認され再度駆除を行う場合は、他の動物に対する配慮が求められる。

島の観望ポイント編集

ユルリ島への上陸は禁止されているが、根室市昆布盛漁港付近の高台からは、天候などに恵まれれば双眼鏡などを使用して野生化した馬の姿を確認することができる。また、根室市落石漁港から出港している落石ネイチャークルーズに乗船すれば、ユルリ島をより間近で観察することも可能である。

ユルリ島が登場する作品など編集

NHK特集「高倉健・北帰行―さらば道産馬―」(1978年、構成:倉本聰)

木村李花子著「ユルリ島の馬 : 動物行動学的接近の愉楽」(1993年、発行:馬の博物館)

グリーンチャンネル特集「ユルリ島~野生馬との新たな出会い~」(1999年、企画:馬事文化財団)

木村李花子著「野生馬を追う―ウマのフィールド・サイエンス」(2007年、JRA馬事文化賞受賞、発行:東京大学出版会)

岡田敦「ユルリ島の野生馬」(2011年〜、東川賞特別作家賞受賞、備考:写真・映像作品)[34][35][36][37][38][39]

NHK 「さわやか自然百景」(2018年)[40]

文献・参照編集

Tanentzap, A. J., Burrows, L. E., Lee, W. G., Nugent, G., Maxwell, J. M., & Coomes, D. A. 2009. Landscape‐level vegetation recovery from herbivory: progress after four decades of invasive red deer control. Journal of Applied Ecology, 46(5), 1064-1072.

Törn, A., Tolvanen, A., Norokorpi, Y., Tervo, R., & Siikamäki, P. (2009). Comparing the impacts of hiking, skiing and horse riding on trail and vegetation in different types of forest. Journal of Environmental Management, 90(3), 1427-1434.

McShea, W. J., & Rappole, J. H. (2000). Managing the abundance and diversity of breeding bird populations through manipulation of deer populations. Conservation Biology, 14(4), 1161-1170.

橘ヒサ子・佐藤雅俊・冨士田裕子・須賀昌俊(1997):ユルリ島の湿原植生.(財)自然保護助成基金1994-1995年度研究助成報告書.pp.131-149.財団法人自然保護助成基金.

田中瑞穂. 1973. ユルリ島・モユルリ島の植生. ユルリ島・モユルリ島総合調査:2-17. 根室市教育委員会.

芳賀良一. 1973. ユルリ島・モユルリ島における鳥類調査(1972). ユルリ島・モユルリ島総合調査:31-48.

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「根室沖の無人島ユルリ島で野生馬の間引き」北海道新聞(2006年11月4日)
  2. ^ 「厳寒、雌馬生き抜く 根室・ユルリ島」北海道新聞(2013年2月14日)
  3. ^ 「写真家・岡田敦さん 消えゆく野生馬の姿残したい」毎日新聞(2016年9月8日)
  4. ^ 「写真家岡田敦、消えゆく馬を写す 〜ユルリ島の野生馬〜」NHK(2013年4月5日)
  5. ^ 「ユルリ島の馬 撮り続ける 生活の証し後世に」北海道新聞(2013年04月01日)
  6. ^ 「写真家岡田敦、消えゆく馬 無人島で追う 残りは雌ばかり6頭」朝日新聞(2013年04月03日)
  7. ^ 「北の無人島 野生馬活写」東京新聞(2014年04月03日)
  8. ^ 「(各駅停話1023)JR花咲線(4)昆布盛 無人島、馬だけが残った」朝日新聞(2017年9月19日・朝刊)
  9. ^ 「写真家・岡田敦さん 根室の魅力再考する機会に」北海道新聞(2017年3月7日)
  10. ^ 「岡田敦さん あす魅力語る講演会」毎日新聞(2017年3月10日)
  11. ^ 「写真家・岡田さん講演 ユルリ島への思い深く」釧路新聞(2017年3月11日)
  12. ^ 「岡田敦さん 命育む島の素晴らしさ 消えゆく馬たちの運命」根室新聞(2017年3月13日)
  13. ^ 「岡田敦さん 消えゆく馬、最後まで撮る。ユルリ島に生きた証を」北海道新聞(2017年3月29日)
  14. ^ 「ユルリ島 保護か活用か」釧路新聞(2017年5月26日)
  15. ^ 「ユルリ島のあり方考える」根室新聞(2017年6月2日)
  16. ^ 「ユルリ島 豊かな自然生かそう」北海道新聞(2017年6月8日)
  17. ^ 「ユルリを考える会あす設立」釧路新聞(2017年9月27日)
  18. ^ 「落石・ユルリ・考える会が設立」根室新聞(2017年9月29日)
  19. ^ 「幻のユルリ島・魅力発信」北海道新聞(2017年9月30日)
  20. ^ 「ユルリ島の魅力発信・考える会発足」釧路新聞(2017年10月7日)
  21. ^ 守田益宗. 2001. 北海道東部,ユルリ島における晩氷期以降の植生の変遷. 植物史研究, 10:81-89.
  22. ^ 田中瑞穂.1973. ユルリ島・モユルリ島の植生. ユルリ島・モユルリ島総合調査:2-17. 根室市教育委員会
  23. ^ 北海道湿原研究グループ. 1995.北海道の湿原の変遷と現状の解析-湿原の保護を進めるために-
  24. ^ 1. 根室市教育委員会. 2007. 根室半島植物分布調査報告書.
  25. ^ 1. 環境省. 2017. 環境省レッドリスト2017. http://www.env.go.jp/press/files/jp/105449.pdf
  26. ^ 1. 北海道自然環境局. 2001. 北海道レッドリスト植物編  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/yasei/tokutei/rdb/redlist2.htm
  27. ^ 鈴木透, 冨士田裕子, 李娥英, 新美恵理子,小林春毅 & 小野理. 2016. 北海道の湿地における植物データベースの構築と保全優先湿地の選定. 保全生態学研究, 21(2), 125-134.
  28. ^ 「HTBセレクションズ ユルリ島と、残された馬」北海道テレビ放送(2017年11月14日公開)
  29. ^ 1. 環境省ホームページ国指定鳥獣保護区一覧 https://www.env.go.jp/nature/choju/area/pdf/area2-1.pdf
  30. ^ 1. 北海道文化財係博物館課ホームページ http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/145925
  31. ^ 1. 北海道環境局生物多様性保全課ホームページ http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/kouen/hozen.htm
  32. ^ 1. 環境省ホームページ生物多様性の観点から重要度の高い湿地 http://www.env.go.jp/nature/important_wetland/index.html
  33. ^ 1. 日本野鳥の会ホームページ Important Bird Area http://www.wbsj.org/nature/hogo/others/iba/
  34. ^ 「写真家・岡田敦さん 写真の町東川賞」北海道新聞(2017年5月1日)
  35. ^ 「岡田敦さん 写真の町東川賞」毎日新聞(2017年5月6日)
  36. ^ 「岡田敦さんに特別作家賞」根室新聞(2017年5月10日)
  37. ^ 「写真家・岡田敦さん 東川賞受賞」北海道新聞(2017年5月11日)
  38. ^ 「稚内生まれ岡田さん 東川賞特別作家賞に」朝日新聞(2017年5月18日)
  39. ^ 「ほっかいどうアート紀行 消えゆく馬を捉える岡田敦」朝日新聞(2017年8月23日)
  40. ^ さわやか自然百景ホームページ「北海道 ユルリ・モユルリ島」 http://www.nhk.or.jp/sawayaka/contents/program/2018/08/2018_0819_yururimoyururi.html

外部リンク編集